今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

ダックスは・・・・

この胴の長い体型ゆえに椎間板のトラブルが多い犬種です。1~2月だけで3,4頭は来院したでしょうか・・・

b0059154_14244223.jpg


2歳のランちゃん。先日急に後ろ足が全く立たなくなり来院した子です。
一週間弱の入院生活で、1日3回レーザーをあて、神経ビタミンの注射も併用し、退院時にはあるけるようになりました。

b0059154_14283330.jpg

初診のときのランちゃん。後ろ足を投げ出しています。痛覚も弱く立ち上がることができません。

b0059154_14291757.jpg

一般的な神経の浮腫を取り除く消炎剤などの注射に加えて、治療の中心となるのがレーザーです。スーパーライザーや半導体レーザーを用いた治療を行ないます。背骨に沿って一回当たり3~4分照射していきます。照射後はポカポカと暖かくなり、血行が良くなったのが実感できます。(スタッフも肩こりや腰痛の時には活用してます。とっても楽になるんですよ♪)

レーザーを導入してから、従来は手術以外に治療方法がなかった症例でも椎間板トラブルのほとんどが改善できるようになりました。

しかし、予防に勝る治療はありません・・・

ダックスの飼い主さんは特に、

● 太らせない ● 急な方向転換や階段の上り下りをさせない ように気をつけてくださいね。

ダイエットのために低カロリーで、関節強化サプリメント(コンドロイチン硫酸、グルコサミン)配合したフードもあります。詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-16 14:46 | 症例