人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

カテゴリ:患者さん( 41 )

ナイスコンビ

ナイスコンビ_b0059154_2354319.jpg


患者さんであるクサガメの亀子ちゃんとセキセイインコのシロちゃんです。
飼主さんから写真を送っていただきました。

先日は2匹そろって来院していました。(シロちゃんは下痢、亀子ちゃんは目のウルミ)幸い経過は順調のようです。
家ではこんな感じでいるのですね~!亀とインコの組み合わせがなんとも絶妙ですね。
亀子ちゃんの甲羅にシロちゃんが乗りやすいように?ターバンのようなものが巻いてあるのが妙にしっくりきています。二匹ともしっかりカメラ目線だし・・・。
by imabayashi-ah | 2005-08-28 00:00 | 患者さん

大きくなったよ!

大きくなったよ!_b0059154_117111.jpg

おひさしぶりです。ボク、シュウです。こんなに小さかったボクも・・・
大きくなったよ!_b0059154_1204610.jpg

あっという間に大きくなりました。

ビョウインには、今日はシャンプーに来たんだけど、今ボクは反抗期だから、いろんなことがイヤでしょうがないのさ。水も嫌だし、耳掃除も大嫌い!お父さんやお姉ちゃんにもガウガウし過ぎて怒られるんだけど・・・

診察台の上だけでは良い子にできるよ。(だってここの人たち怒ると怖いんだよ・・・)
大きくなったよ!_b0059154_12592.jpg



         家でも良い子にしてくれよ・・・BY おとうさん

先週末、石田は東京で行われた日本獣医内科学アカデミー総会に出席してきました。詳しくは近日ホームページで公開予定です。
by imabayashi-ah | 2005-08-24 01:26 | 患者さん

ホテル中の動物たち

お盆はお正月と並んでお預かりが多い時期です。
今日お預かりしている子達をパチリ。今回はフェレット特集!
当院ではフェレットは犬・猫とは別室で、他の小動物とも隔離してお預かりしています。(肉食獣のため、臭いだけでも他の小動物のストレスとなるため)

ホテル中の動物たち_b0059154_23253646.jpg

Uさん宅のフェレット二匹。ミートとショウタロウです。

ホテル中の動物たち_b0059154_2328880.jpg

どちらがどっちだったかは・・・ど忘れしちゃってますが・・・
ホテル中の動物たち_b0059154_232929.jpg

二匹ともポーズを決める余裕があるくらいリラックスモードです。

ホテル中の動物たち_b0059154_2329516.jpg

もう一匹ははるばる大分からお預かりのためにやってきたモグちゃんです。
以前、飼主さんが北九州に住んでいたころからの患者さんでもあります。副腎疾患から腰がかなり広範囲に脱毛しましたが、メラトニンというお薬で今ではほんの少しのシッポの脱毛を残してフサフサに!今もフードやお薬を送っています。久しぶりの対面でしたがとても元気そうで一安心です。
by imabayashi-ah | 2005-08-14 23:35 | 患者さん

正解発表~~!

いろいろとご推測いただきました、前回の2匹ですが、難しかったですか?

まず一匹目のタロちゃんは・・・

正解発表~~!_b0059154_21323065.jpg

キャバリア・キングチャールズスパニエルと・・・

正解発表~~!_b0059154_21334348.jpg

シーズーのMIXでした!

そして2匹目のナルちゃんは・・・

正解発表~~!_b0059154_21343372.jpg

サルキーでした!

タロちゃんは毛色がキャバリア、毛質がシーズーで、とてもキュートなワンコです♪jazz62さん、正解です!しかし、この組み合わせ、何故かコッカーみたいになるんですね。

ナルちゃんは、問題がややこしかったかな?MIXではなくて犬種あてだったのですが、grismamaさん、かすってましたね!惜しかったですね。
2ヶ月にしてこの貫禄と落ち着き、でかいあんよが大物になりそうな予感です。

楽しんでいただけたでしょうか?

