人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

カテゴリ:今日の出来事( 70 )

ATPの底力

今日はもともと3件の避妊手術の予定が入っていました。昨日から用意して準備万端!だったのですが・・・朝一番、電話がなりました。

昨日から産気づいたミニチュアピンシェルのハナちゃん、床を掘る巣作り動作はするけれど陣痛も弱くいっこうに産まれないとの事。なんだか嫌な予感が・・・

レントゲンで確認してみると大きな胎児が4匹、お腹の中にひしめき合っています。しかも、悪いことにそのうち一匹の胎位が異常なのです。出口の方に向かわず、反対側の子宮に頭を突っ込んだ状態・・・エコーで確認しても殆ど心拍が確認できないくらい弱っていました。子宮上部の胎児はまだ心拍も元気だったので、念のためハナちゃんに抗生物質や皮下補液、心臓に対するビタミン剤(ATPやビタミンB1、カルニチンなど)を注射して、急きょ予定をずらして帝王切開手術の準備に入りました。

注射後2時間くらいたった頃、様子を見に行ったスタッフが見たものは、なんと無事生まれておっぱいを探している赤ちゃん!

その後も、3時間くらいの間に次々と生まれ、結局4頭とも自力で出産できました。

母犬の疲れ、胎児の衰弱と手術一歩手前の状況だったのに、副作用のないビタミン類の投薬が思わぬ効果を発揮してくれたようです。

使用したビタミンの主役、ATPは理科の授業でもおなじみのアデノシン3リン酸という物質です。動物の生命のエネルギーの源となる物質で、心筋の保護作用や優しい強心作用があります。筋肉の収縮にも欠かせないものですから、子宮の収縮にも効果があったのでしょう。

当院では心臓病の患者さんや、衰弱している患者さんには殆ど使用しますが、出産時にもこんなに効果があったとは・・・・今更ながら驚きです。

昼過ぎには母子共に元気に退院していきました。

そんなこんなで連休の中日も慌しく終わり、明日からは院長はグアムへ薬品購入の旅へ・・・くれぐれも遊びにいくのではないということを言いたいらしく(笑)動物たちのため、嫌いな飛行機にいやいや乗り、日本では手に入らない貴重な薬を手に入れるために行くんだということをアピールしていました。(実際そうなんですよ。ほんとうに!)

ATPの底力_b0059154_155047.jpg

by imabayashi-ah | 2006-03-21 01:01 | 今日の出来事

桜咲く!!

昨日は獣医師国家試験の合格発表でした。当院に就職予定の二人も無事合格しました!!
今年は、合格率わりと低かったらしいのですが、ふたりとも努力の甲斐あり見事クリアー!
ほんとうにおめでとう~!!!

4月から、初めてのことばかりで戸惑うこともあるでしょうが、動物の立場に立った治療をし、飼主さんからも信頼を得られる獣医になれるよう、共に勉強していきましょうね。

院長は来週初めから5日間ほど、薬品や獣医療品買出しのため日本を離れます。(場所言うと、絶対バカンスじゃないの~?なんて突っ込まれるのであえて言いませんが、飛行機で数時間のアメリカです・・・)

留守を守るため、来週は休みなしでオロナミンC飲んで頑張ります♪
by imabayashi-ah | 2006-03-17 22:38 | 今日の出来事

スゴ腕内視鏡

現在、病院に内視鏡のデモ機がきています。
スゴ腕内視鏡_b0059154_23335530.jpg


内視鏡とは、スコープの先にカメラや光源、そして鉗子やカスケット(異物を回収するための器具)を入れる穴が付いた機械のこと。よく言う胃カメラの一種です。

口から入れて食道から胃、十二指腸を観察したり、お尻側から直腸を観察するのにも用います。見るだけでなく、鉗子で検査のための組織を採取したり、異物を回収したり、ポリープなどを切り取る手術まですることができます。

症状から想像して起こっているであろう変化も、実際目で確認することができ、以前なら開腹手術しか手段がなかった胃内の異物もお腹を切らずに回収できます。

今回デモにやってきたのはオリンパスの最新の内視鏡です。そして内視鏡と一緒にやってきてくれたのがこの“オリンパス”くん。(勝手に呼んでるだけですが)

見た目ぬいぐるみですが、鋭い歯を持ち(超リアル)
スゴ腕内視鏡_b0059154_23431920.jpg


なんと胃袋まで所有してます。
スゴ腕内視鏡_b0059154_2344777.jpg


そして胃の中には“潰瘍”と“ポリープ”をわずらっています。

実際の動物を見る前に、これで内視鏡の操作の練習をするんです。
オリンパス君で練習したあと、何頭か麻酔をかけた子で実際に使ってみましたが、感想は素晴らしい!!につきます。

導入するかはまだ検討中ですが、将来ぜひ欲しい機械ですね。
by imabayashi-ah | 2006-03-11 23:51 | 今日の出来事

ウサギご一行様、いらっしゃいませ~!

