今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

【スタッフの虜クマたん登場】

うずうず!!当院のアイドル紹介してもいいですか???

じゃじゃ~~~ん162.png162.png
b0059154_17041883.jpg
黒猫のクマちゃんです162.png162.png162.png (写真写り悪いんです、、、、)(笑)

クマちゃんノラ猫時代に交通事故にあってしまい、
飼い主さんに鳴いて助けを求め、飼い主さんが当院に連れて来てくださいました122.png122.png

交通事故により下半身不随になってしまい、
自分で排泄をすることが困難なため朝昼晩と圧迫処置を毎日行っています135.png177.png
そういう事も含めて、病院で長期でお預かりしている猫ちゃんなんですが、
もうかわいくてかわいくてたまらないんです114.png113.png113.png162.png

おねだりはクマちゃんにかかればお手の物172.png124.png!!
ニャーニャーかわいい声をだして、院長をもメロメロにしちゃってます162.png162.png

そこでみなさんにみていただきたいのが被り物シリーズです126.png173.png
今ガチャガチャで色々なシリーズが出ているのご存知ですか??
スタッフが色んな種類を集めて気分はモデルさん(少し迷惑がっていたのは秘密)
b0059154_17061493.jpg
FIVを持っているため毎日IFNを飲んで免疫療法と圧迫処置を頑張ってるクマちゃんです♬
また、可愛いショットがとれましたらご紹介しますね162.png(自己満ですが、、にやにや)
b0059154_17072994.jpg
おっと忘れてはいけない!!この写真はみていただかないと!!!
当院のアイドルさーちゃんとの2ショットです113.png113.png162.png
b0059154_17295141.jpg


[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-09-10 17:31

【こちらの2匹すごいんです!!】

今回ご紹介するのは、2匹のうさぎさんトラちゃんふぅちゃんコンビです162.png162.png

2匹のなにがすごいかというと~~??

ウサギさんは10歳以上で褒められちゃうほどご長寿なんですが、
トラちゃん12歳のふぅちゃん13歳151.png151.png!!!!
2匹して素晴らしい172.png!!!
b0059154_15272971.jpg
ここまで長生きできているのは、何かあればすぐに治療に連れてきて
くださるおかげと、野菜中心の生活をしていることです109.png172.png174.png165.png

食欲、涙の量、便の量・形など少しの変化に気づき飼い主さんがよく観察して
可愛がってくれているからこそ2匹して10歳以上で、
長生き出来ているんですね113.png162.png

当院はウサギさんを初め、小動物さん全般に野菜を進めていて、
10歳以上の子がいっぱいいます112.png169.png

当院の一番のご長寿さんは14歳ですが、その子も定期的に治療に
来ていて野菜中心の生活をしています124.png178.png

野菜何をあげていいかわからない、、、、っとフードのご相談でも
お気軽にご来院くださいね129.png129.png162.png




[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-09-10 15:28

【ご長寿クリちゃん】

今回ご紹介するのは、二度目の登場Mixdogのクリタロウちゃんです162.png162.png

いきなりですがみなさん109.png109.png173.png
クリちゃんは何歳でしょう~~~~か168.png168.png
う~~~~ん14歳??はたまた17歳???
b0059154_15024375.jpg

実は御年19歳ととっ~~~てもご長寿さんなんです151.png172.png172.png172.png162.png
人間でいうと102歳!!!院長よりも30歳近く年上さん124.png124.pngふふふ

ここまで長生き出来ているのは、飼い主さんが定期的にお注射治療にきて
いただいてるおかげです122.png162.png178.png

今年の夏は猛暑174.png!!猛暑174.png!!!本当に暑い日が多くて、
クリちゃんも夏バテして体調くずしてしまう日がありましたが
なんとか無事に今年の夏を超えれそうです179.png179.png177.png
b0059154_15024607.jpg
これからも長生きしてね177.pngクリちゃん179.png179.png162.png


[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-09-10 15:03

【髪留めを飲んでしまった・・・】

今回ご紹介するのは、チワワのモモちゃんです101.png101.png

モモちゃんは、3㎝程度の髪留めを飲んでしまった !ということで来院されました。
すぐにレントゲンを撮って確認したところ、胃の中にしっかりと影が写っていました149.png

b0059154_18340563.jpg
自然に出ることを祈って、1日様子を見ましたが、次の日も髪留め動いていませんでした・・・120.png
髪留めはかなり大きく自然に出てくるのは難しいと判断したため、胃切開の手術を行うことになりました

胃切開をしてみるとなんと!5㎝ほどもある髪留めが摘出されました146.png
体重1.8㎏のモモちゃんの胃の大きさを考えるとかなり大きいことがわかります。
b0059154_16391730.jpg
手術は無事に終わり、手術後モモちゃんは一度の嘔吐もなくご飯が待ちきれない様子でした111.png
毎日、注射の治療を頑張って無事に退院していきました172.png177.png
b0059154_18504224.jpg


[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-08-30 18:55

【三度目の登場!ジュニアちゃん】

今回ご紹介するのは、3度めの登場172.png169.png 猫のジュニアちゃんです162.png162.png

ジュニアちゃんは糖尿病で定期的に当院に通っているのですが、
今回は呼吸が悪く、開口呼吸しているということで来院。
ごはんも食べれないということでした170.png
レントゲンを撮ると、肺が炎症を起こし白くなっていました103.png103.png
こちらがその時のレントゲンです179.png
黒丸が肺の位置を指しています

b0059154_14543525.jpg

すぐに治療を行い、この日は午後にも治療を行いました172.png

その後は4日間、1日2回来院してもらい、お注射の治療を行いました166.png
当院では、なるべく入院をせず、通院で生活環境が変わることのストレスがないようにしています112.png178.png

