今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石田家 小春日和

b0059154_1430354.jpg

                     今日はポカポカあったかいですね。
                 
b0059154_1430261.jpg

                        お庭の梅も満開です

                そんな小春日和の我が家の様子をお届けします。

b0059154_14304973.jpg

                    ねえ~お散歩行かない?と、うな。

b0059154_14344152.jpg

                     いつもの散歩道につくしを発見!

b0059154_14313785.jpg

                  ねえ~美味しいものくれない?と、ちゃま。

b0059154_1432182.jpg

                   ロコは爪を切られて怒ってます。

b0059154_14322288.jpg

                      パフも大きくなりました。

b0059154_14324312.jpg

                      お外に行きたいケント。

b0059154_14333555.jpg

                      ロミくんも元気ですよ。

b0059154_14341974.jpg

        プランターのパンジーもお日様に向かってめいっぱい花を広げています。

                         もう春ですね♪


                   
  
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-26 14:48 | スタッフのわが子たち

関西研修旅行レポート

2月11日、12日に今林院長と松田獣医師が赴いた関西方面への研修旅行。

まず11日には大阪の天満研修センターで行なわれた東芝小動物領域画像学術セミナーへ。

b0059154_2024465.jpg


講師は東京農工大画像診断研究室の柴崎先生。エコーの第一人者であり、当院へも今までに数回ご来院いただき小動物の心臓病の診断におけるエコー検査を直接指導して頂きました。
その際診察した動脈管開存症という先天性心疾患のダックスを柴崎先生が当時在籍していた大阪府立大学へ紹介し、手術していただいたのですが、今では普通の子と変わらない生活が出来るほど元気になっています。

b0059154_20345632.jpg

この子が手術したナナちゃん。初診時は生後3ヶ月の仔犬でしたが、もう3歳になります。

今回は当院で使用している東芝製エコー機器「エクサリオ」を使った簡潔な説明も交えた実技もあり、今後の診療に即役立つ講習になりました。

続いて、大阪へ移動し、院長の大学の後輩であり、昔から親交のある岩田先生を訪ねました。
岩田先生は京都市獣医師会の副会長を務め、京都市山科区に岩田動物病院をご夫婦で開業されています。たいへんな人格者で地域の獣医師からの信用も厚いリーダー的な先生です。京都の福知山で開業している竹下夫妻(当院で働いていた川副獣医師)も合流し、日本の獣医療の実情や、狂犬病予防注射の必要性について大変貴重なお話を伺いました。

b0059154_23354884.jpg

暗いですが・・・左より竹下先生、岩田先生、岩田先生の奥様、旧姓川副さん、今林院長です。

翌日には福知山の竹下動物病院へ・・・
竹下夫妻はとても勉強熱心で、すでに地域でも評判の病院になっているようです。

b0059154_20584854.jpg


最後に福知山城を訪ね、記念撮影♪
b0059154_20594962.jpg


急ぎ足でしたが、いろいろと刺激を受け有意義な研修旅行となりました。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-19 21:20 | 学会だより

ダックスは・・・・

この胴の長い体型ゆえに椎間板のトラブルが多い犬種です。1~2月だけで3,4頭は来院したでしょうか・・・

b0059154_14244223.jpg


2歳のランちゃん。先日急に後ろ足が全く立たなくなり来院した子です。
一週間弱の入院生活で、1日3回レーザーをあて、神経ビタミンの注射も併用し、退院時にはあるけるようになりました。

b0059154_14283330.jpg

初診のときのランちゃん。後ろ足を投げ出しています。痛覚も弱く立ち上がることができません。

b0059154_14291757.jpg

一般的な神経の浮腫を取り除く消炎剤などの注射に加えて、治療の中心となるのがレーザーです。スーパーライザーや半導体レーザーを用いた治療を行ないます。背骨に沿って一回当たり3~4分照射していきます。照射後はポカポカと暖かくなり、血行が良くなったのが実感できます。(スタッフも肩こりや腰痛の時には活用してます。とっても楽になるんですよ♪)

