今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

激写!!

今日は石田家ちゃまの過去の特選ショットです
                 
                    “かぶりもの”
b0059154_21574080.jpg

         「よく似合っておいでですよ。お客様!」 「やっぱり?」

                “よくある観光地の風景”
b0059154_2158330.jpg

                そりゃお茶娘も驚くわけです。
                     
                    “草食動物”
b0059154_21581786.jpg

                    至福の表情!!

              楽しんでいただけたでしょうか・・・?

                  
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-22 21:55 | スタッフのわが子たち

モウちゃんとのお別れ

b0059154_20412720.gif

当院の患者さんでもあるMoss&Mickのブログ(リンクさせてもらっています)で紹介されていた「キミとボク」を見ました。

共に暮らした動物を見送ったことがある人は、思い出して胸が痛くなっちゃうかも・・・

私は仕事柄、動物たちの最後に立ち会うことも多いのですが、こればっかりはいつまでたっても慣れません。

今日は、尿道結石で二回の手術を乗り越え、エリテマトーデスという膠原病と戦っていたシー・ズーのモウちゃんを見送りました。飼い主さんとともに本当によく頑張っていたのですが、末期になり、意識がおかしくなるほどの激烈な痛みのために、飼い主さんとの相談の上安楽死を選択しました。

安楽死自体ににも、人それぞれいろいろな考えがあると思います。
動物のためにしてあげないといけない場合、飼い主の都合でする場合、獣医が勝手に進める場合(これは絶対あってはなりませんが・・・)

わたしたちは、安楽死を安易には選びませんが、やむを得ず行う場合には、毎回いろいろなことを考えさせられます。

               できるだけの治療をしたか?
               動物のための治療ができたか?
               家族である飼い主さんは納得しているか?
             
答えがでない問いかけもあります。こればっかりは動物に聞いてみないと解らないけど・・

でも、最後に「今まで楽しかったね」と思ってもらえるような生活を、すべての動物と飼い主さんに送ってもらえたら・・・と思います。

院長はよく動物の立場に立って、“動物に恨まれない治療”をしようと言います。動物に健康で長生きしてもらって、飼い主さんとより楽しい生活を送ってもらうための手伝けをするのが獣医の仕事ですからね・・・

最後に、今日まで頑張ったモウちゃんのご冥福をお祈りします。
モウちゃんの看病のため、お酒を我慢してたお父さんが寂しくて飲み過ぎないように見守っててあげてね・・・
             
            
            
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-19 20:43

トリマー中村のわが子たち


今回は当院のトリマーさんである中村さんのわが子の紹介です。

中村さん宅には8才のセレス(メス)と1才のティナ(メス)の2頭のオールドイングリッシュシープドッグが暮らしています。

以下は中村さんのお話です。

私が高校生の時に今の家が建って、家ができたら犬を飼おうと家族で相談していました。
いろんなペットショップを見て回った中で、筑豊にあるペットショップでセレスと出会いました。ショップの真ん中にサ-クルがあってそこにモコモコふわふわのオ-ルドイングリシュシープドッグの子犬がいて、抱っこさせてもらったりしてたら離れられなくなってしまって・・・・・そのまま家に連れて帰りました。
b0059154_19562916.jpg

      家に来て間もないころのセレスです。ぬいぐるみみたい!

今思えば、手入れの大変な大型犬を今まで犬を飼ったことがない初心者がよく飼ったなあと思います。そして、セレスの手入れをするために専門学校に通い、トリマーになりました。
セレスと会ってなかったらトリマ-になってなかったかもしれません。

あれから8年たったけどセレスは8年の間にいろんな病気をしました。
先天的に腰が悪いのに加え、耳血腫・子宮蓄膿症・流産・口の中にイボ・後脚の膝にイボと大変でした。麻酔に弱いので手術の度に心配でしかたがありませんでした。
今も乳ガンがありますが、免疫療法で3年位抑えられています。今は病院の処方食だけあげているので元気で毛もフサフサです!おかげで最近は病院はご無沙汰です。
b0059154_19564928.jpg

             現在のセレスです。げんきで~す。

思えば、中村さんが当院に就職したきっかけも、セレスの診療中に院長がスカウトしたからでした(笑)。セレスは中村さんの人生に多大な影響を与えていますね。人生を変える犬・・・すごいです!  

