「ほっ」と。キャンペーン

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2016年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

【15歳のわんちゃん】

こんにちはemoticon-0155-flower.gif動物看護士の白石ですemoticon-0134-bear.gif

今回ご紹介するのは、アメリカンコッカースパニエルのマイケルちゃんですemoticon-0152-heart.gif

今年の8月に歩くときにフラフラするということで来院されましたemoticon-0155-flower.gif

実は、マイケルちゃん!今年の4月に後肢が立たなくなり、レーザー治療を
行っていましたemoticon-0133-wait.gif

人と一緒で、ワンちゃんも一度腰を痛めると良くなってもしばらくすると
また腰を痛めたりすることもありますemoticon-0101-sadsmile.gifemoticon-0156-rain.gif

今回もレーザー治療と注射治療を行いましたemoticon-0157-sun.gif

すると次の日には歩行がずいぶんよくなりましたemoticon-0115-inlove.gif
治療する度にマイケルちゃんの足は動くようになるので、飼い主さんも
嬉しそうですemoticon-0111-blush.gifemoticon-0171-star.gif

実はマイケルちゃんは15歳!!!かなりのおじいちゃんですemoticon-0126-nerd.gif
(人間で例えると約90才です)
当院では、高齢のワンちゃん、ネコちゃんもレーザー治療を行い、
後ろ足が立てるようになったり、歩けるようになることもありますemoticon-0105-wink.gifemoticon-0159-music.gif

これからも、元気なマイケルちゃんをみるのがたのしみですemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0170-ninja.gif
b0059154_162614100.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-31 16:26

【脱臼で動けなく、、、】

こんにちはemoticon-0155-flower.gif動物看護士の松尾ですemoticon-0103-cool.gif

今回ご紹介するのは、ヨークシャテリアで9歳のナナちゃんですemoticon-0152-heart.gif

ナナちゃんは、平成19年から当院にかかられていますemoticon-0155-flower.gif
平成26年にナナちゃんは両膝蓋骨の脱臼で動けない状態になりましたemoticon-0106-crying.gif

当院では、両ひざ関節等の病気はレーザー治療を行って、沢山の子たちが
治ってきているためナナちゃんもレーザー治療を行いましたemoticon-0133-wait.gif

今では、飼い主さんが週に1度のペースで通ってくださっていることもあり
歩行もしっかり出来るまでになりましたemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0171-star.gif

1.7Kgの体重をキープしつつ元気いっぱいのナナちゃんですemoticon-0157-sun.gif
b0059154_9212482.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-31 10:09

【直腸と肛門をつなげる大手術】

今回ご紹介するのは、12才ミニチュアダックスのきなこちゃんemoticon-0152-heart.gif

腸の手術を他院さんで行い、おしりから大きなしこり(ホリープ)が出てきていて、
便も出ず、血と汁が出ている状態で2年前にご来院emoticon-0155-flower.gif

他院さんに「もう抗がん剤を使うしかない」と言われ、使わずになんとかならないか、、、
とのことでしたemoticon-0107-sweating.gif

当院では、お注射、炭酸ガス、、色々な方法で治療を行ってきましたが、
腸が戻らなかったため、直腸を引っ張り出して、直腸と肛門をつなぐ大手術を
行いましたemoticon-0133-wait.gif

年齢が10歳と高齢なのと、体重が3.5Kgと虚弱体質なので手術に踏み切るのも
大変でしたが、このまま手術を行わないと、亡くなってしまうので思い切って
手術を行うことになりましたemoticon-0165-muscle.gif

こちらから、手術を行ったきなこちゃんの肛門です!
(白く見えるのは、クリームを塗っています)
b0059154_96773.jpg



抗がん剤を使用せずに手術から2年たった今も内科的な治療で再発なく
元気にしていますemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0171-star.gif

b0059154_9102898.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-31 09:11

【脾臓を摘出】

今回ご紹介するのはミニチュアダックスフンド13歳のイチゴちゃんemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
(手術中の写真が出てきますので、苦手な方はご注意ください)

9歳の時急に左前肢をびっこひくようになり、次の日の朝から調子が悪くなっていったそうemoticon-0107-sweating.gif
夜間救急に行き、レントゲンを撮ってもらったが、異常なしと言われたそうです