レーザーを導入してから、従来は手術以外に治療方法がなかった症例でも椎間板トラブルのほとんどが改善できるようになりました。

しかし、予防に勝る治療はありません・・・

ダックスの飼い主さんは特に、

● 太らせない ● 急な方向転換や階段の上り下りをさせない ように気をつけてくださいね。

ダイエットのために低カロリーで、関節強化サプリメント(コンドロイチン硫酸、グルコサミン)配合したフードもあります。詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-16 14:46 | 症例

週末は・・・

院長と松田獣医師は大阪で行なわれたエコーの講習会へ赴きました。その足で京都の院長の後輩の病院を訪ね、さらに福知山の竹下犬猫病院(以前当院に勤めていた川副獣医師の嫁ぎ先です)へ・・・ハードスケジュールです。

近日中には詳しくご報告できると思います。

今日は雨はそうではないけども、風が吹き荒れていますね。春一番かな?

b0059154_1533112.jpg

自宅にお雛様を出しました。
春はすぐそこまでやってきているようです。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-14 15:08 | 学会だより

新入りスタッフ トリマーの内山です

b0059154_11244957.jpg

一月から当院にトリマーとして勤務している内山さんです。

トリマー歴は2年。いつもワンコにやさしく声をかけながらトリミングしています。
そんな内山さんから一言・・・

ウサギを飼うことがきっかけで今林動物病院を知り、患者として通院し、そのときの先生方の優しさと懸命さに魅かれ、この職場で働きたいと思いました。治療の補助やトリミングを日々勉強で頑張りたいと思います。

内山さんの家にはウサギさん以外にもシーズーが二匹います。

お母さんのラムちゃんは4才。膀胱結石で当院で手術したことがあり、一昨年には帝王切開で出産も・・・とても陽気な可愛い子です。

b0059154_11271412.jpg


そのとき生まれた息子がこのモーちゃん。生後一ヶ月のときの写真です。

b0059154_11264319.jpg

本当は5兄弟だったのですが、初産だったラムちゃんが育児がうまくできず、モーちゃんだけが無事育ちました。こんなに小さかったモーちゃんも1才になりました。

二匹ともトリマーさんの愛犬だけあって、ロングの綺麗な毛並みをキープしています♪
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-05 11:48 | スタッフより

ハルちゃん、頑張りました!

b0059154_14392786.jpg


わたくし、ハルと申します。13歳になります。

先日、こちらの病院で乳腺腫瘍の摘出手術を受けました。

わたしには良くわかりませんが、どうやらわたしの心臓はかなり弱っており、その上腫瘍と年の影響でやせてしまっていて大変に危険な状況だったらしいのです。

それもそのはず。わたしの腫瘍はご覧のとおり、こんなに大きく一部は破れかけていたのです。
b0059154_14441714.jpg


幸いにもわたしのご主人様は優しい方なので、こんなわたしを不憫に思って手術をすすめてくれました。ご主人のお孫さんの可愛いぼっちゃまたちもわたしを心配してお年玉から手術代をカンパしてくれました。ありがたいことです。

b0059154_1446407.jpg

手術をするための麻酔でもわたしは弱い麻酔でダウンしてしまい、先生方に心配をかけましたが、丁重に、手早く手術してくださったそうで40分ほどで無事手術は終了しました。体重9.4kgのわたしから摘出された腫瘍は734gもあったそうです。

翌日からは、お腹がすいてすいて、美味しい缶詰を一缶ぺろり。
お昼にはご主人様とぼっちゃまたちにお迎えに来てもらい家路につきました。

重たかったおなかもすっきりし、なんだか力が湧いてきました。ご主人さまの為にもまだまだ長生きしようと思います。
b0059154_14525551.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2007-02-02 14:54 | 症例