次は1才になるティナの紹介です。
私が2匹目の犬が欲しくて、家族を説得して飼うことになったのがティナです。セレスが1度交配したことのある熊本のブリーダーさんで初めてティナと出会いました。まだ生まれて間もない(17日目)ので、目も少ししか開いてない状態でした。その後母と2人で熊本まで生後36日目の子犬を見に行きました。6匹兄弟のうちすでに白抜きの子は決まってて(オ-ルドで頭が真っ白な子は人気があるみたいです。)決まってない3匹の中から1番元気な子をうちの家族として決めました。そのときすでに体重は2kgありました。
b0059154_9574585.jpg

             家にきて間もないころのティナ

それから生後56日目で家へ来ました。体重は4.2kg、子犬ですでにシ-ズ-なみの体重です。それからの成長は早いものでした。今1歳ですが体重25kgあります。セレスより少し小柄で(セレスは体重が33kg)小さいときから病院食を食べているので病気知らずです。病院へ行くのはワクチン、狂犬病、フィラリア予防の時ぐらいです。元気いっぱいに毎日家の庭を走り回ってます。
b0059154_9584087.jpg

                   現在のティナ 

セレスもティナも家族の愛情をたっぷりもらって育った幸せ者です。
中村さんはトリミングに来る犬たちに好かれる優しいトリマーさんです♪
戸畑で散歩してるオールドを見たら多分セレスかティナです。声をかけてくださいね!

[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-18 10:14 | スタッフのわが子たち

ちゃまと娘

やたら家族ネタが多いこの日記。石田の日記と化しております・・・今他のスタッフも執筆中ですので今しばらくお待ち下さいませ。
b0059154_2035177.jpg

母の「待て」の指令に従う娘とちゃま

ちゃまと娘は、まだしっかりしたコミュニケーションは取れないものの、お互いに気になる存在のようです。
娘は「ちゃ~、くさい!ちゃ~、バカねえ~!」などと言うわりに、犬小屋に好んで入っていますし、寝るときは“ちゃまくら”を愛用するほどのパグフリークぶり。犬グッズの中からパグを見つけるのも激早です(゜o゜)

b0059154_2171614.jpg

           愛用の“ちゃまくら”で読書中。

ちゃまは、娘が生まれてからアイドルの座を奪われたことを知ってか知らずか、いじけることもなく、娘のこぼすものを頂戴することに命を懸けています。
この間は、届かないところに落とされたミカンを拾おうと、リードで首を吊ってむせていました・・・。
               次はどっち行く~?
b0059154_22365549.jpg

       ベビーカーに二人同乗してお散歩です。(二人とも・・・歩けよ~!)
b0059154_22375046.jpg

           ちゃまのまね!肝心のちゃまは知らんぷり

兄弟のように、仲良く育ってくれることを願います・・・
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-16 22:49 | スタッフのわが子たち

休日(私だけ)

土曜は週の中でも一番忙しい日にもかかわらず、私石田はお休みです。

今日はとてもいい天気だったので、家族で到津の森公園に行ってきました。

娘は象を怖がり、猿を怖がり、結局鳥くらいしかまともに見てないのですが、それなりに楽しんだようです。フクロウがお気に入りです。

到津のキバタンはとてもよく慣れていて、なでて~と体を寄せてきます。
b0059154_21204871.jpg


ウサギやモルモットは牧草をもりもりたくましく食べていました。こういうところのウサギやモルモットは胃腸が丈夫そうです。一緒に入ってることもすごいのですが。
b0059154_212192.jpg


お母さんモルモットと赤ちゃんモルモットもいました。
b0059154_2133994.jpg


家に帰ってちゃまと散歩です。

用足し中に失礼・・・!
b0059154_2138582.jpg

前から思ってたんですが、犬ってウンチ中“困ったような顔”しませんか?

あ~すっきり!(ウンチは飼い主が回収しましょうね!)
b0059154_21384627.jpg


以上、休日の石田が見たものでした。しょうもなくてごめんなさい・・・
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-13 21:43 | スタッフのわが子たち

猫白血病のユウキくん

b0059154_2003066.jpg


生後4ヶ月のユウキくんです。小さいころからヘルペス(涙目・鼻水症状)はありましたが、治療である程度改善して元気になっていました。
そろそろワクチンをと考えていたところ、最近また同じような症状が出始め、熱も高く、血色が悪いのが気になったので、血液検査を行いました。

結果は、猫白血病ウイルス感染症(Felv)が陽性。
貧血もかなり重度なことが判明しました。


猫白血病は、現代の猫にとって重大な病気です。屋外ではかなりの確率で蔓延していると思われますし、いったん体内に入ると一生涯感染し続けることの多くやっかいな病気です。
名前の通り白血病(血液のがんです)や、リンパ肉腫、貧血、口内炎など様々な症状を呈します。

