今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いよいよGW突入です!

b0059154_015879.jpg


          最近のカワイコちゃん☆豆柴のソラちゃんです。

GW初日の今日、祝日で土曜ということもあり、駆け込みの狂犬病の予防接種のワンコたちが大勢来院して病院は一日バタバタ・・・

今日は当院のGWの診療スケジュールをご紹介します。

年中無休ですので休診日はございませんが、時間等に若干の変更がありますのでご注意ください。


4月30日(日曜)  9:00~18:00 (お昼休みは12:30~14:00、これはどの日も共通です)
          院長出勤 石田は休診

5月1日(月曜) 9:00~19:00  連休中日でトリミングもお受けできます。

          院長 出勤 石田 休診

5月2日(火曜) 9:00~19:00  トリミング可能

          院長 出勤 石田 休診

5月3日(水曜) 9:00~18:00 トリミングは3~5日、お休みします。

          院長 休診 石田 出勤

5月4日(木曜) 9:00~18:00

          院長 休診 石田 出勤

5月5日(金曜) 9:00~18:00

          院長 休診 石田 出勤

5月6日(土曜) 9:00~16:00   トリミングお受けできます。

          院長 出勤 石田 休診


5月7日(日曜) 9:00~18:00  トリミングお休みです。

          院長 休診 石田 出勤
         

8日からは通常診療に戻ります。避妊等の手術予約もこの日からスタートいたします。
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-30 00:02 | 今日の出来事

お世話になった飼い主さんへ

こんにちは。谷崎です★みなさんからのメッセージありがとうございました。とても、うれしいです。実習を含め約2年間今林動物病院にお世話になりました。大変な事、辛い事もありましたが、とても楽しく働く事ができました。

仕事中に、私が大切にそして楽しみにしていたことの一つは、飼い主の方といろんなお話をすることでした。初めて病院に来院された飼い主さんは、どんな病院なのか不安で来られる方が多いと思います。その方たちにも常連の方たちにも、少しでも、リラックスしていただけたらいいなと、気軽に話せる看護士でいようと心がけていました。飼い主さんからも、よく声をかけていただき色々なお話ができて本当にうれしかったです。また、多くの励ましのメッセージありがとうございました。良いスタッフにも恵まれ、やさしい飼い主の方にも出会うことができて幸せでした。

今回、病院を去る事になりましたが、私の家のわんちゃんたちの診察やフードを買いに行ったりと病院には顔出すので、見かけた時は声をかけてくださいね★みなさんありがとうございました☆

森さん、末松さん、花乃屋さん、小川さんなど、メッセージありがとうございました☆また、暇があるときにでも、メッセージお待ちしてます☆☆☆

b0059154_15522656.jpg

  
          今日は、石田先生のおうちに遊びに来ています♪                           
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-27 15:53 | スタッフより

インパクト勝負

こちらのお二人さん、それぞれ二度目の登場となります。。

エントリーナンバー1番、ダイスケくん。

b0059154_0192722.jpg

以前の記事はこちら・・・

前回登場時は、毛刈り直後で8kg台でしたが、今回はついに10kgの大台に・・・
減量サポート食べてるんですけどね・・・なぜ増える一方なのか・・・
院長はここまできたら記録に挑戦だ~!なんて言ってますが。

エントリーナンバー2番、ドンくん。
b0059154_0193811.jpg

以前の記事はこちら・・

猫でここまで被り物が似合うのはこの子くらいかも。猫なのに蜂って・・・来院のたびに奇抜な衣装を着ていて楽しませてくれます♪

さて、どちらがインパクトありました?
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-26 00:31 | 患者さん

何日ぶりだろう?

4月に入り、新しいスタッフも増え、狂犬病の予防注射の時期も重なることもあり、日々目が回るような忙しさに追われています。一日の診療件数が100件を越える日もあります・・・日誌のほうもずいぶんご無沙汰になってしまいました(>_<)

いろいろとここでご紹介したい症例もあったのですが、写真を撮る間も無い忙しさ・・・

加えて毎週金曜日の診療終了後にカンファレンス(症例の復習や病気についての勉強会)を行うことになりました。毎週お題を決めて、予習復習、宿題も出したりと、ちょっぴり先生気分を味わいながら、スタッフのレベル向上のため頑張りたいと思います。

そして、ひとつ残念なお知らせが・・・

AHTとして実習も含めて2年間動物の看護や接客を受け持っていた谷崎さんが、当院を去ることになりました。柔らかい人当たりで動物にもやさしい彼女は、病院の雰囲気も暖かくしてくれていました。これからの活躍に期待していただけに非常に残念ではありますが、新しいスタートを切る彼女の門出をスタッフ一同応援しています。

