今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おさがわせ~

「先生っ!この子外で釣り針を飲んだみたいでっ・・・」と慌てて入ってこられた飼い主さんが連れてきたのは、口から糸を出した黒猫ちゃん。

どうみても糸は丈夫な釣り糸みたいだし、針の場所によっては手術になるかも・・・と緊張が走りましたが、とりあえず安定剤をかけて口の中を覗いてみると・・・
b0059154_23155579.jpg


糸(よく見ると植物の硬い茎らしきもの)が歯と歯の間にしっかりと挟まって抜けない状態になっていました。
b0059154_23285615.jpg
                      アップ

幸い針などは無く、その茎を「エイッ」と引っ張って処置終了。

飼い主さんも私たちもまんまと見た目にだまされましたが、何はともあれ無事でよかった!

でも実際のどや食道に針や釣り針が引っかかってくる子もいるので、口から何か出てるときは、絶対引っ張らずに病院へ直行してくださいね!
(引っ張ると組織が裂けたりして大変危険です)
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-26 23:31 | 症例

2代目デジカメがやってきた!

デジカメが壊れてはや3週間、やっと二代目がやってきました。
病院用には院長がフジフィルムの600万画素のいいデジカメを購入してくれ、自宅用には父からもらった同じくフジの古いデジカメを使うことに。

久しぶりに我が家の動物たちを撮ってみました。

b0059154_1522919.jpg

ウサギのロコの爪きりついでに催眠術をかけてみました。この姿勢で10分くらい微動だにせず!

b0059154_15231717.jpg

1ヶ月前の地震の日に来たひよこもこんなに大きくなりました♪今毛が抜け変わっています。

b0059154_15243724.jpg

ちゃまはひよこたちが気になってしょうがないのですが・・・

b0059154_15251013.jpg

近づきすぎて母に撃退されています。
逃げるちゃまの後姿、必死です。

b0059154_15265929.jpg

猫たちもアスレチックでの~んびり。例によってシャイなケイコちゃんは逃げて写真には収まらず・・・。

今日は小春日和のいい天気です。今からちゃまをつれて保育園に娘を迎えにいきます。以上、休日の石田がお伝えしました。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-21 15:31 | スタッフのわが子たち

今年初のワクチンアレルギー

ついに出てしまいました。アレルギーが・・・
毎年1~2頭は予防注射が多いこの時期アレルギー反応を起こす子がいるのですが、今回はおそらく8種ワクチンに対するアレルギーと思われます。
皆さんの今後の参考に、是非見ておいていただきたいと思います。

ミニチュアダックスのソラちゃん(2才の男の子)です。
b0059154_0551011.jpg

これはワクチン接種後10分くらいの写真です。(この時点では異常ありません)

子犬のころ他院で初めてのワクチンを打ったとき少し元気がなくなったと聞いていたので今年もワクチン接種前にアレルギーを抑える薬を注射してから接種しました。念のため他の子より長めに観察して異常がないことを確認して帰ってもらったのですが・・・

b0059154_0554678.jpg

2時間後には顔が腫れあがり、おなかに蕁麻疹がでてかゆがって転げまわる状態に・・・完全にワクチンに対するアレルギーです。
b0059154_0555975.jpg

                 おなかの蕁麻疹、わかりますか?

再度来院してもらい強力にアレルギーを抑える注射を打って落ち着きましたが、飼い主さんもここまでひどいのは初めてでとても驚かれていました。

アレルギーを抑える薬を使っていてこの症状ですから、もし何も処置していなかったら・・・とぞっとします。

もちろん、狂犬病にしても8種ワクチンにしてもほとんどの子は何のトラブルも起こしません。でも、中にはソラちゃんのようにアレルギーを起こす子が稀にですがいるのです。
更に酷いアレルギーだと、注射直後に呼吸が停止してしまうこともあります。こういう子を見落とさないために、帰りを急ぐ飼い主さんに嫌がられながらも10分近く病院で待っていただくのには大きな意味があるんです。

獣医師会での副作用情報でも、ワクチンでの死亡例はほとんどがしっかり注射後の観察が行えない集合注射です。迅速な処置が取られれば助かった子も多いと思われます。当院では、こういったワクチンの副作用に対する処置のための緊急セットを往診時にも持ち歩き、副作用が起こってしまったときにはすぐに対処できるように心がけています。

飼い主さんも、自分のうちの子にもアレルギーがおこる可能性はあるという認識をもって、今まで以上にワクチン後は充分観察してほしいと思います。異常がある時は何はともあれ病院へ!!

なんだかこれを見るとワクチン怖くてできないよ~って思っちゃうかもしれませんが、愛犬を様々な伝染病から守るためにワクチンは日々、副作用が少なく効果が高いものが開発されています。当院でも一本あたりの単価は高くとも、極力副作用が少ないワクチンを選んでいますのその点はご安心を・・・。副作用は本当に万が一の確率ですが、それに対する知識を持っていることで、その万が一のときに愛犬を守ることができますから・・・ね!
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-19 23:40 | 今日の出来事

谷崎よりご挨拶

こんにちは☆4月から勤務することになりました谷崎藍です。
看護師としてはまだまだですが頑張りますのでよろしくお願いします。

★私の家族の紹介★

クー 10才 メス 雑種

私が小学校6年のときに、熊本県の山近くで保護され、知人から譲り受けました。今までは一匹で飼っていたのでピュアが来たときは心配しましたが、今ではとっても仲良くなりました。カメラが嫌いなのでなかなか可愛い写真が撮れません・・・
実習中に病院で診察を受けたら心臓が悪いことがわかり、薬を飲ませ始めました。治療を始めてからよく遊ぶようになり、元気になってびっくりしています。

ピュア 7ヶ月 メス プードル

通っていた専門学校の講師の先生から譲ってもらいました。家でトリミングの練習もしています。クーとは正反対にカメラ大好きで、常にカメラ目線です!
家に来たときから病院のベッツプランジュニアを食べさせています。親馬鹿ながらとっても可愛いクーです♪
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-15 21:33 | スタッフのわが子たち

この子誰の子

b0059154_23573498.jpg

私は「クー」10才の小型MIXの女の子です。
b0059154_23575865.jpg

私は「ピュア」元気盛りの7ヶ月のプードルの女の子です。
b0059154_2358896.jpg

黒白の団子になって仲良くオヤスミ中!