だんだん元気になってきたジュニアちゃん153.png153.png162.png
4日目のレントゲンです

b0059154_14544553.jpg


少し白っぽさが無くなっているのがわかります146.png146.png

その後、一日一回一日おきや、三日おき程度に治療を続け、治療から2週間後174.png
すっかり呼吸もよくなったので、レントゲンを撮ってみました173.png173.png

b0059154_14550111.jpg


明らかに肺の透明度が増しているのがわかります153.png153.png162.png162.png162.png

まだ完治ではありませんが、一命をとりとめたジュニアちゃん162.png
糖尿病の治療を併用しつつ、お注射頑張ろうね179.png162.png

b0059154_14515147.jpg



[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-08-01 15:05

【お盆の診察時間に変更がございます】

お盆の診察時間に変更がございますので、ご注意ください178.png

8月11日()9:00~12:00 14:00~15:30
8月12日()9:00~12:00 14:00~16:30

8月13日(月)9:00~12:00 14:00~15:30
8月14日(火)9:00~12:00 14:00~15:30
8月15日(水)9:00~12:00 14:00~15:30
8月16日(木)9:00~12:00 14:00~15:30

また、14日(火)と15日(水)は院長不在となっております153.png
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します169.png

[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-07-30 13:42

【呼吸がきつくて寝られなかったダックスフンド】

今回ご紹介するのは、ミニチュアダックスフンドのぎんじちゃんです
ぎんじちゃんは、嘔吐して呼吸がきつそうということで来院。
咳き込んで夜も寝られないということでした。
レントゲンにより、肺が白く濁っている状態でした
これは肺水腫を起こしている状態です
肺水腫とは、心臓弁膜症によって起こる末期症状で、肺に水が溜まりひどいときは鼻から血の泡を吹いてしまう
死に至る病気です
ぎんじちゃんは目もうつろで呼吸も悪く、末期症状も出ていました。

すぐに院長が当院独特の肺水腫の治療を行いました
ハンプという注射と利尿剤、ニトログリセリンの塗り薬を使用しました
そして当院のICUでお預かりしました



呼吸がきつくて寝ることができなかったぎんじちゃん
しばらくすると少し楽になったのか、ぐっすり寝ていました

次の日、呼吸もすっかり落ち着き、食欲も出ました
元気になったのでまたレントゲンを撮ってみるとびっくり
肺の濁りが無くなっていました
こちらがその時のレントゲンです

黒丸が肺の位置を示しています

肺水腫を起こしていた時のレントゲン


次の日のレントゲン



肺の濁りが無くなり、透明度が増しているのが明らかに分かります
一日で改善しなければ、亡くなっていたかもしれません

その後2日間の入院を経て、退院したぎんじちゃん
帰る時は吠える元気があるほど回復して帰っていきました

通院頑張ろうね

[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-07-03 12:34

【年中無休に戻ります】

平成30年より水曜日休診日を頂いてましたが、7月から産休でお休みをいただいていた
谷口獣医師が帰ってくるため、年中無休に戻ります172.png172.png177.png

そのため火曜日と水曜日は以前と同様に院長不在の谷口獣医師の診察となりますので
お気をつけください174.png174.png165.png

急な変更でご迷惑をおかけしますが、これからも今林院長をはじめ、スタッフ一同
年中無休で頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします162.png162.png
b0059154_15123913.jpg

[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-06-21 15:14

【胆嚢破裂寸前だった雪ちゃん】

今回ご紹介するのは、ミニチュアダックスフンドの雪ちゃんです178.png162.png
雪ちゃんは、食べたものをすぐ吐いてしまうということで来院。
元気もなく、高熱でした103.png103.png
おしっこもまっ黄色で、黄疸が出ている状態でした140.png140.png
血液検査では、肝臓、すい臓の数値がかなり上がって炎症反応も起きていました140.png
すぐにレントゲンを撮ると、胆嚢がかなり腫れて破裂寸前!!!
かなり危険な状態です148.png148.png148.png
本来ならば緊急手術になるぐらいの状況ですが、雪ちゃんの場合は年齢が9歳で高齢であるのと、
かなり弱っていたため手術で麻酔をかけることは命に関わります176.png
そこで、院長は当院独特、内科的な治療で手術をせずにお注射の治療を行いました172.png177.png

すると、次の日にはすこし元気に113.png113.png162.png
3、4日もすれば、嘔吐も無くなり、ご飯を催促するぐらいまで回復しました179.png

あの時手術をしていれば、、、
連れてくるのが遅れて治療が遅れていれば、、、
雪ちゃんは助かっていなかったでしょう161.png

そんな雪ちゃんは今ではすっかり元気になってごはんが足りずお腹が空いてしょうがないみたいです112.png162.png
時にはゴミをあさってしまうそう146.png

膵臓、胆嚢の治療にはお腹を休ませることが大事だからもう少し頑張ろうね172.png162.png162.png
b0059154_10043208.jpg


[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-06-18 12:52

【6月20日(水)のお知らせ】

当院の都合により6月20日(水)の休診日ですが、
フードの販売とお薬の販売も行っておりません168.png137.png

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します178.png

[PR]
# by imabayashi-ah | 2018-06-16 11:47