今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シュガーとの再会

当院に来られた方は、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。
この写真を。
b0059154_18234278.jpg


この子は3年前、病院でお世話していたワンコです。

ずっと病院にいるのもかわいそうなので、かわいがってくれる飼い主さんを探していました。
でも、シュガーはとっても困ったワンコでした。
犬種的にも、しつけが難しいワンコなんですが…。
無駄吠えがとても多いため、なかなか飼い主さんも見つかりません。
トイレもなかなか覚えられず、何回犬舎を掃除しても、いつもうんちで自分をぐちゃぐちゃに汚していました。
それでも、とってもおてんばで愛嬌あふれる彼女を、私はかわいくてかわいくてたまりませんでした。


そんな彼女の飼い主さんが見つかったのは、一昨年の夏のこと。
私の知り合いのご夫婦が、是非シュガーに会いたいといってくれました。
このご夫婦、学生時代にバイクで転んで大怪我をした私を、助けてくれたとても親切な方たちです。
見ず知らずの私を3日間もお世話してくれました。
不思議な縁があって出会えた二人ですが、私を娘のようにかわいがってくれます。
そんなこんなで、遠路はるばる鹿児島まで、シュガーを車に乗せて向かいました。


鹿児島についたシュガーは、不慣れな土地で不安だったんでしょう。
深夜、早朝…何かにつけて吠えていました。
散歩に連れて行っても何もせず、家の中でウンチをしては汚してしまうこともしばしば。
犬を飼ったことのない二人に、シュガーと暮らすことができるのかとても不安でしたが、二人の愛情がシュガーに受け入れられることを願って、私は泣く泣くシュガーとお別れしました。



それからしばらく…




シュガーは今も鹿児島にいます。

おじさんとおばさんとは今もこまめに連絡を取り合っているのですが、シュガーはとてもかわいがられているようです。
年に数回、シュガーのお家から病院へ、野菜や果物がいっぱい詰まったダンボール箱と一緒に、シュガーのかわいい写真が送られてきます。
写真に写るのは、病院にいた頃からは想像もできないぐらいリラックスしていて、甘えてかわいいシュガー。
信頼できる二人に、シュガーをお願いして本当に良かったと思いました017.gif


そして先日…
ETC割引を使って、行っちゃいました!!
b0059154_22223411.jpg

鹿児島のシュガーのところへ029.gif
しかも日帰りです(笑) 
我ながらこの行動力はすごいと思います004.gif

久々の再会にかなりドキドキ。
ちゃんと覚えていてくれているかなぁ?

b0059154_22202898.jpg

短めのしっぽをフリフリして、シュガーはとっても喜んでくれました。
b0059154_22214680.jpg

ジャンプして喜んでくれて、顔をペロペロ011.gif
病院にいる頃は全く人に甘えなかったのに、おなかを見せて甘えてくれて、そのかわいさに私はメロメロでした016.gif
b0059154_22211392.jpg

おじさん、おばさんに甘えて、幸せいっぱいのシュガー012.gif
夜は一緒に布団に入ってきて、寝ているそうです。
病院では、寝ている姿さえ見たことなかったのに…005.gif
シュガーが幸せそうで、本当に本当によかった!
「うちの娘はかわいいでしょ!」とニヤニヤしているおじさん012.gif
私はとってもうれしい気持ちになりました058.gif



さてさて、高速道路を走ったため、虫がたくさんついてしまった私の車。
病院スタッフには誰にも言わずに、突然鹿児島へいったのですが、
私の車を見た院長は開口一番、
  「お前、鹿児島のアイツ(シュガー)のとこに行ったんか」
なぜわかったのか、ドキリとしました008.gif
恐るべき観察眼!!
恐るべき院長です!!
あなどれない(笑)
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-25 18:53 | 今日の出来事

診察時間のおしらせ

ちまたでは、ゴールデンウィークなるものがあるようですね013.gif

それでも、当院は年中無休なので、毎日診察が行われています001.gif

連休中の診察時間は下記の通りです。


    5月2日(土)             9:00~12:30  14:00~16:00
     
      3日(日)~6日(水)       9:00~12:30  14:00~18:00


              ※3日~6日は院長不在となっております。



連休中は他の動物病院さんもお休みだったり、いつもより診察時間が短かったりします。
ことばを話せない動物たち・・・飼い主さんが見ていておかしいと思ったら、早めに動物病院へ連れて行ってくださいね001.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-24 18:52 | お知らせ

夢の共演

4月某日・・・夢の共演が実現しました006.gif!!

