今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

椎間板ヘルニア

こんにちは~☆010.gif


この気まま日誌を読んでくださっている飼い主さんが結構いらっしゃるようで、よくお声をかけていただき大変励みになっております❤❤❤


ということで、今回は頑張ってムービーを載せてみました006.gif


こんな感じで、うちのスタッフの大半は、褒めてもらえると頑張れる単純な人間なので、もっと褒めてあげてください004.gif(笑)




では、さっそく本題へ☆

ついこの間の話ですが、椎間板ヘルニアの手術を立て続けに4件行いました!!

それも、3匹がミニチュアダックスで、1匹がシーズーのミックスのワンちゃんですU・ω・U


本当に、椎間板ヘルニアになる割合は、ダックスが多いです007.gif


今回の4匹の子たちの手術の流れを簡単に言うと、

①背中を切開する
    ↓
②骨を削る
    ↓
③神経を圧迫している物質を取り除く
    ↓
④縫合して閉じる


といった感じです001.gif


詳しく説明していくと、


まずは、CTを撮影し、背中のどの部分が原因で麻痺をしているのかを確認します。
そのCT画像を見て、手術をした方が良いのか、それとも内科的な治療を行った方が良いのかを判断します。


手術をした方が良いと判断した子は、飼い主の承諾を得て、後日手術を行います071.gif



手術前には、高圧酸素カプセルに入れて、体調を良くしてから手術を行います。

カプセルから出して、まず背中の毛を刈って、丁寧に消毒072.gif


消毒が終わったら、いざ手術へ!!


手術は、CT検査でわかった原因部位を開かないと意味がありません。そこで、Cアームという機械を用い、X線で透視することによって正確に確認することができます003.gif便利ですよね~♪


そして、位置を正確に確認したら、開いて骨を削っていきます。そのときは、ピエゾサージェリーという医療用のドリルを使って削ります。


骨を削って、神経がみえるようにし、神経を圧迫している物質を丁寧に取りのぞいていきます071.gif

そこまでいけば後は縫合するだけです006.gif



手術終了後は、すぐにまた高圧酸素カプセルにいれます!カプセルから出す頃には、目を覚まし動こうとする子もいます037.gif



手術後は、しばらくの入院で、朝晩の治療を行っていきます。  


↓のムービーは、手術1週間後のシーズーミックスのりゅうちゃんです☆

スーパーライザーをあてています001.gif




手術後は、このように自分で立とうとする子もいますが、マヒしていた頃と同じように楽して前足だけで動こうとする子が多いです。


マヒが続くと、筋肉があっという間に衰えてしまい、神経が通っても、立てないこともあります007.gif


そこからは、飼い主さんの頑張りが必要になってきます!!
根気よく、毎日リハビリをしてもらうことが1番重要です034.gif


ムービーのりゅうちゃんのその後については、また日記に載せたいとおもいます006.gif


乞うご期待(笑)
[PR]
by imabayashi-ah | 2011-09-29 15:03 | 手術

やっぱりすごい!“セファランチン”の威力!!

お久しぶりです006.gif最近、なかなか日記の更新ができず、前回の日記は、別のスタッフが書いてくれました038.gif雰囲気が違うとお気づきの方もいたかもしれませんね011.gif

今後、私だけではなく、他の人たちが日記を更新できるようになっていけば、色んな文書が読めて楽しいでは!?と、思いますが、もうしばらく私のみで我慢してください(笑)
いつかきっと♪



では、さっそく本題へ☆


先日、外に出ていて帰って来てから前足がパンパンに腫れたと言って来院した猫のメイちゃん

どのくらい腫れているのか、実際に診てみると・・・パ...パンパンや~!!!!008.gif




実際に写真で見てみると、一目瞭然ですね!!!


b0059154_17372059.jpg

b0059154_17383933.jpg



おそらく、何かに噛まれたのでしょう007.gif


その何かとは・・・マムシです008.gif



マムシの特徴として、

・噛まれてから1~2時間でパンパンに腫れる
・噛まれた所から、マムシ毒によって持続的に出血する

の2点があげられます。

メイちゃんの症状も同じで、持続的に出血もしていました。これは、マムシに噛まれたのだろうと診断し、さっそく治療を009.gif
b0059154_1343239.jpg

写真ではわかりにくいのですが、矢印より出血。




そんなときは、「助けて~、セファランチ~ン!!」
b0059154_17432949.jpg




『学会に行ってきました☆~1日目~前編』にも書いていた通り、マムシにかまれた場合にかかせないのがこの“セファランチン”というお薬です!!


さっそく、セファランチンを注射して、次の日の午前中に再び来院してもらうことに061.gif




次の日には、昨日のグローブのようなパンパンの手に比べだいぶ腫れも引いて元気も食欲も出てきました003.gif

b0059154_11525844.jpg



その日も、同じ注射をしてまた翌日に来院してもらうことに018.gif



な、な、なんと!たった2回のセファランチンの注射でここまでちっちゃくなっちゃいました005.gif

b0059154_11531570.jpg


b0059154_1153306.jpg



主にセファランチンだけの治療でここまで良くなるとは!!やっぱりセファランチンの効果はすごい005.gif


マムシに噛まれたときは、九州・沖縄の医学部では、セファランチン単独で治療に使われる所が多いそうです034.gif
ですが、まだまだ獣医の方では、マムシにセファランチンが使われる所は少なく、ひどい時には噛まれた手足を切断するケースもあるようです007.gif


当院では、マムシに噛まれた場合、セファランチンを使用し、ほとんどが治癒しています006.gif


よかったね、メイちゃん016.gifマムシには気をつけてね006.gif

b0059154_11534486.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2011-09-14 11:20 | 症例