人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

昭和の犬!

この日誌でもご紹介してきたシリーズ“昭和の猫”に続いて、さらに珍しい“昭和の犬”がいます。

昔からの患者さんであるビーグルのグローリー。18歳のおばあちゃんです。

昭和の犬!_b0059154_226215.jpg


私が働き始めて間もなく、交通事故で骨盤骨折の重傷を負い入院していたことがありました。今回、ホテルの予約にその名前を見つけ、まさかあのグローリーじゃないよね~?なんて看護師の森重さんと話していたところ・・・

飼主さんが大事に抱えて来院したのは、数年前よりずっと小さくなったあのグローリーでした!

「まさか生きてると思わなかったでしょ~?」と飼主さんは笑いながらおっしゃってましたが、本当にびっくり!でも思わぬ再会はとても嬉しいものでした。

10キロ弱あった体重も今は4.4キロまで落ち、耳も目も利きませんが、心音はしっかりしており、食欲は旺盛です。一週間ほどのホテル生活ですが、ただでさえ体調を崩し易い超老犬ですから、集中治療室に置いて温度管理や食事の介助など、スタッフがこまめに面倒を見ています。飼主さんが迎えにくるまで元気でいてよ!グローリー!
by imabayashi-ah | 2006-03-08 22:17 | 患者さん