今林動物病院


気まま更新の診療日誌です。

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

カテゴリ

全体
症例
今日の出来事
CTの活躍
手術
患者さん
医療機器
ネオCキューブの活躍
スタッフのわが子たち
スタッフより
学会だより
お知らせ
トリミング
迷子さん
里親募集
パピーパーティー
未分類

リンク

今林動物ケアクリニックHP

行橋動物ケアクリニックHP
行橋市にある当院の分院です。

記事ランキング

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【お盆の診察時間に変更がございます】

お盆の診察時間に変更がございますので、ご注意ください178.png

8月11日()9:00~12:00 14:00~15:30
8月12日()9:00~12:00 14:00~16:30

8月13日(月)9:00~12:00 14:00~15:30
8月14日(火)9:00~12:00 14:00~15:30
8月15日(水)9:00~12:00 14:00~15:30
8月16日(木)9:00~12:00 14:00~15:30

また、14日(火)と15日(水)は院長不在となっております153.png
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します169.png

[PR]
by imabayashi-ah | 2018-07-30 13:42

【呼吸がきつくて寝られなかったダックスフンド】

今回ご紹介するのは、ミニチュアダックスフンドのぎんじちゃんです
ぎんじちゃんは、嘔吐して呼吸がきつそうということで来院。
咳き込んで夜も寝られないということでした。
レントゲンにより、肺が白く濁っている状態でした
これは肺水腫を起こしている状態です
肺水腫とは、心臓弁膜症によって起こる末期症状で、肺に水が溜まりひどいときは鼻から血の泡を吹いてしまう
死に至る病気です
ぎんじちゃんは目もうつろで呼吸も悪く、末期症状も出ていました。

すぐに院長が当院独特の肺水腫の治療を行いました
ハンプという注射と利尿剤、ニトログリセリンの塗り薬を使用しました
そして当院のICUでお預かりしました



呼吸がきつくて寝ることができなかったぎんじちゃん
しばらくすると少し楽になったのか、ぐっすり寝ていました

次の日、呼吸もすっかり落ち着き、食欲も出ました
元気になったのでまたレントゲンを撮ってみるとびっくり
肺の濁りが無くなっていました
こちらがその時のレントゲンです

黒丸が肺の位置を示しています

肺水腫を起こしていた時のレントゲン


次の日のレントゲン



肺の濁りが無くなり、透明度が増しているのが明らかに分かります
一日で改善しなければ、亡くなっていたかもしれません

その後2日間の入院を経て、退院したぎんじちゃん
帰る時は吠える元気があるほど回復して帰っていきました

通院頑張ろうね

[PR]
by imabayashi-ah | 2018-07-03 12:34