今日から5日ほどホテルでお預かりすることになったウサギさまご一行の面々。
皆同じおうちで暮らしています。

ウサギご一行様、いらっしゃいませ~!_b0059154_23523428.jpg

まずは1才の女の子、シフォンちゃん。
今日はまだおっかなびっくりでスタッフがこしらえたベッドに入りっぱなしです。目、まん丸!

ウサギご一行様、いらっしゃいませ~!_b0059154_23535469.jpg

お次はビロードの素晴らしい手触り、ミニレッキスという種類のシロップくん、2才の男の子。

ウサギご一行様、いらっしゃいませ~!_b0059154_235524.jpg

そして最後は、驚愕の大きさのロールちゃん。2才の女の子。
この子はフレンチロップと言う種類だそうです。大型のウサギがいることは知っていましたが、実際目にするのは初めてです。とにかく、大きいです!5kgくらいあります。

ウサギご一行様、いらっしゃいませ~!_b0059154_2357749.jpg

500mlのペットボトルが小さく見えるほど・・・ウサギ用ゲージには入りきらず、急きょロール専用のスペースをこしらえました。(後ろのビリビリは以前のウサギのお客様によるものです・・)

当院ではウサギやモルモット、小鳥などの小動物は、犬・猫とは別室にてお預かりしています。
繊細な小動物は犬や猫の鳴き声や臭いだけでもかなりストレスになるためです。
価格設定は小動物は猫と同じ扱いなのですが、特にウサギやモルモットはお腹の調子に気を配り、野菜がなくなれば市場に買いに走り(笑)とても手間がかかります。

しかし、こんなスタッフの影の努力のおかげで当院の小動物のホテルはリピーターが多いのがひそかな自慢です♪
by imabayashi-ah | 2006-03-11 00:08 | 今日の出来事

ワンコの健さん

今日の診察もそろそろ終わるかな・・・と片付け始めていた午後5時半過ぎ、銃を抱えた男性が犬を連れてやってきました。さきほどイノシシをしとめたらしいのですが、その際犬がイノシシにやられたとのこと。ワンコは10才の中型雑種のドル君。我慢強く、おとなしい子です。

追い詰められたイノシシの必死の抵抗にあったのでしょう。みると首の皮が10センチほどザックリ切れています。幸い切れたのは皮膚だけで大きな血管は無事でしたが、あと一センチ傷が深かったら頚動脈のある場所だけに危なかったかもしれません。

20針弱縫って手術は無事終わりました。体には沢山の擦り傷と数え切れないほどのマダニが・・・・きっと山中走り回って仕留めたんでしょう。ペットのワンコはよく見ますが、本当の意味での仕事を持ったワンコをみることはあまりありません。ドル君は静かな中にも強さと厳しさを持ったとてもいい顔をしていました。

高倉 健さんみたいだなあ・・・ちょっとほれぼれしてしまいました。
by imabayashi-ah | 2006-03-05 22:56 | 今日の出来事

全国の獣医のタマゴたち、頑張れ~!

今日は獣医師国家試験の1日目です。2日にわたって学科と実地(といってもペーパーですが)が行われる、長い長い6年の学生生活の最後をしめくくる大切な試験です。

これに合格しないと獣医師としての仕事はできませんから、皆必死で勉強します。

さかのぼること8年前、私もこの試験を受けました。でもいまだに夢でうなされることがあるくらい人生で一番大変な試験だった気がします。勉強してないわけではなかったのですが、試験前日にちんぷんかんぷんな生化学の問題集をみてしまい、『わたし、ダメかも・・・』と涙にくれた覚えがあります。実際は拍子抜けするくらい常識的な問題ばかりで、無事合格できたのですが・・・

しかし、院長からは、たまたま出題されたバベシアという伝染病の問題がわかったのはうちで実習したおかげだと、いまだに恩を着せられています・・・(たまたまこの年バベシアが北九州で流行し、実習中にも症例をみることができていたのでばっちりわかりました)

かくいう院長も、国家試験の時には本当にフロと食事以外は延々勉強したといいます。試験では全部わかったから、どの問題を解くかで半分費やし、解いたあとは突っ伏して寝てしまったので、級友からはあいつ大丈夫なのかと心配されたそうですが・・・(このころから自信満々だったのですね(-_-;)

今春、当院に就職予定の二人もこの試験に臨んでいます。
頑張れ~!松田君!谷口さん!
スタッフ一同無事就職してくれることを祈ってるよ~!!
by imabayashi-ah | 2006-03-01 22:55 | 今日の出来事

♂?♀?

