今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

変形性脊椎症のモモちゃん

こんにちわ001.gif
二度目の登場、スタッフの原です071.gif
今回は私たちスタッフもビックリな症例をご紹介します072.gif

1月の終わりごろ、
大きなゲージに入って来院した、
2歳のアメリカンコッカー・スパニエル。名前をモモちゃんといいます。

その時、既に後ろ足は全く動いておらず、
どんなに足先をつねっても痛がらず、
深部痛覚はゼロ008.gif
つまり全く神経の通っていない状態で、
一昨日からこのような状態になったとのことでした。


*深部痛覚とは・・・人でも指の間をつねられると痛いように
 ワンちゃんやネコちゃんも指の間をつねられると痛いので、
 足を引っこめたり、噛もうとしたりしてきます。
 主に神経の通い具合を見るための方法です。


モモちゃんは他院にかかってはいたのですが、
その病院ではムリだということで、
他の大きな病院を、ということで来院されました。

すぐにレントゲンとCTを撮り、
「変形性脊髄症」という病気だということが分かりました034.gif
b0059154_19423417.jpg


ここで当院のスーパーライザーの登場です066.gif
まずはこのスーパーライザーと注射による治療を続けてみて反応をみます。

すると、驚くべきことにモモちゃんは

次の日には痛みを感じるようになり、

4日目には自ら立てるまでに回復045.gif

そして8日目には歩けるようになったのです070.gif

今ではまた悪くならないよう、運動制限をしてもらっているほどです。
b0059154_19432261.jpg



この症例で分かるように
後ろ足が動かなくなると治るとしてもある程度の時間がかかりますし、
発症してから治療までの時間が長ければ長いほど
治りにくくなる、ということです。

そして何よりもハイパーライザーと内科的治療が大事ということです。

皆さんもペットの様子を日頃からしっかりチェックして、
少しでも痛がったり元気がなさそうなそぶりがあれば
すぐに来院されてくださいね006.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2012-02-08 17:31 | 症例