人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

カテゴリ:今日の出来事( 70 )

今年初のワクチンアレルギー

ついに出てしまいました。アレルギーが・・・
毎年1~2頭は予防注射が多いこの時期アレルギー反応を起こす子がいるのですが、今回はおそらく8種ワクチンに対するアレルギーと思われます。
皆さんの今後の参考に、是非見ておいていただきたいと思います。

ミニチュアダックスのソラちゃん(2才の男の子)です。
今年初のワクチンアレルギー_b0059154_0551011.jpg

これはワクチン接種後10分くらいの写真です。(この時点では異常ありません)

子犬のころ他院で初めてのワクチンを打ったとき少し元気がなくなったと聞いていたので今年もワクチン接種前にアレルギーを抑える薬を注射してから接種しました。念のため他の子より長めに観察して異常がないことを確認して帰ってもらったのですが・・・

今年初のワクチンアレルギー_b0059154_0554678.jpg

2時間後には顔が腫れあがり、おなかに蕁麻疹がでてかゆがって転げまわる状態に・・・完全にワクチンに対するアレルギーです。
今年初のワクチンアレルギー_b0059154_0555975.jpg

                 おなかの蕁麻疹、わかりますか?

再度来院してもらい強力にアレルギーを抑える注射を打って落ち着きましたが、飼い主さんもここまでひどいのは初めてでとても驚かれていました。

アレルギーを抑える薬を使っていてこの症状ですから、もし何も処置していなかったら・・・とぞっとします。

もちろん、狂犬病にしても8種ワクチンにしてもほとんどの子は何のトラブルも起こしません。でも、中にはソラちゃんのようにアレルギーを起こす子が稀にですがいるのです。
更に酷いアレルギーだと、注射直後に呼吸が停止してしまうこともあります。こういう子を見落とさないために、帰りを急ぐ飼い主さんに嫌がられながらも10分近く病院で待っていただくのには大きな意味があるんです。

獣医師会での副作用情報でも、ワクチンでの死亡例はほとんどがしっかり注射後の観察が行えない集合注射です。迅速な処置が取られれば助かった子も多いと思われます。当院では、こういったワクチンの副作用に対する処置のための緊急セットを往診時にも持ち歩き、副作用が起こってしまったときにはすぐに対処できるように心がけています。

飼い主さんも、自分のうちの子にもアレルギーがおこる可能性はあるという認識をもって、今まで以上にワクチン後は充分観察してほしいと思います。異常がある時は何はともあれ病院へ!!

なんだかこれを見るとワクチン怖くてできないよ~って思っちゃうかもしれませんが、愛犬を様々な伝染病から守るためにワクチンは日々、副作用が少なく効果が高いものが開発されています。当院でも一本あたりの単価は高くとも、極力副作用が少ないワクチンを選んでいますのその点はご安心を・・・。副作用は本当に万が一の確率ですが、それに対する知識を持っていることで、その万が一のときに愛犬を守ることができますから・・・ね!
by imabayashi-ah | 2005-04-19 23:40 | 今日の出来事

狂犬病予防注射が始まりました

狂犬病予防注射が始まりました_b0059154_0152155.jpg
 
4月は狂犬病予防注射の時期です。
狂犬病は、人を含めた多くの動物に感染し、発症したらほぼ100%死亡するというとても恐ろしい病気です。日本では、昭和32年以降は発生していませんが、現在も世界各国では多くの人や動物が狂犬病で命を落としています。
人を、動物を守るために、病気の蔓延を防止するために、年に一度の予防接種を忘れないで下さいね。

狂犬病といえば集合注射と思いがちですが、当院では動物病院で個別に接種することをお薦めしています。

なぜなら・・・

集合注射では、

●犬同士の喧嘩がおこりやすいこと
●屋外なので注射時逃亡の危険があること
●短時間に多くの犬に接種するため一頭一頭の健康状態の把握が充分にできないこと
●注射による急性のアレルギーなどのショックに対する治療が即座に行えないこと