病院ではカルテの記入はまず飼主さんが行います。

基本的な間違いとしては、『飼主氏名の欄に犬の名前を書く』だとか、

年令欄に『42歳』と大真面目に書いてあってあったりとか、
(人間の歳に換算してかいてあるんですね)

なかなか皆さん笑わせてくれます♪

今日の間違いは『性別』でした。

野良猫で、目にひどい傷を負い、保護してくださったかたが眼球摘出手術から術後ケアまでやってくださっているのですが、性別欄には『♀』に丸がついてありました。

つねづね、男らしい顔した女の子やな~と思って見ていたのですが、今日、ふと股間を確認すると、明らかにメスではない・・・よく見てみたら去勢された男の子でした。睾丸がないからメスだと思っちゃったんですね。

女の子なんだからとココちゃんという可愛い名前をつけたその子がオスだと分かり、のけぞるくらい驚いていた飼主さん・・・

もとからいるオス猫がその子が入ってからやたら唸ったり、マーキングを始めたのにも納得がいったようでした。

かくいう私も、『佐倉さん』という飼主さんがワンちゃんを連れて来院されたとき、

『サクラです』といわれるので、『飼主さんのお名前は?』

『ですからサクラです』・・・『いえ、ワンちゃんではなくてご苗字は?』

『だからサクラですっ(怒)』と押し問答したことがあります・・・いや、サクラちゃんて多いんですよ・・・そしてご苗字を言わずに動物の名前で言われる方も多いんですよ・・・(言い訳)

あの時はサクラさん、申し訳ありませんでした<(_ _)>
by imabayashi-ah | 2006-02-26 23:51 | 今日の出来事

難手術!?

昨日はモルモットのフクちゃんの歯の処置を行いました。以前から乳腺に腫瘍があり、治療に通っていましたが、ここ数ヶ月、度々繰り返す唇の炎症に悩まされていました。
難手術!?_b0059154_2381319.jpg

いつもこのバッグに入って通院してます。年配の女性の飼主さんの宝物です。

難手術!?_b0059154_2384752.jpg

口の周りの皮膚炎、切歯と呼ばれる前歯の歯槽膿漏からと思われます。

難手術!?_b0059154_239742.jpg

モルモットでは男の子にも乳腺腫瘍がわりと見られます。(フクちゃんも男の子)

そして今回はいよいよ食欲が無くなったと言うことで、前々から疑ってはいた歯の状態を確認する為に安定剤をかけることに。

意外かも知れませんが、犬や猫と異なり、ウサギやモルモットの奥歯を見るには安定剤が必要です。構造的に奥に細長く口を開けただけでは全く見えない位置に奥歯が並んでいるのです。加えて、奥歯ですりつぶして食事をするだけあって、口の筋肉や動きも半端じゃありません。よって、ほとんどの子で優しい安定剤を使用して処置や口の中のチェックを行います。

安定剤が効いてきたところで口の中をチェックすると・・・
難手術!?_b0059154_2311672.jpg

下の臼歯が舌の上に覆いかぶさり、舌の動きを妨げていました。更に奥を確認すると、上の臼歯がほほの粘膜にあたり歯槽膿漏も併発しています・・・

慎重に伸びた歯をけずり、酸素室で回復を待ちます。口をもごもご動かし始めたので持参してもらった野菜を入れてみると、朦朧としながらも野菜に食いついてきます!

処置で痛みが軽減されたのでしょう。また数ヶ月以内に歯は伸びてくるかもしれませんが、とりあえずしばらくの間は大好きな野菜が食べれるね!

あとは完治し辛い歯槽膿漏を治療していかなければなりません・・・一生伸び続ける歯を持つモルモットやウサギ特有の歯の不正咬合。動物や飼主さんにとっても、私たち獣医師にとってもやっかいな病気です。
by imabayashi-ah | 2006-02-02 23:20 | 今日の出来事

年賀状

年賀状_b0059154_11591261.jpg


毎年スタッフ皆が楽しみにしている患者さんからの年賀状。今年は戌年ということもあり、ワンコの写真いりの年賀状がたくさん届きました。もちろん猫やフェレット、小鳥など小動物も・・・

家族の横に名前を連ね、いい顔で写っている写真を見ると、この子は家族なんだな~と実感します。しばらくは待合室に貼りだしていますから、ご来院の際はどうぞご覧下さいね。
by imabayashi-ah | 2006-01-28 12:04 | 今日の出来事

犬吉猫吉に紹介されました

犬吉猫吉に紹介されました_b0059154_6291439.gif


地方版も各地方出版され、お散歩ウォッチングで有名な犬吉猫吉という雑誌に、この日誌が市紹介されました。(今回掲載された九州版は一番左です)

インターネット活用術という特集でブログ紹介のページがあり、そこに紹介されています。

個人のブログでは病院ものはうちだけで、小さな院長の写真も載ってるのですぐにわかりますよ(笑)

ほんとにきままな不定期更新ですが、患者さんからも楽しみにしてますとの声を頂き、ありがたく思ってます。
by imabayashi-ah | 2006-01-15 06:41 | 今日の出来事