当院の患者さんの
ワンコ最年長とニャンコ最年長の夢の共演!!

ワンちゃんはパグのよっちゃん、21歳。
21歳には見えない愛くるしいかわいい顔をしています016.gif
b0059154_18151472.jpg


ニャンコは以前この日記にも登場していただいたチャコちゃん、28歳。
去年日記に登場したときは27歳でしたので、今年は28歳になります。
b0059154_181534100.jpg



このスペシャルな2匹の奇跡の対面!
奇跡の共演です。
よっちゃんのカメラ目線ほしかったなぁ~。シャイな二人、目を合わせようとしません(笑)
b0059154_18145542.jpg

周りの患者さんも、貴重な2ショットに感激されていました。


み~んな、みんな、長生きしてね016.gif016.gif
わたしたちは、いつもそう願いながら動物病院で働いています。
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-20 20:42 | 今日の出来事

モモちゃんの大勝負。

こちら15歳のビーグルのモモちゃん。
b0059154_16233527.jpg

15歳に見えない若々しさと、まるで人のような大きな瞳がチャームポイントです012.gif

モモちゃんのおっぱいには、一目見て、誰もが気付くほど大きくなった何かがありました。
大きすぎて、パッと見は何だかわかりません。
まるでそう…ソフトボールのような大きさのそれは…なんとびっくり!!
おっぱいにできた腫瘍なんです!005.gif
腫瘍は限界まで大きくなって、破裂寸前!!
モモちゃんが歩くと重そうにユサユサ揺れていました。
飼い主さんは前々から、この腫瘍をとる手術を希望されていたそうです。
でも、モモちゃんはかなりの高齢。
太っていて、呼吸もグーグーいっていて、良くありません008.gif
このため、手術はできないと言われていたそうです。
4件もの病院に断られ、そうこうしているうちに、腫瘍はドンドン大きくなっていき・・・
ぜひ手術をしてほしいということで、当院にこられました。

モモちゃんの体格や年齢、呼吸の悪さを考えると、手術はしない方が良いと思われるかもしれません。
でも、この腫瘍が破裂すると、大量に出血し、ひどい化膿をおこすでしょう。
そうなると、モモちゃんと飼い主さんにかかる負担はかなりのものです。
検査をして健康状態をチェックし、手術に踏み切ることにしました。


いよいよ手術当日。


腫瘍は今にも破裂しそうなくらい、パンパンになっていました。
b0059154_16371287.jpg

モモちゃんの体のことを考えると、手術に時間はかけられません。
慎重かつスピーディーに手術はすすめられました。

数十分後、無事手術は終了。
b0059154_1637517.jpg


こちら、まだ麻酔から完全に覚めていないため、ぼや~っとしたモモちゃん。
グ~グ~いびきをかきながら、夢心地!?
今まで体の一部だった腫瘍との2ショットです!
b0059154_16381763.jpg


取り出した腫瘍の重さは、なんと500g超でした005.gif


飼い主さんがモモちゃんを連れてきて、迎えの車が来るのを待っている間に行われたこの手術。
準備から手術終了までは、1時間もかかっていません。
院長は 「うちの手術は早いやろ~。しかも死なせんからな。」と得意満面でした006.gif
今まで何件もの手術を行ってきましたが、確かにその通りです045.gif
私たちスタッフが、院長を尊敬している理由の一つでもあります006.gif
他にも尊敬しているところは多々あるのですが、あんまり言うと調子に乗るので今日はこれくらいにしておきますね(笑)
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-14 21:33 | 症例

お口のお話2 ー歯周病とその予防についてー

最近よく耳にする 「歯周病」 ということば008.gif
近年、人では、歯周病菌が全身に悪影響を及ぼすことが明らかになっていますが、これは犬猫にもあてはまることなのです007.gif

まず、歯周病とはどのような病気なのでしょうか027.gif
歯周病とは、その名の通り、歯の周りの組織の病気です。
原因は、歯と歯肉の間にたまる歯垢と歯石に繁殖するバイキンくん031.gif
歯垢1mg中には2億ほどのバイキンが存在すると言われております008.gif  ひぃぃ~~。
このバイキンくんが悪さをし、歯肉に炎症を起こして化膿させ、さらには歯槽骨という歯を支える骨までも溶かしてしまいます。
そして、最終的には歯が抜け落ちてしまうという…怖い病気なのです!
こちら、抜けた歯です007.gif
b0059154_16231156.jpg

