今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

お口のお話2 ー歯周病とその予防についてー

最近よく耳にする 「歯周病」 ということば008.gif
近年、人では、歯周病菌が全身に悪影響を及ぼすことが明らかになっていますが、これは犬猫にもあてはまることなのです007.gif

まず、歯周病とはどのような病気なのでしょうか027.gif
歯周病とは、その名の通り、歯の周りの組織の病気です。
原因は、歯と歯肉の間にたまる歯垢と歯石に繁殖するバイキンくん031.gif
歯垢1mg中には2億ほどのバイキンが存在すると言われております008.gif  ひぃぃ~~。
このバイキンくんが悪さをし、歯肉に炎症を起こして化膿させ、さらには歯槽骨という歯を支える骨までも溶かしてしまいます。
そして、最終的には歯が抜け落ちてしまうという…怖い病気なのです!
こちら、抜けた歯です007.gif
b0059154_16231156.jpg

また、ただの口の病気では済まずに、その悪影響は全身へ及びます。
炎症を起こした歯肉から、バイキンが血管に入り込み、血液によって全身に運ばれ、心疾患、糖尿病、呼吸器系疾患、消化器系疾患、低体重児出産や早産等の原因の一つになることが報告されています027.gif


飼い主さんが動物たちの異変に気付くのは、こんな症状を見つけたときです。
   ・ 口がくさい
   ・ 歯肉が赤く腫れている。
   ・ 歯肉から出血している。また、膿がでている。
   ・ 食べるのに時間がかかる。また、固いものを食べれなくなる。
   ・ ヨダレをたらす(特にネコの場合)

おうちのワンコ、ニャンコは大丈夫ですか013.gif


とにかく、何よりも大事なのが予防すること006.gif
一番の予防法は歯磨きすることです。
でも、多くのワンコ、ニャンコにとって、口を触られるのは嫌なこと・・・。
なるべく小さい頃から、口を触ることに慣れさせてあげることが大切です。
最近病院に届いたこの冊子。
b0059154_19173035.jpg

犬の歯の手入れのしかた、口を触ることへの慣れさせ方を詳しく説明しています。
みなさんにお配りしていますので、ぜひご一読ください027.gif


歯磨きが難しい子には、こちらをお勧めしています。
b0059154_1918445.jpg

当院で大人気のベジタルチュウ。
ワンコたちがおやつ感覚で喜んで食べてくれるし、なおかつ歯磨き効果もあるので、飼い主さんもあげるのが楽しみのようです037.gif
b0059154_21373335.jpg

大好きなベジタルチュウを前に舌を出し、ペロリとさせているのは、吉用家のプラスとのんちゃん011.gif
b0059154_21392721.jpg

さっそくカミカミしているのは、これまた吉用家のキナコ016.gif

噛ませることで歯磨き効果が得られますので、飼い主さんが手に持って、色々なところをカミカミさせることが大切です027.gif

ちなみにこちらはニャンコ用。
b0059154_21402947.jpg


ネコまっしぐら! もう夢中です!
b0059154_21471564.jpg



そしてこのスプレーは、口の中にシュッとひと吹きするだけで、歯が白くなり、歯垢が落ちるというシロモノ。
b0059154_1919330.jpg

はじめて使われる方は、そんなうまい話があるものかと半信半疑。
でもその効果は確かなものです!
少々値は張るものの、一度使われた方は効果を実感してリピーターとなられます。



あれやこれやと紹介してしまいましたが、お家のワンコ、ニャンコに合った予防法がきっとあるはずです。
しっかり予防してあげて、健康維持に努めましょう。
気になる方は、どうぞお気軽にご相談くださいね006.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-09 16:22 | 症例