今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

子犬たち

こんにちわ。すっかりおなじみになりました、ボク「シュウ」です。

b0059154_2333265.jpg


今日は胸に10円ハゲができちゃってビョウインに来ました。
先生によるとバイキンとカビの皮膚病なんだそうで、ボクは今日生まれて初めてシャンプーというものを体験しました。顔に水がかかったときはビックリしたけど、パパとママが驚くくらい真っ白になったよ。でも、もうごめんだな~。

おっとり可愛いランちゃんです。

b0059154_23365352.jpg

患者さんの自宅で産まれてゆったり育ったランちゃん。のんびりした性格で待合室でも飼主さんたちのアイドルになってました。産まれてからずっと処方食育ちで、骨格のしっかりした良い子に育っています。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-29 23:40 | 症例

赤面の勘違い

土曜日のことですが、病院に一本の電話がかかって来ました。

「家のうさぎが出産したんですけど、お尻から赤ちゃんの足みたいなのが二本出てるんです!!」という内容でした。

応対した獣医の川副さんの脳裏には、死産の胎児の足がお尻から出ているイメージが浮かび、早急に処置が必要かもしれないからすぐ来院してもらうよう指示したそうです。

そうしているうちに早速飼主さんが来院され、

「この子なんですけど!!」と差し出したうさちゃんのお尻に皆の目が集中します・・・




目が点になるスタッフ・・・・何を言われるかとドキドキして待つ飼主さん・・・





「あの、これ睾丸ですよ・・・この子、オスですよ。」

その子のお尻にあったもの、それはおちんちんの両サイドにある睾丸だったのです。(うさぎの睾丸は犬や猫と違って長細いので、足と間違えてしまったのでしょうか・・?)





「ええ~~!!!そうなんですか!?イヤ~恥ずかしい!」
「てっきりこの子がメスだと思ってました~!」
オスと勘違いされたメスうさぎはそのころ家で子育てにせっせと励んでいたことでしょう。

飼主さん親子は赤面しつつ帰っていきました。

たまにこんなにダイナミックな勘違いもいいもんですね!しばらく笑わせてもらいました。

でもなんとも無いのに連れてこられたお父さんウサギ・・・
きっと「何でオレが・・・?」と思ってたでしょうね~。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-27 00:03 | 今日の出来事

石田家さらに動物王国化

ひよこたちはたちはだいぶ大きくなり、母と別居して生活を始めました。
母はまた卵を産み出し、あんなに強かった母子の絆はいずこ・・・顔をあわせると威嚇のしあいです。子離れの時期がきたんですね。

b0059154_23383857.jpg


次にやってきたのは赤ちゃん亀3匹。なんでも知人が縁日の「カメすくい」なるものですくって、娘にとわざわざもって来てくれたのです。
当初1週間は全く餌も食べず、目もつぶれて生死をさまよっていましたが、ビタミン水に漬け続けたおかげでしょうか?ある日突然食欲爆発で今ではこの通り・・・

                       激写!!
b0059154_2343844.jpg


そして、つい先日、大型新人が!

バーニーズマウンテンドッグの4才の女の子。名前は「 うな 」と名づけました。

b0059154_021468.jpg


たまたま見ていたトミシタ動物病院の院長先生の診療日記。数奇な運命から殺処分を免れた彼女が紹介されているではありませんか・・・その瞬間から気になって気になって、数分後には家族の誰にも相談せず(良い子はこんなことやっちゃいけません)、問い合わせのメールを送ってしまいました。幸い事後承諾で皆賛成してくれましたけどね・・・。
まだ獣医になれるかも解らなかった高校生のころにも、放浪していた老シェルティーと、運命的に出会ったことがあり、その子とは言葉は通じないながらも、本当に強い絆を築くことができました。「 うな 」に初めて会ったときにも同じような縁を感じました。

彼女は、以前の環境があまりよくなかったらしく、保護した当初酷くおびえていたそうです。保護してくださった方が優しくしてくれたおかげで、ずいぶん明るさを取り戻したそうです。家にきてからは、これからはここに居れるとわかったらしく、先住のちゃまとも、娘ともすぐに仲良くなりました。
今日も散歩中、娘の歩調に合わせ、ゆっくりゆっくり歩く彼女を見ていて、本当に家族に迎えてよかったと思いました。(同時になんでこんなにいい子を・・・と怒りも感じましたが)

今まで辛い思いをした分、これからは嬉しいこと、楽しいことの多い犬生にしてあげられたらなと思います。

院長には、「次はヤギ飼え!」とあきれられましたが、私は愛する動物達に囲まれ幸せです♪
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-25 10:10 | スタッフのわが子たち

ダックスBABYのレーザー治療

先日この日誌でも紹介した、帝王切開で産まれたダックスのBABY。
お母さん犬は全くお乳が出ず、やむを得ず飼主さんにミルクを与えてもらっています。
人工哺乳の子犬にはよくありがちなのですが、お腹がぱんぱんに張ってミルクを飲まなくなり、、心配した飼主さんが飛んできました。

案の定、ガスがたまって停滞を起こしているようだったので、腸の動きを活発にするため、レーザー治療を行いました。
b0059154_23313068.jpg

                     気持ちええ~

結果・・・帰りの車の中からウンチがポロポロ出だしたとのこと!レーザー奏功です!
お腹の動きを整える薬も飲みつつ、ミルクの投与量や投与間隔も細かく指示して、数日後には一気に体重が80gも増えました。

