今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2016年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

【健康診断にてみつかりました】

今回ご紹介するのは、12歳のチワワのフワちゃんですemoticon-0152-heart.gif

フワちゃんは平成20年からかかられていますemoticon-0155-flower.gif

毎年健康診断で血液検査を行っているのですが、
今年の3月に行った際に、胆のうと膵臓が悪いことがわかりましたemoticon-0107-sweating.gif
こちらが3月に行った血液検査の結果です。
b0059154_11181171.jpg


それから内服薬で、上がったり下がったりを繰り返しながら、
いい状態を保っており、今は月に一度血液検査を行っていますemoticon-0155-flower.gif

こちらが9月に行った血液検査の結果です。
b0059154_11193224.jpg


やはり健康診断で定期的に血液検査をすることで隠れた病気に
気付くことができるので大切ですねemoticon-0159-music.gif

そんなフワちゃん1か月に一度のペースで当院でトリミングを行って
いますemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0152-heart.gifいつも可愛いリボンがお似合いなフワちゃんですemoticon-0111-blush.gif
emoticon-0157-sun.gif
b0059154_12532567.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-28 12:53

【2年前糖尿病を発症 今ではインスリンなし!】

今回ご紹介するのは、ネコのぶちゅちゃん16歳ですemoticon-0152-heart.gif

平成26年に急にやせてきて、水をよく飲むとのことでご来院emoticon-0107-sweating.gif

血液検査を行うと、ぶちゅちゃんは糖尿病になっていましたemoticon-0106-crying.gif

当院ではインスリンで血糖をコントロールしていますemoticon-0133-wait.gif

お家でも飼い主さんに毎日お注射を打っていただいていたら
だんだんと血糖が落ち着いてきだし、インスリンなしで
血糖値を図っても正常値に!!!!emoticon-0111-blush.gif

そして、先日ぶちゅちゃんがご来院されたのですが、
驚きの言葉が!!!!!!emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif

「もうインスリンは2年ぐらい打ってないです」とのことemoticon-0104-surprised.gif

念のためにお耳から血糖値を図ると値は139!!と正常!!!!
びっくりです!!!emoticon-0115-inlove.gifemoticon-0171-star.gif

糖尿病になってしまうと一生お注射を打たないといけないイメージを
勝手にもっていましたが、ぶちゅちゃんみたいに治ることもあるんですねemoticon-0157-sun.gif
b0059154_10385678.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-28 10:39

【ウサギ ホリープがでている為緊急処置】

今回ご紹介するのは、ウサギのスモモちゃん10歳ですemoticon-0152-heart.gif

スモモちゃんは、平成21年からかかられていますemoticon-0155-flower.gif

先日、一昨日お尻から何か出ているのに気付き、昨日の夜中から
食欲も落ち、便も一度もでてないとのことでご来院emoticon-0107-sweating.gif

お尻からはホリープがでており、色が赤から白色に変化しており
よくない状態でしたemoticon-0106-crying.gif

すぐにホリープ切除処置が行われましたemoticon-0133-wait.gif
ですが、今のスモモちゃんの状態で麻酔をかけてしまうとそのまま
亡くなってしまう危険性があるので麻酔なしで処置を行いましたemoticon-0141-whew.gif

麻酔なしと元気もあまりなかったため迅速かつ、ホリープは約1cmと
小さいため慎重に処置が行われました!
スモモちゃんの処置にはこちらの機械が使われましたemoticon-0155-flower.gif
b0059154_182315.jpg


こちらは、電気で焼き切れる機械で、出血も抑えられ、
糸で縫ったりとかは必要なく、糸が残ったりしないので体にも
優しく負担を最小限に抑えられますemoticon-0133-wait.gif

処置中の写真です!
b0059154_18113091.jpg

取り除かれたホリープです!
b0059154_18121556.jpg


処置が終わって約一時間後には病院にフードを食べれるように!!!emoticon-0157-sun.gif
更に、夕方には元気が朝より戻ってきて、注射時怒る元気もemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0171-star.gif

次の日の診察時には、昨日と全然違うくらい元気いっぱい!とのことemoticon-0115-inlove.gif
食欲も戻り、野菜に突進してくるそう(笑)emoticon-0136-giggle.gif