などの問題点があるからです。

狂犬病予防注射で死ぬことがあるの?と驚く方もおられるでしょうが、ワクチンにもアレルギーを起こす犬がいて、(何百頭に1匹くらいの確率ですが)アナフィラキシーという甚急性のアレルギーでは、処置が遅れると数分の間に死亡してしまうこともあるのです。

実際、獣医師会雑誌の狂犬病予防注射の副作用情報、飼い主さんからの報告などからも、死亡例は集合注射での接種がほとんどなのです。

それらは、注射後充分な観察を行って、迅速な処置をとれば防げたことかもしれないのです。

そのために、当院では

●一頭一頭実際に獣医師が健康状態を確認した上で、接種を行う
●注射はディスポーザブル注射器を1頭に1本用いる
●接種後必ず10分は病院にとどまり重大な副作用がないか確認したうえで帰宅してもらう
●ショックに対する治療の準備を万全に行う

以上のことをスタッフ一同徹底して行っています。

大切な愛犬を狂犬病・そして副作用から守るため、病気の早期発見のためにも、あなたの愛犬はぜひ動物病院で接種してあげてくださいね。

今なら全身22項目に及ぶ無料健康チェックも付いていますよ~。
(詳しくしすぎて手間がかかり、すこし後悔してます・・・でも飼い主さんには好評だからよしとしましょう!)
by imabayashi-ah | 2005-04-06 00:19 | 今日の出来事

デジカメがっ・・・(゜o゜)

壊れてしまいました。原因はおそらくしばらく前の落下によるショックとのこと・・・
メーカーの修理では部品代だけでも新しいのが買えそうな金額だったので、壊れてるんだからもういいや・・・!となかばやけくそで分解して変な音がしてるところをバチバチ叩いたら・・・

なんと治ってしまいました!

でもやっぱりたまに正常に作動しないこともあり、カメラ君の余命はあまり長くないかも・・・
せめて天寿を全うするまで大切に使おうと思います。

今朝のカメラ君の渾身のショットです・・・

デジカメがっ・・・(゜o゜)_b0059154_8251589.jpg

ひよこたちは首が長くなってきました。一匹だけ変な髪形の子がいます(オスかも)

デジカメがっ・・・(゜o゜)_b0059154_8225436.jpg

「寝て、待て」をするちゃま。視線の先にはウサギのフード(大好物)が。

デジカメがっ・・・(゜o゜)_b0059154_828117.jpg

そしてフードより草が好きなロコ。
by imabayashi-ah | 2005-04-01 08:31 | 今日の出来事

地震!その時病院は・・・

午前中の診療もひと段落して、入院中の猫ちゃんにレーザー治療を施していたところ、地響きとともにガタガタと揺れが・・・はじめは病院前の道路を通るトラックの揺れかと思ったのですが、揺れは強くなる一方。看護師の森重さんと、「これって、地震だよね・・?」といってるうちに本格的な揺れに!
でも実際そのときは何にもできないもんですね・・・立ってるのがやっと(汗)
人間って無力です・・・(ToT)
友永獣医が外をみると、若戸大橋が揺れていたそうです。怖かった~!!

幸い患者さんはいなくてパニックにもならずに済み、入院中の動物たちも皆無事でした。あとでニュースを見て、結構な被害が出ていたのを見て驚きました。北九州は震度5だったそうです。

午後になって、地震に驚いて階段から落ちた後、後ろ足をひきずっているという猫ちゃんが来院しました。レントゲンを撮って見ると左の股関節が見事に脱臼しています。

地震!その時病院は・・・_b0059154_2311334.jpg

てこずりましたが安定剤をかけてなんとか整復ができました。
地震!その時病院は・・・_b0059154_2324432.jpg


この子も地震の被害者ですね・・・
地震!その時病院は・・・_b0059154_23185321.jpg
   

  
by imabayashi-ah | 2005-03-20 23:21 | 今日の出来事

お陰様で・・・

先日の子猫ちゃんは無事新しい家族が見つかりました!   
というより強引に家族になってもらったとでも言いましょうか(笑)

