今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

ホテル中のキバタン

今長期ホテルでお預かりしているキバタンという大型インコのピーちゃんです。

b0059154_14443153.jpg

なんと年令は22歳!AHTの谷崎さんより年上です(゜o゜)
しかし、この種類のインコの寿命は40~50年だそうですから、まだまだ元気盛りといってもいいのかな?

はじめ、鳥かごの入り口に南京錠が3つも付けられているのを見て驚いたのですが、1日でその原因が明らかに・・・単純なつくりのナスカンなどは、器用な口ばしであけてしまうのです。鍵を渡したら開けて出てくるかも・・・

b0059154_14444481.jpg

新聞ちぎりが趣味のようです。口ばしと足の届くところにあるものは何でも引きずり込んで破壊します。割り箸もサクッと真っ二つ!恐るべき顎の力です・・・早くもスリッパとコードが犠牲になりました・・・

そして、なんといってもすごいのが2階から『ギャオ~!!!』と聞こえてくるすさまじい叫び声。診療に来た飼い主さんに『何がいるんですか?」と訝しがられています。たまに小さい声で「ピーちゃん・・・」とおしゃべりもしているみたいです。

頭脳も人間の幼児並みに高いといわれているだけに、お預かりのストレスが心配ですが、今のところスタッフにも慣れて食事もそこそこ食べています。でも早くお迎えに来てくれるといいね~
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-03-17 15:15 | 症例