今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

奇跡の復活☆★☆

お久しぶりです!!スタッフの原です001.gif

夏も終わり、ずいぶん涼しくなりましたね023.gif
今年の暑さにバテていたペット達には朗報となっているのではないでしょうか??

そんな9月のある日、
いつも元気なノルウェージャンフォレストキャットの
ランちゃん(女の子・7歳)が来院しました。
普段は爪切りや予防接種、トリミングで来ているのですが、
今回はいつもと事情が違うよう005.gif

話を聞くと、少し前から元気がなく、嘔吐をしているとのこと020.gif
食欲もなく、3日くらい食べていないとのことでした002.gif
血色も悪く、脱水も起こしていました054.gif

すぐさま血液検査を行い、出た数値がこちら↓

b0059154_15374860.jpg


赤線の引いてあるBUNとCREの二つの数値。
これは主に腎臓が悪くなった際に上昇する数値です。

注目すべきはBUNの『>140』という箇所で、140以上ということを表しています。
これは当院の機械で測れる限界の数値以上で、
つまり腎不全末期の状態でした008.gif
(BUN=17.6~32.8が正常値と言われています。)

それに加えて更にCREの数値も17.0。
正常値は0.8~1.8といわれているので
こちらも致命的な数値にまではねあがっていました。

レントゲン検査も行いましたが、、、

b0059154_1861140.jpg


分かりにくい写真ではあるのですが、
腎臓の腫大も疑われ、水腎症との診断が下りました054.gif

あまりにも悪い結果に、
いつもは気丈な飼い主さんもかなりショックを受けていました007.gif

まずは注射による治療を行い、
明日も通院してもらうようお伝えして、この日は帰って行かれました。

来院2日目。
治療後も数回嘔吐があったとのことでしたが、
ドライフードを数粒口にしたそうで、
少しだけ顔つきが落ち着いてきていました。
ですが、まだ家ではあまり元気がないそうです014.gif

この日も飼い主さんも心配そうに帰って行かれましたが、
ここからランちゃんは奇跡の復活を遂げるのです!!!

来院3日目。
やはり嘔吐が一回あったそうですが、
それ以降は一回も吐いていないとのこと。
昨日より食欲も出てきているそうです005.gif

来院4日目には、嘔吐もなく更に食欲は増加005.gif
飼い主さんも困るほどの食欲で、
ひたすらご飯をねだってくるとのことでした053.gif

その後も日に日に食欲は増す一方で、
通院一週間でほぼ本調子まで回復しました016.gif

来院8日目に行った血液検査の結果がこちら↓

b0059154_15381097.jpg


数値が急激に低下しているのが分かりますか?!

BUNに関してはまだまだ正常値には届きませんが、CREは正常値になりました。
院長やスタッフも驚くべき回復力です005.gif

翌日まで続けて通院していただきましたが、
注射の時、嫌がって院長に噛みつきにくるほど元気いっぱいで、
通院も一日おきに変更になりました037.gif

今回のように状態や数値の変動が急激な場合、『急性腎不全』を疑います034.gif

対して、逆に変動が穏やかな場合は『慢性腎不全』を疑います034.gif

どちらも初期の段階では判断は難しいのですが、

急性の場合は初期であれば回復の見込みがありますが、
慢性の場合は回復にかなり時間を要するとともに、
急性に移行していく場合もあり大変危険です031.gif

どちらにせよ、早期発見・早期治療が一番!!

ペットの食欲や元気に常日頃から気をつけておいてくださいね072.gif
また、嘔吐を繰り返すようなら早めに来院されることをお勧めします072.gif

元気になったランちゃんからのお願いでした003.gif003.gif

b0059154_151875.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2013-10-02 13:06 | 症例