また、ただの口の病気では済まずに、その悪影響は全身へ及びます。
炎症を起こした歯肉から、バイキンが血管に入り込み、血液によって全身に運ばれ、心疾患、糖尿病、呼吸器系疾患、消化器系疾患、低体重児出産や早産等の原因の一つになることが報告されています027.gif


飼い主さんが動物たちの異変に気付くのは、こんな症状を見つけたときです。
   ・ 口がくさい
   ・ 歯肉が赤く腫れている。
   ・ 歯肉から出血している。また、膿がでている。
   ・ 食べるのに時間がかかる。また、固いものを食べれなくなる。
   ・ ヨダレをたらす(特にネコの場合)

おうちのワンコ、ニャンコは大丈夫ですか013.gif


とにかく、何よりも大事なのが予防すること006.gif
一番の予防法は歯磨きすることです。
でも、多くのワンコ、ニャンコにとって、口を触られるのは嫌なこと・・・。
なるべく小さい頃から、口を触ることに慣れさせてあげることが大切です。
最近病院に届いたこの冊子。
b0059154_19173035.jpg

犬の歯の手入れのしかた、口を触ることへの慣れさせ方を詳しく説明しています。
みなさんにお配りしていますので、ぜひご一読ください027.gif


歯磨きが難しい子には、こちらをお勧めしています。
b0059154_1918445.jpg

当院で大人気のベジタルチュウ。
ワンコたちがおやつ感覚で喜んで食べてくれるし、なおかつ歯磨き効果もあるので、飼い主さんもあげるのが楽しみのようです037.gif
b0059154_21373335.jpg

大好きなベジタルチュウを前に舌を出し、ペロリとさせているのは、吉用家のプラスとのんちゃん011.gif
b0059154_21392721.jpg

さっそくカミカミしているのは、これまた吉用家のキナコ016.gif

噛ませることで歯磨き効果が得られますので、飼い主さんが手に持って、色々なところをカミカミさせることが大切です027.gif

ちなみにこちらはニャンコ用。
b0059154_21402947.jpg


ネコまっしぐら! もう夢中です!
b0059154_21471564.jpg



そしてこのスプレーは、口の中にシュッとひと吹きするだけで、歯が白くなり、歯垢が落ちるというシロモノ。
b0059154_1919330.jpg

はじめて使われる方は、そんなうまい話があるものかと半信半疑。
でもその効果は確かなものです!
少々値は張るものの、一度使われた方は効果を実感してリピーターとなられます。



あれやこれやと紹介してしまいましたが、お家のワンコ、ニャンコに合った予防法がきっとあるはずです。
しっかり予防してあげて、健康維持に努めましょう。
気になる方は、どうぞお気軽にご相談くださいね006.gif
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-09 16:22 | 症例

春です。

季節の移り変わりは、本当にあっという間ですね005.gif
早いもので、私が北九州で迎える3度目の春になります。

ということで・・・今年もやってきました!この季節006.gif
ワンちゃんの飼い主さんにとっては大切な一大イベント!?
狂犬病予防接種の時期になりました029.gif
毎年4月がこの時期になっており、各地域で集合注射が行われていますが、当院は病院での予防接種をお勧めしています。

病院での予防接種のメリットはこちら006.gif
  第一に、清潔であること。
  そして、ほかのわんちゃんとのトラブルを避けれること。
  さらには、簡単な健康チェックもできます!
体重測定や触診よる全身状態のチェック、聴診による心音のチェックはもちろん!
ご希望があれば一緒に血液検査もできます。
言葉を話せない動物たち。
定期的に健康診断をしてあげることが大切です029.gif

病院に来てくれるワンコと飼い主さんにお願いです。
他のワンちゃんとのトラブルを避けるため、必ずリードをつけて連れてきてください。
そしてワクチンは、なるべく午前中もしくは午後の早めの時間に済ませましょう。
ごくごくたまにアレルギーを起こしてしまう子がいますので、早めの時間にワクチン接種を済ませたら、あとはお家でゆっくり様子を見てあげてください。
[PR]
by imabayashi-ah | 2009-04-01 00:05 | お知らせ