今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Mダックスのレンちゃん

ワンワン!!ワン!ワン!
外から響くその声で、私は誰が来たのかがわかります。
この声は、レンちゃんかな?

「うるさいよ、レン!」
と言う飼い主さんと一緒に現れたのは、Mダックスのレンちゃんです。
病院が怖くてたまらないようで、車を降りてから病院にいる間はいつも吠えています。
病院が怖い、というよりも、院長のことが怖いようですが(笑)。

レンちゃんが当院に来院されたのは、1月上旬のこと。
突然下半身が麻痺した、ということで来られました。
来院当初のレンちゃんは、後肢が完全に麻痺していて、力が全く入らずブラブラの状態でした。
排尿、排泄のコントロールもできずに、粗相をしてしまうことに、飼い主さんも、レンちゃん自身も戸惑っている様子でした。
レンちゃんはどうやら、椎間板ヘルニアになってしまったようです。

ところでみなさん、『椎間板ヘルニア』が、どのような病気なのかご存知ですか?
私も言葉ばかりはよく耳にするものの、病院に勤めるまでは詳しくは知りませんでした。
ここで少し説明を・・・027.gif
人間も、犬も、背椎(脊骨)の後ろに脊髄と呼ばれる神経が通っています。
この「背椎(脊骨)」はたくさんの「椎骨」という骨が連なってできています。
椎骨と椎骨をつないでいるのが、「椎間板」と呼ばれる軟骨です。
椎骨の間に椎間板があることで、運動時の背骨に与えられるショックが和らげられ、なめらかな動きができるのです。
しかし、過激な運動をしたり、背椎に強い力が加わったり、老化によって骨が弱くなると、椎間板が脊髄を圧迫してしまうことがあります。
これが『椎間板ヘルニア』を起こしている状態です。
脊髄が圧迫されると、痛みを生じたり、神経麻痺を起こして、部位によっては前肢や後肢が麻痺したりします。
  
b0059154_1913534.jpg
← 脊椎の簡単なイメージ図です。
ピンクに塗られた部分が脊髄です。
黒く塗りつぶされたA、Bが椎間板です。
Aは正常。
Bは椎間板が脊髄を圧迫しています。これがヘルニアの起こった状態です。



レンちゃんは早速、レーザー治療を開始しました。
このレーザー、当院の椎間板ヘルニア患者の治療に非常に高い実績があるのです。
レーザーを当てられながら、「何すんだよ」と言わんばかりの表情のレンちゃん。
b0059154_21372843.jpg

しかし、連日レーザー治療を続けるものの、レンちゃんの状態はなかなか改善されませんでした。
不安がる飼い主さんに、院長は、福岡動物診断・健診センターでのCT検査をすすめました。

以下が、脊髄に造影剤を注入してCT検査を行った結果です。
これが正常な部位の画像です。
b0059154_18351439.jpg

そして、ここがレンちゃんのヘルニアが起こっている部分の画像です。
b0059154_18355548.jpg

b0059154_18363967.jpg

矢印の部分の、椎間板が突出していることがわかります。
突出した椎間板に脊髄が圧迫されているため、ここからは造影剤も通過しなかったとのことです。
CT検査の結果、レンちゃんは胸椎の11~12の間が圧迫されており、これより後ろの神経が麻痺していることがわかりました。
重症のヘルニアが起こっていることが判明したレンちゃん。
「レンはよくなるんでしょうか?」と不安でいっぱいの飼い主さん。
私は「諦めたら終わりですよ。一緒にがんばりましょう!」と言葉をかけることしかできませんでした。


検査から数週間・・・レンちゃんと飼い主さんはヘルニアと闘っています。
最近、連日のレーザー治療と飼い主さんの努力の成果が少しずつ出始めています。
完全麻痺を起していて感覚のなかったレンちゃんの後肢でしたが、足をつねると〝痛み”を感じるようになり、つねられるのを嫌がるようになりました。
そして、ブラブラだった後肢には少し力が入るようになり、ふとした瞬間に自分の力で立てるようになりました。
院長から逃げ出したいあまりに立ち上がるレンちゃん!!すごいぞ!!(部分的に剃られているのは、CT検査のため必要な処置だったようです・・・)
b0059154_2211189.jpg

