人気ブログランキング |

今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ホームページをリニューアル中

症例の紹介やスタッフ募集など、院長に急かされ急遽リニューアルしております。
パソコンの前に座ってるのがきついと言い訳してたんですが、あぐらかいてでもやりますか・・・そんなわけで少しずつ更新してますので、ぜひホームページも覗いてみてくださいね。

最近日誌の更新も滞り気味でしたね~。楽しみにしてくださっている方も多いので産休入ったらちょこちょこバージョンアップしていかねば!

ちなみにホームページ管理は石田が自宅でしておりまして、パソコンはデスクトップで座卓にあるため床に座っての作業です・・・どなたかいい座椅子、ご存じないですか~?

今日も気持ちよい秋晴れの一日でしたね。診療もゆったりムードで和やかでした。緊張感あふれる急患さんもいなかったし・・・

しかし、お散歩にもいい季節のせいか、成犬がコクシジウムという原虫にやられて嘔吐・下痢して来院してました。この病気、感染力が強くペットショップで売られている子犬には非常に多いんですが、成犬ではあまりみかけません。お散歩中に他の子の排泄物に接触して感染したのでしょう。ちなみに犬にも猫にも感染しますので、下痢をしたらとりあえずウンチを持ってきて検便することをおすすめします!
by imabayashi-ah | 2006-10-30 00:24 | 今日の出来事

生命力って素晴らしい

昨日、出勤すると病院内にこんなお手紙が貼ってありました。

生命力って素晴らしい_b0059154_621599.jpg


生命力って素晴らしい_b0059154_6221379.jpg


生命力って素晴らしい_b0059154_6222550.jpg


生命力って素晴らしい_b0059154_6224228.jpg


先日退院していった、ノラ猫ちゃんが元気になったとのお礼の手紙でした。

この子は、戸畑のケーキ屋さんの前で子猫の頃瀕死の状態でいたのを助けられ、地域の方に可愛がってもらっていたノラちゃんでした。9月に入り、おなかが大きくなってきて、お世話していた方たちが子猫の里親を探していた矢先、ぱたりと姿を見せなくなってしまったそうです。

皆で探し回ったところ、近所の植え込みの影でぐったりしているのを発見され、病院に運び込まれました。

やせこけて、体からは強い腐敗臭が漂っています。おなかは異常に膨れた状態・・・意識も朦朧として体も冷え切っています。レントゲンで確認してみると、おなかの中で赤ちゃんが死んでしまい、すでに腐り始めているようです。よく見ると骨盤が骨折した形跡があり、産道がふさがれていました。産みたくても産めなかったのはこのせいだったのです。

しかし、この子自体の容態が非常に悪く、手術の為麻酔をかけたら死んでしまいかねないほどの状況です。保護された方の希望もあり、出来るだけの治療をということで、1日3回、抗生物質や皮下点滴など、腹膜炎に対する治療を徹底的に行ないました。

毎日朝出勤すると、この子の生死を確認していたほど油断できない状態が一週間ほど続いたでしょうか。ある日を境に少しずつ体温が上がり始め、ぎりぎり手術を考えれる状態になりました。手術に踏み切るにはかなり勇気がいりましたが、なんとかおなかの中の腐った子宮を取り出す手術が無事終了しました。

しばらくは食欲も戻らず心配しましたが、退院してこまめに食事を与えてもらうようにしたところめきめきと回復!今では入院中の姿がうそのようにふっくらして元気になりました。モモちゃんという新しい名前ももらって、新しい人生を送っています。


手術直後のモモちゃん げっそりやつれてます・・・
生命力って素晴らしい_b0059154_761552.jpg



お手紙に同封されていた最近のモモちゃん 
生命力って素晴らしい_b0059154_765018.jpg

元気になりました!!

小さい頃のヘルペスの名残で片目が不自由ですが、愛嬌のある性格ゆえにみんなに可愛がられてきたモモちゃん。今回のお手紙はモモちゃんを心配していた習字教室の生徒さんたちからのものです。

正直、スタッフの誰もが助からないと思ったほどの重体だった子が、素晴らしい回復を見せてくれたのは、治療だけでも、周りの祈りだけでもなく、何よりこの子の生命力の賜物だったとしか思えません。

それにしても、子供たちにまで元気な赤ちゃんを!と励まされる私・・・
9ヶ月目に入り、飼い主さんにあまりのむくみっぷりに「先生もお大事にね・・・」と心配される始末です・・・11月からは産休に入ります(多分)。
私も無事出産できるように頑張ります♪
by imabayashi-ah | 2006-10-23 07:07 | 患者さん

当院から巣立った子達が・・・

数こそ多くはありませんが、病院前に捨てられたり、縁あって病院に居候して新しい飼い主さんが見つかった子達がいます。

皆それぞれに大切にされていて、たまに顔を見せてもらえると、とても嬉しい気持ちになります。

先日は、5月から一ヶ月、かちゅわかコンビとしてこの日誌にも度々登場した兄妹猫のかちゅくんが去勢手術に来院しました。もうそんな年頃に・・・育ての親は感慨もひとしおでした(笑)

今日は、ちょうど一年前の昨年の10月に里親募集していたシャムミックスのイナちゃんの産んだ4匹のベビーたちがワクチン接種に・・・

当院から巣立った子達が・・・_b0059154_01107.jpg


去年はイナちゃんがベビーだったのに・・・もうお母さんになるなんてね。
ほとんど人の手で育てられたにも関わらず、飼い主さんが感心するほどの立派なお母さんぶりらしく、4匹の子猫たちはそのままそのお宅で育てられることになったとか。なんと幸せなことでしょう!

そして現在、当院に入院中のシロちゃん(仮名)。前回の記事でもすこし紹介しましたが、交通事故に会い、骨盤骨折の重傷を負いながらも、すばらしい回復をみせ、長かった尻尾は断尾で短くなってしまいましたが元気そのもの!今は抜糸までの経過観察入院です。

保護して治療してくださった方のお家には先住猫がいて、なかなか受け入れてくれないらしく、このままでは怪我は治ったものの、またリリースしないといけないかも・・・という状況なのです。

今回写真はまだ載せていませんが、あと一週間ほど病院にいる予定なので、写真が取れ次第掲載する予定です。もちろん見学、お試し飼いも可能です。

性別は男の子。全身純白の若きハンサムくんです。目はブルー。

趣味は昼寝、ポリシーは【出されたものは残さず食べる】、特技は【カラーはずし】です。

シロちゃんにピンと来た方、ぜひご連絡お待ちしています!
by imabayashi-ah | 2006-10-12 00:27 | 里親募集