資料提供 ドッグ・ガイド
by imabayashi-ah | 2005-07-31 21:38 | 患者さん

犬種あてクイズ

第一問

去勢手術で来院したタロちゃん、ボクは何のミックスでしょう?(純血種同士の組み合わせです)
犬種あてクイズ_b0059154_192139.jpg


第二問

健康診断で来院したナルちゃん。私はなんという犬種でしょう?
ちなみにこれでも生後2ヶ月・・・
犬種あてクイズ_b0059154_1135620.jpg


皆さん予想してみてくださいね~。答えはコメント欄にどうぞ~ ↓↓↓

当院の患者さんでもあるMoss&Mickの目指せ!店長への道でもご紹介いただきましたので、週明けまで引っ張って(笑)正解を発表!の予定です。
by imabayashi-ah | 2005-07-28 01:14 | 患者さん

でか猫選手権

当院ではひそかにでか猫選手権が開催されております。

エントリー1、ダイスケくん。
でか猫選手権_b0059154_22391992.jpg

長毛の彼は9.8kgありましたが、地道なダイエットと夏に向けての丸刈りで、余分な毛皮を脱ぎ捨てて、8kg台に。スリッパは成人用です。

エントリー2、チャーチャくん。
でか猫選手権_b0059154_2241521.jpg

先日、去勢済みのでかいオス猫の宿命、膀胱炎で来院しました。大きいとは話に聞いていましたが、短毛でこの貫禄!圧巻です。しかも名前がキュート♪

証拠写真も撮りました。正味9.7kg。心なしか体重公表を焦るチャーチャ・・・
でか猫選手権_b0059154_22432819.jpg

           え~、まじで載せんの?(゚Д゚;)

期限は設けてありませんので、われこそはと思うニャンコは是非ご参加下さいね。
by imabayashi-ah | 2005-07-24 22:47 | 患者さん

存在感のあるニクイやつ

存在感のあるニクイやつ_b0059154_033548.jpg


最近はすっかりジャンガリアンにおされ気味のゴールデンハムスター、当院の患者さんの中には根強いファンもいて、このトーマくんもそんな飼主さんが亡き先代ハムスターのあと、捜し求めて迎えた二代目です。

存在感のあるニクイやつ_b0059154_031881.jpg

生後6ヶ月あまりでこの貫禄!動作ものんびりで熊の子供のような可愛さがありますね♪

手に乗せてもずっしり来る重さ・・・存在感があっていいのです。

かたやジャンガリアンは相変わらずの人気ですね。毛色のバリエーションも豊富になり、飼主さんもカルテの動物種のところに【ブルーサファイヤ】だの【パールホワイト】だの記入するので、一瞬???となることもしばしばです。皆ジャンガリアンハムスターで、毛色が違うだけなんですけどね。
たまに【ジュングリアン】なんて書いてあることもあって、何の動物だよっとツッコミ入れたくもなりますが・・・
by imabayashi-ah | 2005-07-19 00:16 | 患者さん

ボクのその後


みんな、ボクのこと覚えてる?
ボクは「シュウ」って名前になったんだ。
ボクのその後_b0059154_6124693.jpg


小さいころの癖がまだ抜けなくて、ごはんを見ると早く食べなくちゃって焦っちゃうけど、だいぶ大きくなったよ。
センセイはまだ痩せてるからどんどん食べていいんだって!
ボクのその後_b0059154_6125724.jpg

by imabayashi-ah | 2005-06-17 06:40 | 患者さん

珍犬さんいらっしゃい~

珍犬さんいらっしゃい~_b0059154_21453999.jpg


ポーリッシュ・ローランド・シープ・ドッグのアンちゃんです。生後2ヶ月です。
可愛がっていたフェレットが亡くした後、Kさん夫妻が新たに家族に迎えたのがこのアンちゃん。それにしても、こんな珍しい犬種、どこで探してきたのでしょう?

珍犬さんいらっしゃい~_b0059154_21545228.jpg

成犬になるとこんな感じになるそうです。原産はポーランドで、ビアデッド・コリーの祖先犬の一つとも言われており、たいへん古い犬種です。1960年代になってポーランド以外のヨーロッパ各国でも愛好家が増えてきて、今日のヨーロッパのドッグショーでは、常に出陳されているんだって。

成長が楽しみです!
by imabayashi-ah | 2005-06-04 23:32 | 患者さん

家族の宝物

家族の宝物_b0059154_714017.jpg


マルチーズのマルちゃんは16歳の女の子です。一番可愛がっていたお姉さんがなくなり、忘れ形見のマルちゃんはどれだけ家族のの支えになってきたことでしょう。乳癌・子宮蓄膿症の手術を乗り越え、今も心臓病・気管支炎を抱えながらも頑張っています。

家族の皆さんと同じように私たちもマルちゃんが健康で長生きしてくれるよう祈っています。
by imabayashi-ah | 2005-05-31 07:07 | 患者さん