すぐに良くなってよかったねemoticon-0159-music.gifスモモちゃんemoticon-0152-heart.gif
b0059154_1813092.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-27 18:37

【5年間週に一度こられています】

こんにちはemoticon-0157-sun.gif動物看護士の松尾ですemoticon-0103-cool.gif

今回ご紹介するのは、フェレットで推定8歳の小次郎ちゃんですemoticon-0152-heart.gif
小次郎ちゃんはH21年から当院にかかられていますemoticon-0155-flower.gif

小次郎ちゃんはH24年の6月頃に脊髄の病気にかかり
ぐったりとした状態になりましたemoticon-0107-sweating.gif

6月の当初は体重が800gから400gにまで落ちてしまい
院長先生からは命の危機ともいわれましたemoticon-0106-crying.gif

当院では過度な治療は行わず、レーザー治療とお注射を続け
体重も800gまで復活しましたemoticon-0111-blush.gifemoticon-0159-music.gif

今では8歳になった小次郎ちゃんですが、
血色も良く調子の良い状態を維持しています。
年齢のこともあり現在は体重500gを維持していますemoticon-0157-sun.gif

飼い主さんが5年間ずっと週に1回のペースで治療に連れて来ている事と
6時間おきにペレットフードを粉にしたものと流動食を混ぜて与えたりなど、
沢山の愛情を込めてお世話されていることもあり、長生きすることが出来ていますemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0152-heart.gif

b0059154_12382118.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-27 12:39

【顎が骨溶解し、死んでもおかしくないと言われ、、】

今回ご紹介するのは、13歳のミニチュアダックスフンドのコタローちゃんemoticon-0152-heart.gif

顎が骨溶解しており他院にて「手術が出来ない」「死んでもおかしくない」と
言われたそうemoticon-0106-crying.gifemoticon-0107-sweating.gif

コタローちゃんはヨダレがダラダラと出ており、臭いも化膿臭がでており、
くさりかけの状態でしたemoticon-0155-flower.gif

治療を行って次の日にはお注射の効果が!!!!!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
ヨダレの量が減り、臭いも減っていたのですemoticon-0157-sun.gif

治療を続けていくにつれて、元気も食欲も出てきたそうemoticon-0111-blush.gifemoticon-0159-music.gif

それからコタローちゃんの歯石でぐらついている歯を抜歯する処置が行われましたemoticon-0155-flower.gif
そのままにしておくと、歯の菌がずっと体中にまわってしまうからですemoticon-0119-puke.gif

それから今では10日に一度ぐらいのペースで治療にきていますemoticon-0111-blush.gifemoticon-0157-sun.gif
b0059154_1232204.jpg



それから今では10日に一度のペースで治療にきています
[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-27 12:33

【約341gの乳腺腫を摘出】

今回ご紹介するのは、ミニチュアダックスフンドのハルちゃん11才ですemoticon-0152-heart.gif

ハルちゃんは胸に大きなしこりをかかえて来院emoticon-0155-flower.gif

大きさは約6cmとかなりの大きさまで大きくなっており、
乳がんの相当ひどい状態で大きい範囲取り除かなければならない状態でしたemoticon-0106-crying.gif

まず、当院ではばい菌と炎症を取り除く治療を行いましたemoticon-0165-muscle.gif
元気がない状態では麻酔に耐えられない危険性があるため手術は行いませんemoticon-0133-wait.gif

治療を何回か続けると、元気もでてきて調子よくなったため
手術を行うことになりましたemoticon-0155-flower.gif

ハルちゃんから取り除いた乳腺腫の重さはなんと約341g!!!!!
b0059154_925071.jpg

手術を行った次の日から元気も食欲もあり、入院中だんだんと吠える元気も!!emoticon-0115-inlove.gif
b0059154_932920.jpg

ハルちゃんの傷口が乳がんがどれだけの大きさだったかを物語っていますemoticon-0141-whew.gif

先日抜糸の際は、しっぽを振って元気な姿を見せてくれましたemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0152-heart.gif

b0059154_92158.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-27 09:18

【アトピー性皮膚炎のネコ】

今回ご紹介するのは、MixCatのポンタちゃん8歳ですemoticon-0152-heart.gif

ポンタちゃんは週に1度のペースでかゆみのお注射に来られていますemoticon-0155-flower.gif

アトピー性皮膚炎と診断されて治療を行ってるがよくならないと診察を
行うと、本当はアトピーではなく、皮膚炎だったりカビによる炎症だったり
とあるのですが、ポンタちゃんは本当のアトピー性皮膚炎ですemoticon-0107-sweating.gif

