今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

-->

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項

緊急手術!

日曜日の午前中、切羽詰った様子で電話がかかってきました。出産予定日を迎えたミニチュアダックスのマイちゃんが、昨日夕方から産気づいてるのにかかわらず、一向に生まれる気配がないそうです。飛び込んだ病院でレントゲンを撮ってもらったところ、子宮の出口を大きな赤ちゃんが塞いでいました。4匹の巨大な胎児がおなかの中にひしめいています。

そちらの病院ではスタッフが不足しているため、早急な手術は無理とのこと。
しかし、母親のためにも仔犬のためにも一刻を争う状況です。

運がいいことに、当院ではたまたま1日前に帝王切開予定だった子が、無事自力で出産したため、キャンセルになった手術器具はすでにスタンバイOK!スタッフも5名揃っています。
診察の間を縫っての緊急手術になりますが、お受けすることに・・・

b0059154_2344398.jpg

そしてやってきたマイちゃん。体重は6.5KG。地面に着きそうになるくらいはちきれんばかりのおなかです。

手術前のエコー検査では、下のほうにいる二匹の心拍が弱く、心配されましたが、スタッフの懸命の蘇生処置のおかげもあり、どうにか無事4匹呼吸を始めてくれました。
マイちゃんも、大変な手術を乗り越え、術後体重を量ってみると4.9KGに!なんと仔犬と子宮で1.6KGもあったことになります。

b0059154_2348449.jpg

当院では帝王切開の場合、母親の精神面も考えて、当日日帰りで、なるべく落ち着くお家で看護してもらうことになります。マイちゃんも夕方には仔犬と一緒に帰り、今日は術後の注射と仔犬たちの状態の確認のため来院しました。

幸い4匹ともそこそこ元気。マイちゃんも食事がとれるようになっており一安心です。飼い主さん家族にとってはしばらく気の抜けない状態が続きますが、せっかく助かった命です。皆無事大きくなってくれるといいですね。
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-06-05 23:52 | 症例
<< 元気です。 今回はうさぎさん! >>