このブログにこの前登場した猫を3頭飼っているOさんが来院した際、院長があの子猫ちゃんを褒めまくって大推薦して「試しに連れて帰ってみらんね?」とたたみかけ、見事里子に出すのに成功・・・「キューちゃん」という新しいお名前もつきました。先輩の4頭の猫たちに囲まれ、ようやく慣れてきたところです。(実はOさん、最近ロロちゃんという新入りを迎えたばかりです)

いつも院長が押し付けるように里子に出す子は、不思議なことに決まって人のいい本当に可愛がってくださる飼い主さんなので、その場では申し訳なく思うもののスタッフ一同妙な安堵感があるのも確かなのです・・・
以前Oさんに「何頭までなら無理なく飼えますかね~?」と聞かれて「5匹!」と即答していた院長。言葉通りの最後の一匹を院長が贈呈することになるなんて・・・

Oさん、2年前のドモちゃん1匹から始まって今や5匹の大所帯になりましたね。猫たちが病気せず元気に暮らせるよう、私たちもできるだけお手伝いしたいと思います。
多頭飼いは世話や食費・医療費など、きちんと飼おうとすればそれなりに大変ですが、動物からもらう喜びもその分大きいものです。時には喧嘩もあるでしょうが、動物同士の絆の深さに驚かされることも多頭飼いならではではないでしょうか。

かといって、皆さんにお薦めしているわけではありませんよ・・・
猫の場合はエイズ・白血病・ヘルペスなど、猫同士の接触が原因で感染する病気もありますし、自分の許容量を超えた頭数を抱えてしまうと、動物も人も不幸になってしまうこともあるから。自分の経済力・時間的余裕、そして先住動物のことを第一に考えて、新たな家族を迎える覚悟をしていただきたいと思います。
by imabayashi-ah | 2005-03-07 22:05 | 今日の出来事

突然の珍客

午前中の診療中に突然駐車場から子猫の鳴き声が聞こえてきました。
最初は患者さんが来たのかな?と思っていましたが、一向に入ってくる気配がないので川副獣医に見にいってもらうと・・・

いました。あ~、捨てられたのかな・・・それともノラ?微妙なところです・・・
ノラなら逃げるかと思いきや、そろそろと付いて来たそうです。
病院の前は車の往来が激しいので、とりあえず病院へ運びこみました。

見たところ生後3~4ヶ月の女の子。アビシニアンによく似た毛並みでスリムな子です。
突然の珍客_b0059154_0363581.jpg


保護したばかりだからかも知れませんが、顔は可愛いというよりは野性味あふれる感じ・・・。
突然の珍客_b0059154_037050.jpg


幸いヘルペス症状もなく、食欲もあるので一安心です。一時もじっとしていず、機嫌よくちょろちょろ動き回ってます。
突然の珍客_b0059154_0371776.jpg


となると、次は飼い主さんを探さなければ!!

誰かこの子を家族にしてくださ~い!

この子はどうかわかりませんが、残念ながら病院に捨てればどうにかしてくれるという甘い考えの方がいるのも事実です。今までもスタッフが育てて里子に出した子が数頭いますが、そのたびに言いようの無い怒りがふつふつと・・・・
命を粗末にするなんて!
酷いときは玄関脇の紙袋に生まれたての子猫が2頭・・・あやうくウンチと思って捨てるところでした。今はいい飼い主さんにめぐり合えて幸せに暮らしています。
by imabayashi-ah | 2005-03-05 00:49 | 今日の出来事

お正月もおわり・・・

あんなに積もっていた雪もすっかり溶けて、あすから病院も通常診療に戻ります。トリミングも予約受付開始しました。

今年は、私は働きだして初めて元旦・2日とお休みを頂いて、家族でお正月らしいお正月を過ごすことができました。頑張ってくれた他のスタッフ、急きょ手術に駆りだされた院長、有難うございました!おかげでゆっくり休めました。