椎間板ヘルニアや変形性脊髄症などはレントゲンを撮ってもレントゲンでは判断が出来ないので、当院ではCTを撮ることになりました

〈CT結果〉
● 馬尾が悪い
● 頸椎がひどい変形性脊椎症
● 腰椎が変形性脊椎症
● 腰椎に石灰化がある
● 胸椎が全体的に椎間板の軟骨が石灰化している

それから、注射とレーザーで歩行を保っており今でも定期的にレーザーを当てていますemoticon-0111-blush.gif

12才の時には、膀胱に結石が出来、手術によって取り除き、手術後今でも再発はないみたいですemoticon-0155-flower.gif

そして、ここからが本題ですemoticon-0133-wait.gifemoticon-0171-star.gif
イチゴちゃん色々乗り越えてきたことがお分かりいただけると思いますが、今年の4月になんと脾臓をすべて摘出しているのですemoticon-0101-sadsmile.gif

胃腸炎を起こしていた時に、たまたまエコー検査を行ってその際に、
脾臓に約3センチのしこりが見つかったのですemoticon-0101-sadsmile.gifemoticon-0101-sadsmile.gif

それから何度か続けてお注射を行い、調子がよくなってから手術を行うことになりました!
そんなイチゴちゃんも今年で13才!手術を行うのも、年齢とともに体力が落ちているので速さと技術が必要とされる手術でしたemoticon-0107-sweating.gif

無事に手術は17分で終えましたemoticon-0158-time.gifemoticon-0155-flower.gif

病理検査の結果、脾臓にあった塊は、幸い腫瘍ではなかったのですが、過形成といって、血の塊で、いつ破裂するのかわからず、またもし破裂してしまったら命にかかわります!
ほっといていたら、体の中で大量出血して、、、いかに危険だったか予想がつきますemoticon-0119-puke.gif

こちらが手術中の写真と摘出した脾臓の写真です!
b0059154_15484489.jpg

b0059154_1548582.jpg


術後の経過も、手術してから元気が出始め、貧血もなく、食欲もばっちりで元気ハツラツですemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0171-star.gif

院長のことが怖くて仕方なくて、見たらぶるぶる震える子もいるのですがイチゴちゃんは一味違います(笑)院長のことが大好きで、診察室の中で院長の声や姿を見つけると一生懸命吠えて、アピールしてくれますemoticon-0115-inlove.gif
そんなアピールが通じてか、いつも診察室の中でご褒美を貰ってご満悦でかえって行く姿がとってもかわいいですemoticon-0152-heart.gif
b0059154_1551538.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-28 15:52

【飼い主さんに命を救ってもらったカメ】

今回ご紹介するのはカメのピーちゃんemoticon-0152-heart.gif

道端でぐったりしていて倒れていたところを飼い主さんが
拾って連れてきてくれましたemoticon-0155-flower.gif

なんらかの原因で左前足と後ろ足がケガをしており
半分ちぎれて、骨が見えており、膿がでて大変な状況でしたemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0107-sweating.gif

手術も視野に入れながら、まずはお注射治療でどこまで良くなるか
治療を続けると、1週間たつにつれてよくなり、
一か月しないうちに今では少しずつ歩けるようになるまで
回復しましたemoticon-0133-wait.gifemoticon-0171-star.gif

飼い主さんに拾ってもらわなければ、傷口から腐っていきそのまま
亡くなってしまう可能性が大きかっただろうと院長がおっしゃっていましたemoticon-0106-crying.gif

本当に優しい飼い主さんに出会えてよかったね!ピーちゃんemoticon-0159-music.gif
b0059154_15282395.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-28 15:28

【慢性膵炎 チワワ】

今回ご紹介するのは、13才のチワワプリンちゃんemoticon-0152-heart.gif

健康診断のため今年の3月に血液検査を行ったところ
膵臓の数値リパーゼが477まで上がっていましたemoticon-0106-crying.gifemoticon-0106-crying.gif
b0059154_1531239.jpg

それから、お家でお薬とお注射に何度か来ていただいて、
約一か月後にもう一度血液検査を行ったところ、

b0059154_1532479.jpg

正常値に戻ってました!!!!emoticon-0157-sun.gif

ですが、2カ月後に行った血液検査では、
b0059154_1533994.jpg


プリンちゃんは慢性膵炎になっていたのですemoticon-0156-rain.gif

それから、一旦STOPしていたお薬とお注射治療を定期的に
来ていただいて、一か月後には正常値に戻っていましたemoticon-0133-wait.gifemoticon-0155-flower.gif
b0059154_1535094.jpg