この子達の飼い主は・・・
b0059154_045256.jpg

今春から当院でトリマー・AHTとして働くことになった谷崎藍でした!
(このパグちゃんはこの日たまたま居合わせたホテル中のミッキーちゃんです。)

近々彼女の自己紹介も載せる予定です。お楽しみに・・・
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-11 00:18 | スタッフのわが子たち

スーパーライザー導入しました

「スーパーライザー」をごぞんじですか?

b0059154_2151886.jpg


スーパーライザーは光の中で最も深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射することを可能にした初めての光線治療器です。

おおよそ5cmの深さまでレーザーの波長が表皮・真皮を透過して皮下脂肪に達するため、神経根への照射までを可能にし、血流を増加させ暖かみを感じさせながら痛みを和らげます。
人間の医科領域では国内外合わせて1万を越える施設で利用され、最近では長野オリンピック・Jリーグ・プロ野球・ワールドカップサッカー・アジア大会でも使用されています。

当院では、今までも半導体レーザー・炭酸ガスレーザーの二つのレーザーが素晴らしい効果をあげてきましたが、現在の医学では最高とされるスーパーライザーの導入から1ヶ月あまり経った今、その効果には目を見張るものがあります。

b0059154_2165020.jpg


避妊手術後の傷に照射中のテルテちゃん。痛み止めを使うことなく痛みを抑えることができ、その上傷の治りも早くなるのでワンコの体にも優しいのです。

犬・猫だけでなくウサギやその他小動物にも使用可能です。
くわしくはスーパーライザー特集ページで・・・
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-09 21:23 | 症例

狂犬病予防注射が始まりました

b0059154_0152155.jpg
 
4月は狂犬病予防注射の時期です。
狂犬病は、人を含めた多くの動物に感染し、発症したらほぼ100%死亡するというとても恐ろしい病気です。日本では、昭和32年以降は発生していませんが、現在も世界各国では多くの人や動物が狂犬病で命を落としています。
人を、動物を守るために、病気の蔓延を防止するために、年に一度の予防接種を忘れないで下さいね。

狂犬病といえば集合注射と思いがちですが、当院では動物病院で個別に接種することをお薦めしています。

なぜなら・・・

集合注射では、

●犬同士の喧嘩がおこりやすいこと
●屋外なので注射時逃亡の危険があること
●短時間に多くの犬に接種するため一頭一頭の健康状態の把握が充分にできないこと
●注射による急性のアレルギーなどのショックに対する治療が即座に行えないこと

などの問題点があるからです。

狂犬病予防注射で死ぬことがあるの?と驚く方もおられるでしょうが、ワクチンにもアレルギーを起こす犬がいて、(何百頭に1匹くらいの確率ですが)アナフィラキシーという甚急性のアレルギーでは、処置が遅れると数分の間に死亡してしまうこともあるのです。

実際、獣医師会雑誌の狂犬病予防注射の副作用情報、飼い主さんからの報告などからも、死亡例は集合注射での接種がほとんどなのです。

それらは、注射後充分な観察を行って、迅速な処置をとれば防げたことかもしれないのです。

そのために、当院では

●一頭一頭実際に獣医師が健康状態を確認した上で、接種を行う
●注射はディスポーザブル注射器を1頭に1本用いる
●接種後必ず10分は病院にとどまり重大な副作用がないか確認したうえで帰宅してもらう
●ショックに対する治療の準備を万全に行う

以上のことをスタッフ一同徹底して行っています。

大切な愛犬を狂犬病・そして副作用から守るため、病気の早期発見のためにも、あなたの愛犬はぜひ動物病院で接種してあげてくださいね。

今なら全身22項目に及ぶ無料健康チェックも付いていますよ~。
(詳しくしすぎて手間がかかり、すこし後悔してます・・・でも飼い主さんには好評だからよしとしましょう!)
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-06 00:19 | 今日の出来事

デジカメがっ・・・(゜o゜)

壊れてしまいました。原因はおそらくしばらく前の落下によるショックとのこと・・・
メーカーの修理では部品代だけでも新しいのが買えそうな金額だったので、壊れてるんだからもういいや・・・!となかばやけくそで分解して変な音がしてるところをバチバチ叩いたら・・・

なんと治ってしまいました!

でもやっぱりたまに正常に作動しないこともあり、カメラ君の余命はあまり長くないかも・・・
せめて天寿を全うするまで大切に使おうと思います。

今朝のカメラ君の渾身のショットです・・・

b0059154_8251589.jpg

ひよこたちは首が長くなってきました。一匹だけ変な髪形の子がいます(オスかも)

b0059154_8225436.jpg

「寝て、待て」をするちゃま。視線の先にはウサギのフード(大好物)が。

b0059154_828117.jpg

そしてフードより草が好きなロコ。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-04-01 08:31 | 今日の出来事