2年間、お疲れ様!そしてありがとうね!
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-22 23:51 | 今日の出来事

"この子だからこそ”の方をを探しています

先日のソケイヘルニアに続いて行われたのが、猫の腹壁ヘルニアの手術。この子の場合は脂肪だけが脱出し、ヘルニア孔と癒着していたのでそれをはがして脂肪を戻して縫って終了♪前回の子よりは楽な手術でした。

b0059154_221314.jpg


麻酔かけてしまってから撮影したのでちょっとコワい顔になっちゃってますが、実はこの子、当院から里親に出したあの子なのです!

模様のせいでオスと思われてたのが実はメスだったりと、あとからトホホなおまけがついたりしましたが、とても可愛がられて元気に成長しています。

そして今回、新たなおうちを求める子が一匹。

生後十ヶ月のシャムMIXの男の子。仮称『ナガグツ』ちゃん。

b0059154_22234870.jpg


公園暮らしの彼は、小さいころから近所の方のお世話を受けて育ちました。人懐こい性格から可愛がられ、毎日ご飯ももらっていたので栄養状態も良好です。

しかし、4月に入り、姿をパタッと見せなくなり、心配していたところ、4日に、物陰にうずくまって動けないでいるのを発見されました。
後ろ足が立たずまったく歩けない彼をみて驚いたIさんが、当院に運び込みました。

レントゲンを撮ってみると、骨盤を骨折しています。幸い変位は致命的な状態ではなさそうなので手術はせず入院治療で経過を見ていくことになりました。しかし、神経の損傷があり、数日は自分で排尿もできない状態でした。左にも事故で負ったと思われる擦り傷が・・・。

b0059154_22405420.jpg


入院して10日が経とうとしている現在、初めは麻痺して動かなかった後ろ足もだいぶ使えるようになり、犬舎の中で立って歩けるほどに回復してきています。足の傷はすっかりよくなりました。

もともと外で生活していた子ですが、いまさら公園に返すわけにはいかず、Iさんの依頼もあり里親さんを募集することになりました。

ポイントが濃く、尻尾も綺麗です。とても穏やかな、ハンサムくんです
b0059154_22401868.jpg


将来障害が残る可能性はゼロとはいえませんが、今までの経過からもおそらく日常生活には支障は出ないのではないかと思います。

この子だからこそ、と言っていただける方を探しています。

里親さんが見つかるまで病院にいますので、ご希望の方は面会も可能です。(そろそろ退院してもいいころです)

心にピンと来た方はぜひご連絡をお待ちしています。

093-751-5001 今林動物病院  まで

[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-13 22:38 | 里親募集

下腹部ぽっこりの理由は・・・

一ヶ月ぶりに来院したミニチュアダックスのベルちゃん、おちんちんの横が腫れているということで触診してみると・・・

ぶよぶよした腫れですが、強く圧迫すると腫れが引き、また手を離すと膨らんできます。

b0059154_23211362.jpg


確認のためにレントゲンを撮ってみると、腸に流れた造影剤が下腹部の腫れのなかに流入しています。これは・・・鼠径(そけい)ヘルニアのようです。

もともとあしの付け根の鼠径部には筋肉の隙間があり、神経や血管が出入りしています。先天的にここの閉じ方が甘かったりすると、お腹に強い圧力がかかったときに裂けてしまうことがあります。ベルちゃんの場合は去勢手術していなかったので、持続的な男性ホルモンにより徐々に筋肉が薄くなっていたのも原因しているでしょう。

この鼠径部が裂けると、お腹の中の腸管や膀胱、脂肪などが穴から皮下に出てきてしまい、結果膨らんで見えます。稀に中で膀胱や腸管がねじれて戻らなくなると命に関わることもあるのでヘルニアが大きければ早期に手術をお薦めしています。

今回ベルちゃんは、昨日発見の今日手術というスピード解決でした。

というのも、ベルちゃんのヘルニア孔は大きく、圧迫でも完全に戻すのが難しいほど・・・そしてヘルニアから小腸のかなりの部分が脱出してしまっていたためです。腸の違和感もあり、食欲も落ちていたので即手術に踏み切りました。

b0059154_2332227.jpg

              あ~、やっとお腹がすっきりしたよ・・・

動物にも色々なヘルニアがありますが、鼠径ヘルニアは比較的珍しいほうかもしれません。一番多いのは臍ヘルニアです。避妊手術をしていて偶発的に見つかることも多いし、症状はなくても“でべそ”の子は立派な臍ヘルニアです。仔犬で孔が小さければ自然に閉じることもありますが、大きいものは手術で孔をふさぐしかありません。