かゆみで内股を舐めてはげを作っているので状態を見るために
院長と飼い主さんとで手足を引っ張ってみているのですが、
ポンタちゃんされるがままですemoticon-0136-giggle.gif
b0059154_184715.jpg


いつも院長を含め看護師もその姿に癒されていますemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0152-heart.gif
毎週連れてきてくれる飼い主さんのおかげでかゆみも
いい状態で保てていますemoticon-0157-sun.gif

b0059154_18494347.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-20 18:52

【痛み止めや過剰なステロイド投与はしません】

こんにちはemoticon-0155-flower.gif動物看護士の崎野ですemoticon-0110-tongueout.gif

今回ご紹介するのはミニチュアダックスフンドのプーちゃんですemoticon-0152-heart.gif

9月8日に後肢が全く立たなくなって動かせなくなったと来院されましたemoticon-0107-sweating.gif

CT検査を行うと、椎間板ヘルニアではなく、変形性脊髄症ということが判明
したため、手術は行わず、当院独自のレーザー治療と注射で治療を行っていく
ことになりましたemoticon-0133-wait.gif

治療の回数を重ねるごとに後肢の反応がよくなっていき、
今では自力で立とうとするぐらいまで回復しましたemoticon-0115-inlove.gif

また、痛み止めを使うと、原因はよくなってないのに痛みだけが抑えられる
ので動いて更に状態が悪化したり、副作用で体調を崩すことがあるため
当院では痛み止めを使わないで治療を行っていますemoticon-0157-sun.gif

b0059154_14302168.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-20 14:31

【24歳のネコ】

今回ご紹介するのは、ネコのミーちゃんemoticon-0152-heart.gif

ミーちゃんなんと!!!!!24歳!!!!!emoticon-0133-wait.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0123-party.gif

わたしより長い年月生きていますemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif
びっくりですemoticon-0157-sun.gifemoticon-0171-star.gif

そんなミーちゃん飼い主さんが旅行に行ってしまうと
ストレスで吐いてしまします、、、emoticon-0119-puke.gif

なんだか、うれしんだか複雑ですね、、、emoticon-0124-worried.gif(笑)

ミーちゃん24年間の間に呼吸が悪くなったり、
嘔吐があったり、食欲が落ちたり、、、と色々なこと
を繰り返しながらその度に治療をして何度も復活していますemoticon-0134-bear.gifemoticon-0159-music.gif
b0059154_16205582.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-17 16:21

【柴犬の皮膚トラブル】

今回ご紹介するのは、柴犬の五条ちゃんですemoticon-0152-heart.gif

平成26年の5月に初診で5年前からかゆがりだし、
毛も抜け始めていましたemoticon-0107-sweating.gif

他院で食物アレルギーと診断され、ステロイド療法をしていたそうemoticon-0119-puke.gif

五条ちゃんは柴犬特有のゾウ皮症になっていたのですemoticon-0156-rain.gif

当院では、ステロイドを過剰に使わずに、ホルモン療法を
行いましたemoticon-0133-wait.gifemoticon-0171-star.gif

すると、お腹の黒ずみも減り、毛もだんだんと生えてきたのですemoticon-0115-inlove.gif

ステロイドをたくさん使ってかゆみを完全にとめることも
できますが、それは体に負担がかかりとても危険ですemoticon-0106-crying.gif

なので当院では、少しのかゆみと付き合いながらいい状態を
保っていますemoticon-0111-blush.gifemoticon-0165-muscle.gif

b0059154_1234272.jpg

[PR]
by imabayashi-ah | 2016-09-17 12:35