一時期は垂れ流しのような状態だったおしっこも、外に連れていくと自分でできるようになったとのこと。
すごいね、レンちゃん!!
そして、飼い主さんの努力も並大抵のものではありません!!
やっぱり愛は奇跡を起こすんだな、としみじみ感じる今日この頃。
当院には今日も、飼い主さんの溢れんばかりの愛情に包まれた動物たちが来院しています。



現在、当院で重症の椎間板ヘルニアと闘っている患者さんは、レンちゃんを含め3頭。
この子たちも、飼い主さんの努力と当院での治療の甲斐あって、ゆっくりではありますが良くなってきています029.gif
この2頭のワンコの回復ぶりも今後紹介していきますね006.gif
不慣れな私のゆっくり更新ですが、どうぞお楽しみに016.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2008-02-23 19:01 | 症例

職場体験

先日、浅川中学校の1年生が職場体験学習に訪れました。
昨年までは、各事業所に回って生徒の受け入れをお願いしていた私ですが、今回は職場体験を受け入れる立場になり、なんだか不思議な感覚がしました。
職場体験にきた中学生は、な、なんと6人!!
b0059154_12455281.jpg

スタッフよりも多い中学生…。
患者さんの周りには、紫ジャージの紫の壁ができてました(笑)
b0059154_12462146.jpg

体験学習では、洗濯や掃除などの雑務のほか、診療補助やトリミングの見学などしてもらいました。
b0059154_124737.jpg




そんなこんな2日目のこと、あの伝説のネコが現れました!!
そう、知る人ぞ知る伝説のネコ、ちゃこちゃんです!!
b0059154_1248460.jpg


得意げに彼らに聞いてみる私。
「このネコ、何歳に見える?」
悩む子どもたち。
「えっと~3歳?」
「5歳!」
「7歳!」
「2歳!」
さまざまな意見が飛び交ってました。
みなさん、このネコ何歳に見えますか?


な、なんと御年27歳になるんです!!

年齢を聞いたこどもたちは「ええ~っ!!!」とどよめいていました。
「すっげ~!!」
「私たちの2倍も生きてるんだね!」とこどもたち。
b0059154_125428.jpg

ちゃこちゃんは私よりも、谷口獣医師よりもお姉さんでもあります。
その目はきっと、こどもたちよりも、私たちよりもたくさんの物事を見てきたことでしょう。
そう考えると、私はちゃこちゃんを尊敬せずにはいられないのです。

今回ちゃこちゃんは、他のネコとけんかをしたらしく、傷をつくっていました。
その傷も、もうすでに治りかけていましたが(笑)。
やっぱりすごいぞ!ちゃこちゃん!!
[PR]
by imabayashi-ah | 2008-02-08 13:06 | 今日の出来事

みなさん、こんにちは!

みなさん、こんにちは!
動物看護師の岡村です001.gif
石田先生の後を継いで、私が若松本院の日記の担当になりました。
院長に催促されること数か月(笑)…やっと我が家のインターネット環境が整ったので、これから“気まま”に更新していきたいと思います。

今回は若松メンバーの紹介をしたいと思います。

まずは、私の自己紹介から・・・012.gif

動物看護士の岡村玲です。
新潟県出身です。
鹿児島大学農学部を卒業後、3年間長崎の中学校で子どもたちと過ごしました。
充実した毎日を過ごしながらも、動物病院に勤めたいという想いをおさえられず、本院の見学に・・・。
4月から若松本院に勤めています。

お次は、この方・・・006.gifb0059154_2272218.jpg

顕微鏡を真剣に見ているのは…臨床検査のプロ!
臨床検査技師および動物看護士の野本直義さんです。












b0059154_6575487.jpg
野本さんはもともと患者さんで、ハムスターのはむちゃんの治療のために来院していました。
院長からの、度重なる熱烈なスカウトを受け、若松本院に勤めることになりました。
人の総合病院で5年間臨床検査技師として勤めていましたので、その腕は確かです。
当院の血液像診断や細胞診、その他諸々の検査で力を発揮してくれています。


行橋分院のオープンとともに、若松本院のスタッフが減ってしまいましたが、院長を筆頭に谷口獣医師、野本さんそして私とで全力で頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします!
[PR]
by imabayashi-ah | 2008-02-05 07:00 | スタッフより