今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

病院スタッフ モモちゃんとのお別れ

b0059154_23363611.jpg

      ホントはフラッシュが眩しかったのだけど、いい笑顔です。

病院のスタッフの一員として数年間犬舎に居候していたモモちゃんが先日亡くなりました。看護婦の森重さんの知り合いの方がお世話していたもと野良犬で、転勤で連れて行けないため病院で長期お預かりしていた子です。

保護された時点でもうすでに成犬で避妊手術も受けてありましたから、10歳以上にはなっていたと思われます。股関節の脱臼もしていたし、頚椎が悪く階段を上り下りすると頭部に痙攣が起きたりと、持病を抱えながらも元気に犬舎の番犬をしてくれていたのですが、数ヶ月前から体調をくずし、検査の結果重度の甲状腺機能低下症であることが判明しました。一度は治療で持ち直しましたが、老化による心臓衰弱もあり、クリスマスを直前に天国へいってしまいました。

モモちゃんがいなくなって数日、犬舎にいつもの姿を探してしまい、ふと寂しくなります。でも私以上に寂しいのは、実際に世話をしていた森重さんや谷崎さん、中村さんでしょう・・・

モモちゃんがいてくれてよかったよ。今までありがとうね。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-27 23:58 | スタッフのわが子たち

メリークリスマス!

クリスマスの今日サンタ姿で来院してくれたのはミニチュアシュナウザーの万十郎くんです。日本風な名前のせいか!?、外に出ないとオシッコしなかったり、何かと我慢する律儀な性格なので、今回は膀胱炎になってしまいました。今日は3回目の治療でほぼ通常通りに戻ったということで、あとは念のため抗生物質を飲ませて様子を見ることになりました。

b0059154_2137245.jpg

                    よく似合ってるね!

ここのところの寒波で体調をくずす子が多くなっています。

心臓病などの持病が悪化したり、上の万十郎くんのように膀胱炎や尿道炎を起こしたり・・・血行が悪くなったり飲水量が減ることも原因になります。

そして、この時期だからこそもう一つ気をつけてもらいたいのがトリミングやシャンプー後のトラブルです。

年末だからさっぱりして・・・と毎年予約が殺到するのが常なのですが、老齢の子や、カットを久しぶりにする子は要注意です。ただでさえ寒いのに、カット後の保温を怠ると湯冷めしたり、カットをしすぎることで体温調節ができないと簡単に体調悪化を招きます。

体調をしっかり把握してトリミングにのぞむこと、不安がある時は迷わずやめること、トリミング後の保温に努めること・・この3つを守りつつ、元気に新年を迎えてくださいね。

尚、病院は年中無休ですのでお正月も休まず診療しております。詳しくは年末年始のご案内をご確認下さい。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-25 21:57 | 今日の出来事

気になる正解は・・・

b0059154_22263164.jpg


グレートデンでした!jazzさんお見事でした!成犬になると50kg前後にまでなる超大型犬です。小さい頃はのほ~んとしてて可愛いけれど、この子も大きくなるんでしょうね。成長が楽しみです。

資料提供 ドッグガイド
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-21 22:47 | 今日の出来事

ララちゃん里親さん決まりました!

先日里親募集していたウサギのララちゃん、当院のウサギの患者さんが里親さんになってくださいました。年令的な条件もあり、里親さんもいろいろ考えたそうですが、無事新しいお家が決まり、スタッフ一同喜んでいます。ララちゃん、新年は新しいお家だね!先輩だけど年下のモアちゃんと仲良くするんだよ~!

