今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なぜか最近亀ばかり・・・

以前からミドリガメやクサガメは来院していましたが、最近やたらと亀が目に付きます・・・

ケヅメリクガメ、ギリシャリクガメ、ホシガメなど陸ガメが増加傾向です。
先日は、中国南部からインドシナ半島の林床に住むという「スペングラーヤマガメ」がやってきました。写真を撮り忘れたので、見てみたい方はこちらのページ地球の鱗たち 両爬オンライン図鑑を参照してください。

初めて見る名前だったので、??でしたが、トゲトゲしてて、持つのも痛い亀さんでした。ちょっと恐竜チック。でも目がくりくりしてて可愛かったです。

陸カメ、その他ペットとしての歴史が浅いこれらのカメでは、寄生虫が高率に見られます。検便するとたいがい一種類以上の寄生虫が発見されます。栄養障害や消化器病の原因にもなってることが多いので、検便は必須です。
しかし、まだ本にも載ってないような寄生虫も多く、びっくりさせられることもしばしばです。


b0059154_6495187.jpg
鞭虫みたいな卵や

b0059154_731798.jpg

                                   線虫の子虫に・・・

b0059154_6505888.jpg
ぎょう虫の卵まで。







対して昔ながらのミドリガメやクサガメでは、水の汚れに起因する皮膚病が多く見られます。
すこし乾燥気味に保つ飼育と消毒や適切な抗生物質投与で治ることが多いですが、これも根気が必要です。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-09-22 01:00 | 症例

当院より大切なお知らせです

かねてより、ご来院いただいた患者さんには少しずつお知らせしていましたが、今秋11月に、行橋市に「行橋動物ケアクリニック」を開院することとなりました。

すでに、建築は始まっており、徐々に詳細を以下のページにアップしていますので、本院ともども宜しくお願いします。

動物病院ができるまで・・・

リアルタイムで病院が作られていく様子をみることはそうそう無いと思うので、飼い主さんも楽しめると思います。

b0059154_263441.jpg

2週間前ほどの作業現場の様子。鉄骨で骨組みが見えてきました。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-09-10 02:07 | お知らせ

先週末は・・・

院長と谷口獣医師、そして先日実習にきていた北里大学の4年生で大阪で開催された小動物獣医師会年次大会へ参加してきました。

おりしもその日は世界陸上の開会式。学会終了後、3人は開会式へ・・・
注目選手やきらびやかな式の様子に、一番はしゃいでいたのは院長とのうわさです。

b0059154_2374254.jpg

写真は読売新聞より・・・

学会の写真も、世界陸上の写真も沢山撮影してきていてこれを日誌へ載せろよ~っと預かって帰ったのに・・・・私としたことがそのデータを誤って全消去!!

院長、この場を借りて謝ります。ごめんなさい!

まず学会の様子から・・・
b0059154_2302820.jpg

大阪国際交流センターで開催されました。

b0059154_2311645.jpg

学会の情報によると、全国から集まった獣医師は650名余、動物看護師及び一般市民の参加者500名余があり合計で1200名余もの人が参加したそうです。各会場とも満席に近い盛況で、様々な分野から発表が行なわれ、小動物臨床の有意義な情報が多く得られた二日間でした。

実習生の川原さんは、院長たちより一足早く大阪入りし、2日間みっちり学会を聞きました。今はまだピンとこないことも、きっと近い将来役に立ってくれることでしょう。
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-09-02 23:01 | 学会だより

ご理解いただける方に・・・

まだ8月の暑いさなか、二匹の子猫がビニール袋に入れられて(!!)捨てられていたそうです。初診時は目やにで目はつぶれ、元気も無かったのですが、治療と献身的な介護のおかげでみるみる元気になりました。幸い一匹は貰い手がついたのですが、この子はまだ決まっていません。

b0059154_0381875.jpg


この子には先天的な障害があります。後ろ足が両方うまく使えません。左の前足は使えますがすこし変形しています。しかし、障害をもろともせず元気にミルクをねだり、人が大好きな子です。成長とともに、この障害がどう影響して来るかは、今のところまだはっきりしません。

b0059154_0411448.jpg


しかし、1時間保護されるのが遅れていれば熱中症で亡くなっていたところを運よく拾われた子です。もう1度この子に奇跡が起きますように!そう願いつつの里親募集です。
b0059154_0412728.jpg


ご理解ある方からの連絡、お待ちしています。

今林動物病院 093-751-5001
もしくはメール miki.i.322@agate.plala.or.jp まで
[PR]
by imabayashi-ah | 2007-09-02 00:45 | 里親募集