この子が離乳するまで後数週間・・・飼主さんの不眠不休の子育てが続きます。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-24 23:32 | 症例

先週のできごと

木曜・金曜と、戸畑の飛幡中学から2名の生徒さんが職場体験学習に来ていました。
トリマー・動物看護士希望ということで、二人とも目をキラキラ★させながら、動物に接していました。
b0059154_6303894.jpg


院内の掃除や重いフード運びまで頑張ってくれました。お疲れ様!
b0059154_6325049.jpg


b0059154_633028.jpg


そして、土曜午後から院長はアルカロイド研究会の学会出席のため大阪へ・・・

日曜は丸1日人間の医者に混じり勉強して来ました!
詳細は近日ホームページにてご紹介します。

b0059154_6393015.jpg


空き時間には、飼っている猫の乳癌で相談を受け、薬を送っていた大阪のMさんをホテルで診察・・・(ついでとはいえ、大阪までの往診です)
b0059154_6412086.jpg


飼主さんが、当院から送った注射薬を自分で注射して頑張っています。
この子が、患者さんのミルクちゃん。お腹一面に乳癌がありながらもなんとか元気にしてます。
b0059154_6432916.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-21 06:43

ボクのその後


みんな、ボクのこと覚えてる?
ボクは「シュウ」って名前になったんだ。
b0059154_6124693.jpg


小さいころの癖がまだ抜けなくて、ごはんを見ると早く食べなくちゃって焦っちゃうけど、だいぶ大きくなったよ。
センセイはまだ痩せてるからどんどん食べていいんだって!
b0059154_6125724.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-17 06:40 | 患者さん

べジタルチュウ大好評!

b0059154_23593252.jpg

              ボクの歯を見てください~!!!
            べジタルチュウ 宣伝部長 テツ


昨年から取り扱い始めた犬用のデンタルガム「べジタルチュウ」。
その名の通り、100%植物由来原料から作られた消化吸収の良いデンタルガムです。二つの酵素の働きで歯石の沈着を防ぐ効果がある病院専用品です。

市販のものはほとんどが動物性原料を使用しており消化が悪く、胃腸障害を起こしたり、ヒズメの噛み過ぎで歯肉炎や歯を折った子もいたりで、なかなかお薦めできるデンタルケア製品が無かったのですが、このガムの効果には正直私たちスタッフも驚かされています!

以下、冒頭に登場した柴犬のテツ君の飼主さんのコメントです。

驚きチュウ 投稿者: TETU 
歯石を取るのに麻酔をかけてしたことが有りますが、麻酔をかけるのは何だかかわいそうで・・でもベジタルチュウを使い出して変化が見えます。市販の物と比べると柔らかくてどうしてこれが?と疑問でしたが、確実にきれいになってきました。蓄積したものは中々真白にとはいきませんが、今度行ったときに見てください。びつくりですよ!食事も変わり腸の調子も良く羨ましいぐらいです。

この時点から更に一ヶ月、現在のテツ君の状況は・・・
b0059154_23531120.jpg


よく噛む奥歯は見違えるほどきれいになりました。全体的に見ても問題となる歯石ではなくなり、何より飼主さんが気にしていた口臭が全く無くなったとのこと!

テツ君の件でその効果を実感して、他のワンコたちにも更にべジタルチュウの輪が広がっています。今や、注文してもしても追いつかないほどの人気商品に成長しました。

ワンコの歯石で悩んでいる飼主さん、べジタルチュウトライアル、まず一ヶ月続けてみませんか?

詳しくは・・・ここを見てね!
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-12 00:17 | 症例

昨日の手術

昨日は午前中から緊急の帝王切開手術をおこないました。
初産のミニチュアダックスのいちごちゃんは、陣痛微弱な上、一匹しかいない赤ちゃんが大きく育ちすぎ、自然分娩は不可能と判断して手術となりました。

出てきたのは188gのジャンボベビー!
b0059154_815426.jpg


イチゴちゃんの母乳が出ないため飼主さんに人工哺乳してもらうことになりました。

午後からは重度の膀胱結石の手術でした。

白く見える石はすべて膀胱内にできた結石です。
b0059154_8175259.jpg


体重1.5kgの小さなポピーちゃんにはこれが何だか理解不能な様子・・・
b0059154_8184352.jpg

                なにこれ、サトイモかしら?
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-09 08:22 | 症例

珍犬さんいらっしゃい~

b0059154_21453999.jpg


ポーリッシュ・ローランド・シープ・ドッグのアンちゃんです。生後2ヶ月です。
可愛がっていたフェレットが亡くした後、Kさん夫妻が新たに家族に迎えたのがこのアンちゃん。それにしても、こんな珍しい犬種、どこで探してきたのでしょう?

b0059154_21545228.jpg

成犬になるとこんな感じになるそうです。原産はポーランドで、ビアデッド・コリーの祖先犬の一つとも言われており、たいへん古い犬種です。1960年代になってポーランド以外のヨーロッパ各国でも愛好家が増えてきて、今日のヨーロッパのドッグショーでは、常に出陳されているんだって。

成長が楽しみです!
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-06-04 23:32 | 患者さん