人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

ナゾの突起物

本日来院したハムスターのほっぺにナゾの突起物が!!
飼い主さんは目が悪く、少し前からほっぺに何か付いてるな~と思ってたそうですが(笑)

そのままでは暴れて見せてくれないので、ガス麻酔ですこし眠ってもらいました。
           (麻酔中の写真です。キョトンとしてますね)

ナゾの突起物_b0059154_23131981.jpg


麻酔が効いたところで確認してみると、何とそれは伸びすぎた上の前歯がぐるりと巻いて、ほっぺの皮膚を突き破って外に出ていたものでした!堅いものは食べれなかったものの、割と元気にしていたというから驚きです。

ナゾの突起物_b0059154_2316284.jpg

                  カットした歯です。スゴイの一言・・・

よく調べてみると、下の前歯はすでに抜け落ちて無く、上の歯もこの一本だけでした。おそらく歯槽膿漏を起こして抜けてしまったのでしょう。ハムスターやウサギではこのような切歯の咬みあわせが悪い例が良く見られます。先天的なものもありますが、ゲージを咬む癖などがあると発症することが多いようです。草食動物の歯は歯根が生きている限り、生涯延び続けますから、発見されたときにはびっくりするくらい伸びてることもしばしばで、定期的なカットが必要になります。

この子のような伸び方は極めて特殊な例ですが・・・えさの食べ方や前歯の状態には普段から気をつけておきましょう!
by imabayashi-ah | 2007-04-09 23:32 | 症例