何を隠そう、この鼠径ヘルニア、私の娘(人間)も2才のときに咳のし過ぎで発症し、手術した経緯があるので、今日のベルちゃんも他人とは思えず・・・・飼主さんの心配が痛いほど解りました。心配で心配で泣いていたお姉ちゃん、ベルちゃんよく頑張ったよ~!(手術した院長も!)

そして明日はニャンコの腹壁ヘルニア(腹筋の裂けによるヘルニアです)の手術が入っています。二日続けてヘルニア手術(苦笑)・・・こちらの様子も明日報告いたします!
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-10 23:44 | 症例

狂犬病予防注射について・・・真面目な話

4月は狂犬病の予防注射のシーズンです。

もはやワンコと暮らす方にとっては年中行事のひとつになっているかもしれませんが、意外と知られていないのがその怖さです。

狂犬病はラブドウイルスというウイルスによる伝染病です。日本では1956年以降、徹底したワクチン接種により発生を見ていませんが、最後の発生から50年以上もたった今日、その怖さを実際に知る人は殆どいないでしょう。

人間を含む全ての哺乳類に感染し、発病すると治療方法がなく、悲惨な神経症状を示してほぼ100%死亡する・・・こんな病気がほかにあるでしょうか?

世界では毎年約50,000の人と十数万の動物が発病死しているといわれています。もし日本で発生すれば、BSEや鳥インフルエンザどころではない騒ぎになるのは目に見えています。日本は島国ということで周辺諸国からの感染をかろうじて免れている状態ですが・・・・お隣の韓国や中国でも毎年発生が報告されおり、いつ入ってきてもおかしくない状況です。

犬を、そして人やその他の動物を狂犬病から守れるのは、予防ワクチンだけなのです。

b0059154_0232541.jpg

           ワンコと人のいい関係が永遠に続きますように・・・・

               狂犬病予防注射を接種しましょう。
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-06 00:27 | 今日の出来事

初日からお疲れ様です

今朝出勤してみると、何やら沢山レントゲンが並び、台の上には竹串がおいてありました。
b0059154_23325551.jpg


あらら、誰か昨日開腹手術したのね・・・スタッフから話を聞いてみると、昨日の診察も終了し片付けも終わりに近づいていた午後6時半(診療は4時までです)、一本の電話がかかってきたそうです。

ラブラドールのキキちゃんが、数日前家族の一瞬の隙をついて焼き鳥を串ごと飲み込み、今日になって吐き出したとの事。
b0059154_23331727.jpg

                    犯人はワタシです・・・

レントゲンを撮ってみると、胃の中にうっすらと串のような影が・・・・・

摂取して数日たっており、吐き気等の症状もあらわしていた為、急きょ手術をすることになりました。手術を始めたのは夜8時すぎで、麻酔が覚めだし、皆が帰宅したのは日付が変った今日になってからだったそうです。

年に数例も無い大変な手術を初出勤の記念すべき1日目に体験するなんて運がいいような悪いような(笑)それでも新人二人は今日も元気に出勤です♪若いって素晴らしい!

そして申し遅れましたが、このたび当院で獣医師として勤務することになった二人をご紹介します。

b0059154_2323660.jpg

          北里大学出身の松田篤典(あつのり)獣医師

一言どうぞ・・・
院長に虐待されないように頑張ります。(原文ママですよ・・いいのかな・・?)大学では放射線学研究室に所属していました。放射線の知識をいかしながら臨床全般を頑張ります。

MIX猫ちゃん二匹を飼ってます。まだ引越しの荷物も片付かない彼の部屋には猫のトイレと食器だけだそうですよ。

b0059154_2329796.jpg

          鹿児島大学出身の谷口由香里(ゆかり)獣医師

一言どうぞ・・・
右も左もわからない新米ですが頑張ります。大学では病理学研究室に所属していました。臨床病理全般を勉強したいと思います。

今は一人暮らしですが、実家には9才になるMIXのワンコがいるそうです。

二人とも、これからの当院を担っていく大きな柱になってくれると思います。私からも、どうぞ宜しくお願いします<(_ _)>
[PR]
by imabayashi-ah | 2006-04-02 23:35 | 今日の出来事