人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

胃切開の3匹

年末から年始にかけて、異物を飲みこんで胃切開となった症例が3例続きましたのでご紹介します。

1匹目は生後3ヶ月のミニチュアシュナウザーのサランちゃん。
胃切開の3匹_b0059154_11285731.jpg


目を離したすきに手芸のマチ針を飲み込んでしまいました。

胃切開の3匹_b0059154_11292127.jpg

           胃の中にマチ針があるの、わかりますか?

即日開腹手術で取り出しました。これが摘出したマチ針(頭は切ってあります)
胃切開の3匹_b0059154_1132123.jpg


2匹目は元旦に手術となったブルドッグのシンバ。
胃切開の3匹_b0059154_12113056.jpg

串カツを串ごと食べたそうです・・・ダイナミックすぎ!下が摘出された串です。
胃切開の3匹_b0059154_11494115.jpg


こわもてのシンバですが、素直にお座りやお手をする姿が可愛かったです。
胃切開の3匹_b0059154_121518100.jpg

シンバは、来院時顔や足先の皮膚炎が酷かったのですが、入院期間中、術後のための抗生物質注射と、徹底的な消毒処置で、退院するころには見違えるほど綺麗になっていました。飼い主さんは、手術のことよりもそちらに驚いていました・・・というのも、今までもずっと治療はしていたらしいのですが、治らないのであきらめていたそうです。

そして3匹目は、老柴犬のジョンくん。
胃切開の3匹_b0059154_11465310.jpg


ソーセージを串ごといっちゃいました。シンバとは違うタイプの串です。
胃切開の3匹_b0059154_1147316.jpg


幸い3匹とも発見が早く、胃腸に大きなトラブルも起こしていなかったので術後の経過も順調です。

好奇心旺盛な子犬や、ごちそうを前にした犬は、口に入れたものを人に取られまいと丸呑みする傾向があります。そんなとき、出させようとあわてて手を出したりすると余計飲み込もうとするのでご注意を・・・そして、万が一飲んでしまったら何はともあれ来院してくださいね。
by imabayashi-ah | 2005-01-13 11:39 | 症例