そして、久々に帰ってきた犬種あてクイズです!

b0059154_22463521.jpg


今回登場してくれたのはこの子。スリッパは成人用のものです。
現在生後41日目。子犬を目にするのは私も初めてです。(成犬もあまり見ませんが)
さて、な~んだ?
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-16 22:51 | 今日の出来事

昭和の猫続々と・・・

満生 双葉(ふたば) (メス) 平成元年生まれ
b0059154_22314175.jpg


ぎりぎり昭和には入りませんが、数ヶ月の違いなのでほぼ昭和ということで。16歳の双葉ちゃんは心臓が弱っていて定期的に治療しています。もう歯がないので鳴くと歯茎が見えて可愛いおばあちゃんです。双葉ちゃん、よく見るとうちのじゅりに模様がそっくり・・・

満生 ダイ (オス) 昭和64年生まれ
b0059154_22323757.jpg


上の双葉ちゃんと同じお宅のダイちゃんはまさに昭和最後の猫といえます。平成に変わるわずか一週間前にこの世に生をうけました。腎不全があるため定期的に治療に通っています。こちらのお宅ではみんな長寿の家系?なのか長生きする子が多いのです。何か秘訣があるのかな・・・?

村里 ウラン (メス) 昭和62年生まれ
b0059154_2233745.jpg

18歳のウランちゃんは、嘔吐があるということで先日腹部のレントゲンを撮ったところ大きなしこりがあるのが発見されました。発見からすでに数ヶ月が経過していますが、今は特に症状もなくそれなりに元気にしているとのこと。もちろん手術は適応外ですから、注意しつつ経過を観察しています。

東園ニャー (メス) 昭和63年生まれ
b0059154_2234742.jpg


不機嫌な顔でカメラにおさまっているのは17歳のニャースケちゃん。変形性脊椎症による腰痛と、甲状腺機能亢進症で治療をしています。飼主のお母さんはもともと猫が苦手だったのですが、ニャースケちゃんと暮らすようになって認識が変わったそうです。病院では治療が終わると一目散にケージに退散する姿が可愛いニャースケちゃんでした。

皆それぞれに老齢による病気を抱えたりしていますが、頑張ってます!
長生きする子の共通点は、「気がしっかりしてること」。若かったころは気が強くて・・・なんて飼主さんを困らせてた子が多い気がします。

昭和の猫は、頭数が集まったので特集ページを作りました。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-14 22:37 | 患者さん

遠路はるばる福岡から

b0059154_23244417.jpg


チワワのチャーちゃんは、おそらく頚椎の椎間板ヘルニアで、下半身はおろか前足まで麻痺した状態で来院しました。来院一週間前からほぼ寝たきりで、ウンチやオシッコの出も悪く、かかりつけの病院ではステロイド治療しかないと言われたため、いろいろと調べた飼主さんが針治療やレーザー治療を行っている当院を見つけ出し、はるばる福岡から来院されました。

上の写真は初日の様子です。動きたいのだけど、動けず、飼主さんに抱っこして~と訴えてます。

レントゲンでは骨の形態に大きな異常は認められませんでしたが、麻痺があるのは確実です。確定診断は脊髄造影で圧迫部位を特定することなのですが、そのためには麻酔が不可欠となり、犬にもかなりの負担がかかります。この子も、聴診で重度の心不全状態でもあることがわかったので、激しい検査はせず、注射とレーザーによる治療を開始しました。

スーパーライザーという器械をつかって、頚椎から腰椎にかけて5分ほど照射していきます。すると、レーザー後、全くたてなかったチャーちゃんが、ほんの少しではありましたが自分で立つことができました。帰る準備をしているときにウンチがでて、病院からでてすぐにたっぷりオシッコがでたと飼主さんが報告に引き返してきました。レーザー治療によって血行と神経活性が促進された証拠です。

その後も福岡から週に2,3回、レーザーをあてに通院されています。心臓の方も薬の処方を変えてすこしずつ落ち着いてきています。

レーザーのおかげで、今まではステロイドとケージレストしか方法がなかった難治性の麻痺や関節リウマチなども回復に向かう症例が増えています。その効果には施術する私たちも驚かされることが度々です。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-09 23:51 | 患者さん

忘年会シーズンですね・・・

診療とは全然関係ないのですが、うちの病院でも12月には忘年会を行います。楽しい食事の途中にはひとりずつ今年の反省と来年の抱負を語らないといけないので、(しかも院長に突っ込まれるので)おちおちしておられませんが、それはそれで楽しいものです。

さて、今年も日にちは決ったものの、場所がまだ決まらず・・・早くしないと予約も取れなくなっちゃいそうです。

どなたかいいお店知りませんか~?
(戸畑~八幡付近までで何より美味しいところ・・・♪)


