人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

アイドルしろちゃんの退院

7月の下旬から入院していた子猫のしろが先日退院しました。

アイドルしろちゃんの退院_b0059154_22565423.jpg


福岡市に住む当院の患者さんが保護した子です。保護した当初は、やせほそり、右の前足をひきずっていて、足先には大きな傷がありました。近医にてレントゲンを撮影したら、複雑骨折ということで治癒は望めないので断脚をすすめられたそうです。

飼い主さんはそれはなるべく避けたいと、はるばる当院まで連れてこられました。

確認の為レントゲンを撮影してみましたが、どこにも骨折は見つかりません。
しかし、右足は自分で動かすことが出来ず、すぐ後ろにむいてしまい麻痺しているのは確実です。触診を念入りに行なうと、肩の関節の動きがおかしいようです。通常なら前後、そして体の外側までしか腕は動きませんが、しろの右前足は背中にまわして左の肩に届くほど動いてしまうのです。しかも痛みは全く感じません。(普通はそこまで動かないし、そんなことしたら痛みで怒り出してしまうでしょう)

飼い主さんも保護したときにはその状態だったので、何があったかはわかりませんが、おそらく交通事故にあい、右前肢と体をつなぐ筋肉や腱、神経を断裂してしまったのでしょう。

切れてしまった神経や腱を手術でつなぐことは難しいため、足の先の傷の治療と、すこしでも改善すればと1日3回のレーザー治療を行なうことになりました。

一週間ほどで、すこしずつ変化が出てきました。肩の異常な動きが減り、正しい姿勢に保てるようになってきました。そして、治癒できないかと思われた麻痺も、肩から肘までは感覚が戻り、おもちゃを取ろうと自分で動かせるまでに・・・
傷もすっかりきれいになり、体重も増えたので病院での治療はいったん終了し、あとはおうちでのリハビリをしてもらうことになりました。

アイドルしろちゃんの退院_b0059154_2355248.jpg


子猫らしからぬダミ声がチャームポイントで、患者さんからは「あら、怒ってるわ~」といわれることがしょっちゅうでしたが、いつもご機嫌でスタッフのアイドルでした。

元気になって退院していくのは嬉しいことなのですが、入院生活が長いほど、情も移ってしまうのでしろの居たゲージが空いているのが寂しい・・・

とはいえ、数週間後には経過を見るために来院するのでまた会えるんですけどね♪
by imabayashi-ah | 2007-08-21 23:12 | 患者さん