今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

試験的開腹→胃切開手術へ

M・ダックスのガオンくんは2週間前にサラダについてるツナをプラスチックのカップごと食べてしまいました。その日からずっと吐き気に悩まされていましたが、食欲はあったので飼い主さんも気になりつつ様子をみていました。

それが先週の土曜になり、数回吐いて元気・食欲がなくなったため来院しました。

レントゲンを撮り、バリウム造影をすると胃腸の動きが悪く、重度の胃炎を起こしていることが判明。はっきりとはしませんが、カップを疑わせる怪しい影も映っています。

まずは胃炎の治療を集中的に行い、本日試験的開腹をすることになりました。

試験的開腹というのは、原因がはっきりしない症例に対して試験的にお腹を開いて原因を探る手術のこと。聞きなれない言葉かもしれませんが、動物の医療の世界では一般的に行なわれています。人間のように徹底的に検査することが難しい動物では、止むをえない処置なのです。

今回のガオンくんの場合も、原因を追究しようとすれば、内視鏡などで確認はできますが、異物が大きかったりひも状のものだと、内視鏡での回収ができないので改めて麻酔をかけて開腹する必要がでてきます。存在自体が確実でない異物や腫瘍の確定診断のため、とても意義のある重要な手術です。

胃を隅々まで探ると、奥の方にカチッとした感触がありました。(院長談)
慎重に切開して鉗子でひっぱると、胃の中から複雑に折りたたまれたプラスチックカップがでてきました!

摂取して2週間すこしたっていましたが、若干もろくなり一部千切れている程度でまだまだしっかり形をとどめています、これが胃の中にずっとあることで酷い胃炎をおこしていたことがはっきりしました。

試験的開腹はこの時点で胃切開手術(根本治療)へと切り替わり、無事終了しました。

かくしてガオンくんの異物騒動も一件落着♪数日は流動食だけのご飯だけど、我慢してね♪

b0059154_011086.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2007-06-23 00:09 | 症例