ユウキくんは母子感染か、幼少時の感染が疑われます。幼くして発症した場合、進行も早いので、さっそく今日から注射と内服の免疫療法を開始しました。

注射は、二次感染を防ぐための抗生物質、強肝剤、ビタミンC(免疫強化作用がある)、免疫刺激剤として、インターフェロン、丸山ワクチンを用います。

内服薬は、インターフェロン液と、免疫強化作用を持つサプリメント液の2種類です。

ユウキくんの戦いのはじまりです・・・

当院の患者さんには、特色ある免疫療法で、猫エイズ・白血病などのウイルス病と戦っている子が大勢います。その子たちの紹介はまたの機会に・・・
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-12 20:37

もう一匹いました(石田家)

忘れておりました。娘(2才)です。

今人見知りのまっさかりで、院長を見ると号泣します。そしてますます院長は泣かしにかかります・・・

生まれた時から動物といるので、餌をあげようとしてくれたり、何かと世話は焼きたがるのですが、最近知恵が付いてきて暴言が目立ちます・・・

じゅ~(じゅり)馬鹿!ちゃ~(ちゃま)馬鹿!馬鹿っちいう人が一番馬鹿なんよ~!!(あんただよ)

が最近の彼女の流行らしいです。動物にやさしい人になってもらいたいのですが・・・


b0059154_23462341.jpg

[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-10 23:49 | スタッフのわが子たち

尿路結石あれこれ

みなさんにとって秋はどんな季節ですか?食欲の・・・勉強の・・・芸術の・・・
でも私たち獣医師にとっては秋は尿路結石の季節です・・・

暑さが和らいで秋の気配を感じるようになると、病院には尿が出ないといった電話が多くかかるようになります。

今日は特に季節がら多いということで、発生時期にはこだわらず、尿路結石の症例をご紹介します。猫が一番多いのですが、今回はそれ以外の動物を取り上げてみました。

笑顔の可愛いシー・ズーのラムちゃんです。
b0059154_2256997.jpg


ラムちゃんに膀胱結石が発見されたのは、今年の7月でした。血尿が出るということで、レントゲンを撮ってみると・・・

b0059154_22573327.jpg


膀胱内に1.5cmの結石が鎮座していました。幸い体調は良かったので、数回の治療後開腹して結石を取り出す手術を行いました。

今日は三ヵ月後の検診で、確認のために再度レントゲンを撮影しました。
b0059154_22594319.jpg


結果はご覧の通り、再発は見られませんでした。飼い主さんも一安心!
尿路結石用の処方食と、漢方薬を併用した効果といえるでしょう。
シーズーは体質的に結石ができやすいので、食事での予防をさぼると数ヶ月で元の大きさの結石ができていることもあるので要注意なんです。
シーズーの飼い主さんはおしっこのトラブルに気をつけてくださいね!

おつぎはウサギさんです。
b0059154_2353055.jpg

この子は今年初め、尿がでない!ということで大分からはるばる来院されたモモちゃんです。ウサギもカルシウム代謝が特殊なため、尿路結石ができやすい動物です。

おちんちんの先に1cmもの大きさの結石が詰まっていました。
b0059154_238713.jpg

左に見える灰色の部分が、皮膚を通して見えている結石です。
先日ウサギのセミナーでも紹介されていましたが、非常に珍しい詰まり方です。

緊急手術で、おちんちん横の皮膚と尿道を切開して結石を取り出しました。
術後のモモちゃんと結石の記念写真です。
b0059154_23105691.jpg


現在は、カルシウムを制限したペレットと、お野菜主食の食生活で元気にしています。

お次は、さらに珍しいチンチラ(猫ではなくげっ歯類の)の膀胱結石です。
チンチラってこんな動物です。可愛いでしょう?
b0059154_2315480.jpg

モルモットくらいの大きさで、ふわふわした毛皮と愛くるしい動作がたまらない動物です。

少し前から血尿が出ていましたが、投薬でいったん良くなっていました。今回は2日も尿が出ておらず、元気・食欲もないということで先週の日曜に飼い主さんが急いでつれてこられました。

レントゲンには・・・
b0059154_2317237.jpg

やはり結石様が鎮座していました。

全身状態が悪かったため、まず溜まっている尿を出すための緊急処置のみ行いました。
チンチラは麻酔に弱いため、酸素吸入しながら細心の注意を払っての処置でした。洗浄しようとカテーテルを挿入しようとして愕然・・・尿道先端からびっしり泥状の尿砂(結石の小さなものでレントゲンには写らない)が詰まっているではありませんか・・・・

途中何度も無理かも・・と思いながらも、ここで通さないとこの子に未来はないっ!と根気強く洗浄し続けました。やっと開通したときにはスタッフ一同安堵のため息でした!

