今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

【お腹を開かなくて済んだトイプードル】

今回ご紹介するのは、トイプードルのジャビィーちゃん6歳です053.gif053.gif

かかりつけの病院が休診日とのことでご来院されました056.gif

ジャビィーちゃんはキャンキャン鳴いて背中を丸めていました002.gif
腰が痛いのか?それともお腹?025.gif

1日に何度も嘔吐し、水を飲んでも吐き、何も与えなくても吐いている状態020.gif057.gif
しかも、便のようなどす黒くドロッとしたものも嘔吐していました057.gif

レントゲンの結果
腸にガスが溜まっていることがわかり、腸炎と神経に対する治療を行ないました027.gif066.gif

ですが、治療に反応せずまだ嘔吐は続いている状態007.gif007.gif

なのでバリウム検査を行いました034.gif
1日たってもバリウムは通過しません042.gif
もしかして胃に異物があるのか・・・

異物があるにしてもどうも症状がおかしいので、
胃の出口を広げるお注射をプラスして打つことに049.gif
う~~んやはり胃を切開してみようか・・・と院長は考えていました027.gif

お注射を変えても、まだ嘔吐は止まりません・・・020.gif020.gif020.gif

胃の中に異物があるかどうか確認するために内視鏡を行いました034.gif
ですが、胃に物は入っておらず胃をむやみに切開しなくてよかったです042.gif

ひとまず胃切開を行わなくて一安心042.gif042.gif

腸閉塞の症状に似ていましたが、どうしてもおかしいので
内科的な治療をおこなうことになりました072.gif

内科的な治療でやっと嘔吐がおさまりましたが、ご飯を与えるとまた嘔吐020.gif

やはり腸をきるしかないのか・・・・っと院長が悩んでいましたが
半日かけて少しずつ胃が動き、次の日には嘔吐なく、
ご飯は食べても嘔吐がなかったのです016.gif005.gif053.gif

そして、やっと5日目にして黒い大きなドロッとしたかたまりの便が012.gif
結局1週間悩み抜いた結果、胃や腸を切らずに内科的な治療で
良くすることができました042.gif058.gif049.gif

嘔吐が止まったころに、カスピ海ヨーグルトを当院に来る4・5日前から与えていた
とっ飼い主さん005.gif005.gif
わ!!!!!!その可能性が非常に高い!!!と院長が027.gif

もしかしたらヨーグルトによってこのような症状が出ていたと思うと怖いですね・・・057.gif
人間の食べ物を上手におねだりする子が多いですが、
食べ物によるトラブルをなくすためにも我慢、我慢です・・・045.gif

b0059154_1194087.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2017-03-08 11:18