今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

歯科検診のおススメ

「最近うちの子、口が臭うな~」と感じていても、口の中を確認できなかったり、うまくブラッシングができなかったりで、何もできずにいる飼い主さん、多いのではないでしょうか?
今回は歯石除去と歯周病の治療をご紹介します。

犬・猫では3歳頃より80%以上に多かれ少なかれ歯周病が見られます。
歯周病は口臭、歯の脱落を招くだけでな く、痛みのため食べ物を食べるのを嫌がったり、歯周病の原因の細菌やその毒素が血液にのって体内に入り、細菌性心内膜炎や腎炎、肺炎、関節炎など全身臓器に重大な病気を引き起こす事もある恐ろしい病気です。

先日歯石除去を行ったエドちゃん(小型ミックス・10歳)の例をご紹介します。
b0059154_1438479.jpg


数年前から歯石が目立ちだし口臭も気になりだしたので処置をお勧めしました。

処置前には、数日おきに2~3回の注射治療、もしくは1週間程度の内服薬による抗生物質治療を行います。この治療をすることで、処置時に細菌や毒素が一気に体に廻ることを避けられるばかりか、処置後の回復が早まるというメリットもあります。

処置当日は、麻酔をかけるので絶食が必要です。処置時間は30分~1時間前後。超音波スケラーを用いて歯石をとり、歯の表面を磨きます。処置中、ぐらつきのある歯は抜歯します。処置は日帰りで可能です。

こんなに綺麗になりました!
b0059154_14554710.jpg


処置後も念のため1~2回、注射治療を行い歯肉炎が起きてないかチェックします。綺麗になったらあとは歯石の再付着を防ぐためにブラッシングやデンタルガムなどホームケアで予防します。5歳をすぎたら1~2年に一度は処置したほうがよいでしょう。

当院では美容時、ワクチン時にも歯のチェックを行っています。お問い合わせ、ご相談はいつでもどうぞ!
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-01-26 15:17 | 症例