でも、膀胱内にはまだ結石はあるので、体調を見ながら手術の適期を見定めないといけません。今のところ食欲・元気も戻り、排尿も順調にできているので、ひとまず安心です。

どんな動物でも、結石のできる三大原因は、体質・食餌・環境です

体質はすぐには変えられないので、飼い主さんが気をつけてあげられるのは、食餌と環境です。
動物種ごとの結石を形成しにくい処方食と、たっぷりの水分を与えることが大切です。
あとはストレスなく排尿ができる環境を作ってあげることです。
トイレはきれいですか?(汚れていると排尿を我慢する子もいます)
他の動物に遠慮していないか?(多頭飼いの場合、弱い子は遠慮します。必ず複数個のトイレが必要です)
人間の都合で我慢させていないか?犬や猫で外でないとトイレしないようにしつけると、いざ出れないときには大変な我慢を強いることになりますよ。なるべく家の中でも排尿する練習をしておいたほうがいいですね。
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-10 23:35 | 症例

がああ~~ん!!

たった今、一時間かけて作った症例の記事と、昨日投稿した娘の写真を削除してしまいました・・・たった一個のボタンの間違いで・・・・号泣。
またいちからやりなおしです・・・
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-10 22:48

石田家の動物たち

うちには犬1匹、猫3匹、ウサギ1羽が暮らしています。

パグのちゃま(4才)オス

b0059154_23181058.jpg


幼少時、あごを大怪我して運び込まれた患者さんです。長期入院中に情が移ってしまい、なかば強引にうちの子に・・・(1ヶ月以上音沙汰なかったから、名前も付けちゃってたし・・・)
口を縫い合わせるという大手術も乗り切り、驚異的な回復を見せてくれました。

b0059154_23223785.jpg


ほかのパグに比べて下あごが短いので、いつも舌が出ています。
食欲が異常に旺盛で、油断するとご飯をもらってない振りをして、ちゃっかり2回食べてたりします。最近はウサギのウンチを狙っています・・・

じゅり(8才)メス


私がまだ大学生だったころ、研究室のゴミ捨て場で出会いました。
小さいころから愛想の良い子で、皆に可愛がられて育ちました。なので、彼女はどうも自分は特別!という意識をもってるようです。もちろんわたしにとっても特別な子です。
でも・・・その腹はなんとかならんのかね・・・お母さん一応獣医なんだよ。患者さんにダイエットフード勧めたりしてるのに・・・あんたもずっと食べてるでしょ~!!

ま、避妊後急に太ったので、ホルモンのせいということにしておきます(笑)
太ってる以外は全く病気知らずで、親孝行な娘です。

b0059154_2325329.jpg


けいこ(8才)メス

主人が結婚前から飼ってる子です。飼い主に似て人見知りが激しく、家族以外には馴染みません。雑種ですがノルウェイジャンばりの長毛の美人さんです。唯一の欠点は歯抜けなことでしょうか。スマイルすると年がばれるよ!けいこちゃん。

b0059154_23404315.jpg


けんと(2才)オス


私が出産で入院して、帰ってきたら、いました。どうやら妹が持ち込んだようです。
ちょっとがさつな男なので、いつもけいこさんの怒りをかってます。要領が悪く、甘え方も変(髪を噛んだりする)なので、何かと損してるんです。でもちゃまとは仲良しで、一緒に寝たりします。

b0059154_23441875.jpg


ろこ(1才)メス

半年過ぎてペットショップから連れて帰ったせいか、性格なのか、全く慣れてくれません。
餌をやるのにも緊張が走ります。餌を入れると同時に走ってきて噛むからね。
もっと可愛がりたいのだけど、触ろうとするとブ~ブ~怒り、無理に抱っこするとしっこ引っかけて逃げていきます。どうも私が一番嫌われています・・・
主人はろこのために菜園で野菜を栽培し、いつもあげてるから、俺は噛まれない!と自慢してます。そんな自慢も変な気はしますが、やっぱり慣れてはくれないろこちゃんです。

                 これが限界です(涙)↓

b0059154_23511779.jpg


近々、他のスタッフのペットたちも紹介する予定です。
[PR]
# by imabayashi-ah | 2004-11-08 23:53 | スタッフのわが子たち