                   お正月の記念写真
お正月もおわり・・・_b0059154_2227408.jpg
           じゅり(8才)  むすめ(2才)  けんと(2才)

             我が家の“いらんことしぃ”トリオです(^v^)
 
正月期間中、病院には平均1日35件の患者さんが来院しました。
先日の日誌で紹介した串のみコンビは、順調に回復し二匹そろって流動食を食べれるようになりました。今週末には退院できそうです。
尿閉~腎不全の猫たちは、1匹は無事退院、1匹は若干改善傾向です。老齢で糖尿病も併発していた1匹は残念ながら本日亡くなってしまいましたが・・・
尿閉~腎不全はどれだけ初期に治療できるかによって予後が大きく異なるため、これからの寒い時期、特にオス猫(肥満気味)の飼い主さんは気をつけてあげてくださいね。 

スタッフ一同、今年も動物のための治療ができるよう頑張ります!
by imabayashi-ah | 2005-01-04 22:37 | 今日の出来事

あけましておめでとうございます

            自宅床の間からちゃまが新年のご挨拶です
あけましておめでとうございます_b0059154_22353447.jpg

                 皆様今年もよろしゅうに。
              
病院では、元旦、2日と2例続けて、おせち料理の串を丸呑みした犬の緊急開腹手術が行われました。2例とも串が大きく通過は不可能と思われたため、院長も正月休み返上で手術にあたりました。1例目はブルドッグ、2例目は柴犬でしたが、術後の経過は順調で一安心。
猫では重症の尿閉の子が3頭入院しています。
by imabayashi-ah | 2005-01-03 22:52 | 今日の出来事

雪の大晦日

雪の大晦日_b0059154_0245539.jpg


朝起きて、妙に外が明るいのに気づいてびっくり!雪がつもってる!
10センチはつもっています・・・畑が埋まってしまいました。

今日は出勤だったので車の運転に不安を覚えつつも雪道をシャリシャリ進んでいくと、苅田を過ぎるころには雪は少なくなり、戸畑を越え若戸大橋を渡るころには雪は跡形も無く冷たい雨がふるばかり・・・35キロの距離でこうも気候が違うとは!

大晦日にもかかわらず、病院はホテルは満室、トリミングの予約もびっしり、診察も50件を超える忙しさでした。でも重病の子はいなくて一安心。

今年も、院長をはじめ病院を支えてくれているスタッフ、飼い主さん、動物たち、家族、皆に支えられ無事年末を迎えられました。本当にありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします。

今年の気まま日誌もこれで最終更新です。では皆様良いお年を!
by imabayashi-ah | 2004-12-31 22:20 | 今日の出来事

早いもので・・・

クリスマスが終わったと思ったら、今年も残すところあと2日となりました。

病院でも暮れのご挨拶が交わされるようになるともう今年も終わりだな~と実感します。

猫のフクちゃんの飼い主のおばあちゃんが手作りしてくれた来年の干支です
早いもので・・・_b0059154_53548.jpg


毎年この時期病院は駆け込み診療やフードの買い込み・トリミングなんかで大忙し・・・今日はちょっと殺気立ってるかもしれません(笑)

そんな今日に限ってお休みの私は、スタッフの健闘を祈りつつ、家の大掃除の仕上げ(ほとんど主人が済ませてあります(^.^))と買出しの予定です。
今年は簡単にですがおせちを作る予定!(無謀)
あと、医者の不養生というか、自宅の子達は普段健康なので油断していることもあるので、たまには健康チェックをしないとね・・・

年末年始も病院は開いていますよ~。それを聞いた飼い主さんは安心&気の毒が入り混じった顔をされますが、継続治療を必要とする子も多く、毎年結構な数の患者さんが来られますので、スタッフ一同より万全な体制で臨みたいと思いますっ!!

皆さんと動物たちが良い新年を迎えられますように・・・
by imabayashi-ah | 2004-12-30 08:59 | 今日の出来事