これからも定期的に血液検査を行い膵臓の数値のチェックをしていきますemoticon-0155-flower.gif
いつも飼い主さんとドキドキしながら結果を待っていますemoticon-0141-whew.gif
b0059154_15105992.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-28 15:14

【10才のウサギ】

今回ご紹介するのは、もうすぐ10才になるウサギさんココちゃんemoticon-0152-heart.gif

平成23年から胃停滞を起こしたり、歯が舌にささっったり、
腸炎をおこしたりしながら、今回急に元気と食欲がなくなった
とのことでご来院emoticon-0155-flower.gif

ココちゃんは元気がなく、病院でも横たわっている状態でしたemoticon-0106-crying.gif
レントゲン検査を行うと胸水、腹水もたまっていました、、emoticon-0107-sweating.gif

ウサギさんで横たわるということは死に至ることも多いのですが、
次の日から、少し食べ始め、だんだんと元気が出始めたとの事!!!emoticon-0157-sun.gifemoticon-0159-music.gif

良かったね♬ココちゃん!これからも治療頑張ろうね~~~emoticon-0111-blush.gifemoticon-0171-star.gif
b0059154_1444664.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-28 14:46

【膀胱結石 膀胱に石がつまって、、、】

今回ご紹介するのは、シーズーのルルちゃんemoticon-0152-heart.gif

3日前に血尿をし、様子をみていたら昨日からおしっこが一度も
出ていないとのことでご来院emoticon-0106-crying.gif

エコー検査とレントゲン検査を行ったら、
尿道に石が食い込んでおり、膀胱に詰まっている状態emoticon-0107-sweating.gifemoticon-0107-sweating.gif

こちらが、レントゲン写真ですemoticon-0155-flower.gif
b0059154_1484342.jpg


早速次の日に、手術を行うことになりましたemoticon-0134-bear.gif

飼い主さんは、手術に踏み切るのにすごく心配されていましたemoticon-0107-sweating.gif
お話しを聞くと他院さんで他の子を手術で亡くしてしまったそうです、、、

ですが、手術は28分で終え、術後10分で起き上がり
次の日から元気もでて、おしっこも次の日からたっぷりと
出るようになり血尿もおさまりましたemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0157-sun.gif

こちらが、取り除いた石です!!!
b0059154_14105872.jpg

大きさが様々で細かいものから大きいものまで!!!

術後もルルちゃんは順調で飼い主さんもご安心されていますemoticon-0111-blush.gifemoticon-0171-star.gif
b0059154_14212635.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-28 14:23

【プレーリードッグ ぐったりから回復】

今回ご紹介するのは、プレーリードッグのユナちゃんemoticon-0152-heart.gif

8月の頭に昨日夜中に3~4回嘔吐したとのことでご来院emoticon-0155-flower.gif
ぐったりしていて、食欲もない状態でしたemoticon-0106-crying.gif

ですが、治療をつづけるにつれて、だんだんと元気がでてきて、
注射時嫌がることもできなかったのですが、
嫌がる元気もではじめましたemoticon-0157-sun.gif

食欲も徐々に出始め、本調子までもう少しのところで、
今も治療を続けており、ユナちゃん好き嫌いが多くて
飼い主さんが苦労していますemoticon-0101-sadsmile.gif

好き嫌いは駄目だよ~~~ゆなちゃんemoticon-0105-wink.gif(笑)
b0059154_16284873.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-27 16:29

【甲羅がバリバリのノラ亀】

今回ご紹介するのは、亀さんemoticon-0152-heart.gif

家の前のドブにいるたラ亀さんで、
最初に来たときは甲羅がバリバリに割れて、出血してましたemoticon-0106-crying.gif

通りかかった飼い主さんは、その状態をみて病院い連れてきてくれて、
お注射治療を行っていますemoticon-0155-flower.gif
それから、何度か治療するにつれて元気食欲もでてきだして、化膿も抑えられて
います!!!!!

今では、お家で保護しており、お注射にも定期的に来られていますemoticon-0157-sun.gif

優しい飼い主さんの見つけてもらってよかったねemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0159-music.gif
b0059154_12523679.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-08-27 12:53