今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

子犬の緊急事態!!

6月中旬のある日、生後2カ月のシーズーが1日中嘔吐をしているということで来院しました。


当院は基本的に、極力入院をさせない方針なのですが、
この子の場合、元気が全くなく目もうつろで危険な状態だったため、
やむなく入院をさせて治療をすることにしました002.gif

そして、お預かりした後に嘔吐をしたものがこちらです。

b0059154_18421279.jpg



血も混じった胃液を大量に吐いており、状態がよくないことがわかります007.gif

この後、更に元気がなくなり、また一段と危険な状態になってしまいました。


便の検査などで細菌性胃腸炎ということが判明したため、徹底的に治療を行い、
なんとか胃腸炎は抑えられましたが、嘔吐をしていた影響で喉と鼻の中が火傷状態になっており・・・

水を飲む事もできず、鼻からは膿がでていて呼吸も苦しく、さらに誤えん性肺炎も発症していました007.gif

一時は水を1滴飲むのにも泡を吐いていたため、院長直々に時間をかけ、
少しずつ慎重に水を与えたり、流動食を与えたり・・・。

最初は水を飲むのも本当に苦しそうでしたが、この子も頑張って耐えてくれました!

ほんの少しの水や流動食から始まり、少しずつ量を増やせるようになり、1粒ずつドライフードも食べれるようになり・・・

このような院長の処置と徹底的な治療の結果・・・入院から5日目には自分でしっかりとドライフードを食べれるまでに回復072.gif

その後は日に日に吠える声も大きくなり、スタッフに甘えてくるまで元気になりました012.gif

そして入院してから1週間後・・・こんなに元気になり退院していきました056.gif
b0059154_18454861.jpg


当院には、難しい手術が必要な動物や治療の難しい動物が多数来院し、毎日と言ってよいほど大きな手術や難しい手術などを行っていますが、今回の子のような小さな動物達を助けるのも大切な役目であり、私たちは少しでも多くの命を救えるよう、日々治療を続けています058.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2012-06-15 19:59 | 症例