そして、昨日お迎えした子猫には、こんな名前をつけました。

          命名  石田 ロミオ 

え?何でって?
だって“じゅり”の相手は決ってるでしょ・・・(じゅりは正確にはジュリエットではないけど・・)

ベタベタですね・・・私の名前センスって・・・

ちなみに今日のロミ君は昨日に比べて目の大きさが1.5倍になりました!こまめに目薬さしてるのがいいみたいです。足は相変わらずまだ化膿してますが・・・食欲は異常なほどで、あまり美味しくないであろう流動食を唸りながら食べる子を私は初めて見ましたよ(笑)
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-08 00:12 | 今日の出来事

考えたすえに・・・

この子を我が家に迎える事にしました。

b0059154_23331247.jpg


生後約1ヶ月の男の子。11月28日に保護されて来院したときには、すでに右後ろ足のくるぶしから下を失った状態でした。左足も関節部分で複雑骨折して腫れあがっていました。しかも、傷は化膿しウジがわき、顔はヘルペスで目が見えないほどどろどろの状態だったそうです。
はじめは心無い人のいたずらかと思われましたが、よくよく見ると交通事故のようです。

その日の徹底した消毒処置と注射治療で一命をとりとめましたが、これからも問題は山積みです。近い将来に必要になるであろう両足の断脚手術。失明を免れるかぎりぎりの状態の目。そして、保護された方はすでに猫を20匹近く抱えており、この子の治療までなかなか手がまわらない状態です。

考えた挙句出した結論が、私が譲り受けて自分の猫として治療することでした。保護された方は大変喜んでくださいましたが、我が家もご存知の通り、すでに猫3匹、犬2匹、鶏、ウサギを抱えた大所帯です。でも、この子をしっかり治療したいという気持ちのほうが勝ってしまいました。院長からも、「お前はまたか!!」とあきれられましたが、この子が最後と肝に銘じて連れ帰りました。

情に流されるのは、獣医としては良くないこともわかっています。
でも、この子を治したい。ただそれだけです。


b0059154_23425834.jpg

膝の上で眠り込んでしまった可愛い姿。ここに写っている左足はすでに壊死しています。今日良く見ると尻尾も半分壊死状態・・・よくこんな怪我を負って助かったものです。大きくなったときには失っているであろう左足の先っぽと、きれいな長いシッポ。この子が五体満足に産まれてきた証拠を写真で残したいと思いシャッターをきりました。

幸い食欲は旺盛で消化器系は元気そのもの。生命力の強い子ですからきっと頑張ってくれると思います。
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-06 23:55 | 今日の出来事

12月になりました

12月に入ると、毎年恒例の犬猫カレンダーをご来院のかたにお配りしています。カレンダーを渡して「良いお年を・・・」なんて挨拶するようになると迫り来る年の瀬を感じますね。

b0059154_18425899.jpg

                2006 わんこカレンダー

b0059154_18431270.jpg

                2006 にゃんこカレンダー

カレンダーが今の形で落ち着くまではいろいろと紆余曲折がありました。一時、犬と猫を一緒に載せたカレンダーを配ったこともありましたが、両方の飼主さんからブーイングがひどく、(犬は犬、猫は猫が良いらしいです・・・)結局犬猫別々になったそうです。

そして、カレンダーを巡るいろいろな飼い主さんのことも思い出されます。

12月終わりに来てカレンダーが残ってないと激怒された方・・・

毎年、カレンダーを配る時期だけにやってくるはるか昔の飼主さん・・・

ひとり一本ですよといってるのに隣と実家と、、、と4本要求する飼主さん・・・

犬だけでは足りず猫も欲しいとだだをこねる方・・・



皆さん、最終的には「院長に言えばわかるから!!毎年そうしてもらっとるし!」ですから・・・

毎年繰り返されるこの問答・・・苦笑しながらも少し楽しみにしている石田です。

たかがカレンダーですが、これだけ楽しみにしてもらえているのは幸せなことですね♪
[PR]
by imabayashi-ah | 2005-12-03 18:58 | 今日の出来事